30 2011

42キロ走破のフィナーレは・・七峰縦走5

大霧山のチェックポイントは、14時18分。

この頂上は、景色がきれいだから、本当はゆっくりしたかったけれど、そうもしていられない。

仕方なく、北への急こう配を走るように下る。ここは、しょっちゅう、駆け下っている場所だ。

ただ、人がいるので、そう簡単には何人も抜かせず、粥新田峠へは、15分くらいのはずが、20分かかる。

峠からは舗装した道を、秩父高原牧場へ、緩やかに登っていく。

途中視界が開け、のびやかな風景に出会う。

110424-58.jpg


110424-59.jpg

振り返ると、笠山や堂平山が後ろに見える。

110424-60.jpg


峠から12分ほどで秩父高原牧場のソフトクリーム売り場に到着。

混んでいるという話も聞いたが、そうでもない。早速並ぶ。

300円也。

110424-61.jpg

いただきます。無事これを食することができた。

歩き始めたころ、若い女性の参加者たちが、ソフトクリームまで行ければいいなあ、と言っていたのを思い出す。

彼女たち、どうしただろうか。。

とりあえず、いただきます。

110424-62.jpg


ここから、また緩やかに登りながら、舗装した道路を行くと、20分ほどで、二本木峠につく。

西日で明るい。キャンプ場があるので、きれいに整備されている。水仙が美しい。

110424-63.jpg


110424-64.jpg


110424-65.jpg


共に歩く参加者は、まばらには見えるが、相当な数が疲れを見せながらも、どんどん進んでいく。

二本木峠が、最後の下山ポイント。

笠山峠、白石峠、定峰峠、旧定峰峠、粥新田峠、そして二本木峠、いずれもが、白石車庫発のバスに乗るため、白石車庫、あるいは途中のバス停へと下山できる。いずれも、一時間以内に下りられる。

そういう意味で、このU字型にぐるっと回るこのコースは、こういう長距離ハイクのイベントには、安全管理上、有利なのだろう。便利ではある。

で、二本木峠を過ぎると、白石車庫発のバスの通り道からは離れていくことになり、下山路はゴールへ行く道しかなくなる。

ここで、行くか降りるか、決断することになる。

ここは、当然、「行く」である。

調子は戻っている。舗装道路で、足裏は痛いが、体力的に問題はないし、脚のつりも大丈夫そうだ。

二本木峠のすぐ北に愛宕山というピークはあるが、それはスキップして、皇鈴山へと山道に入る。

明るくて、割となだらかで、気持ちの良い道だ。ただ、今日はもう惰性で歩いている感じの方が強い。

110424-66.jpg


110424-67.jpg


110424-68.jpg


皇鈴山の頂上は広くて、新緑の今はとても明るいし、西側が開けているので、西日で一層明るい。

チェックポイント、二本木峠から20分ほど、15時45分だった。

misuzu110424.jpg



北へ下る道には東側が切れているところがある。

危険だけれど、とても眺めがよい。広がる、寄居の街。

110424-69.jpg


いったん舗装道路に下るが、また山道に入ると、ほどなく、最後のピーク、登谷山だ。


110424-70.jpg


110424-71.jpg



110424-72.jpg


ここのチェックポイントは、16時5分。

眼下に広がる、ゴールとなる寄居の町。

あんなところまで、まだ歩くのかあ~と思うはずなのだが、けっこう疲れているのだろう、理屈では大変だと思っても、このままひたすら自動的に歩いていくしかないので、感慨もわかない。

下るだけの10キロ。。。おまけに舗装道路。。


110424-73.jpg


最後の稜線からの眺め。

もう、稜線からは下りてしまう。





toya110424.jpg


登谷山からの下りは、実は頂上にある電波中継所の施設車両の登降路であり、がたがたのコンクリート道なのだ。

ここは、痛んだ足裏にはつらいくだりだ。

例年、ここで牛乳を売っているらしいのだが、何も見当たらない。

110424-731.jpg


釜伏峠から右に折れ、寄居への道に入ると、ひたすら下っていくことになる。

なんだか、スピードが上がって、どんどん人を抜いていくようになった。

ゴールの開設時限は、18時半。それまでにゴールしなくちゃ。。

たまに、それまで見なかった、トレランが走って抜いていく。


110424-74.jpg


中間平だ。寄居の町が一望にできる。こんなに歩いた後でなけりゃ、ゆっくりしていきたいところだけどね。


110424-75.jpg



110424-76.jpg


西日の中、平和にみんな、歩いていく。本当に、皆さんお元気ですね。

こちらも快調に飛ばしていく。見た目は元気に見えているのだろうな、と思うが、その実、足裏は痛い、痛い。。


110424-767.jpg


道路を渡るところで、係員に「あと三キロです」と言われ、「えーっ、まだあ・・」と内心がっかりする。

そのあと、踏切を渡ったので、もうゴール近いかな、と思ったが、地図を見たら、あと直線で一キロ以上ありそうで、がっくり・・

でも、まあ、機械的に足を動かしていれば、いずれ着くだろう、なんていい加減な気持ちにもなる。

直線なので、手帳を出して、提出する記録カードに通過時刻を書きながら歩いていったら、いつの間にかついてしまった。。

これが、見たかった、ゴールの看板。。

110424-78.jpg

続々到着する参加者たち。。

ちなみに、到着時刻は、17時55分だった。



110424-81.jpg


記録を提出すると、住所、氏名のところだけ切り取って、記録は返してくれる。

代わりに、完歩賞と、記念品の帽子かタオルをくれる。

初めてなので、ほしかった帽子にした。「七峰縦走」とかいてある。


110424-79.jpg




110424-80.jpg

お疲れ様でした。


周囲には、どこかのあたりでか、前後して歩いていた、いろいろな覚えのある顔の先輩諸氏が、互いに歓談している。

みんな完歩したというわけですね。



110424-82.jpg

もう日が沈んだみたいだね。

周囲の特設屋台で、焼きそばを買って食べた。

きれいな場所だが、鉢形城記念館とか、いつか、こういうこととは別に来てみたいと思った。

さて、駅まで行かねばならない。

いまさら、さらに1.3キロ。。。



110424-83.jpg


開放的な話題で盛り上がる周囲の人たちにまぎれ、駅までとぼとぼと行く。

穏やかないい日だったな、そう思った。暑くもなく、寒くもなく、風もなく、いいお天気で、心配していた雨も一回パラついただけ。

いい日だったな。

一回乗り換え、地元の駅にはこんな時間についた。

ここを出たのは、今朝の5時41分。ほぼ14時間ぶりのご帰還というわけです。


110424-84.jpg


どうも、お疲れ様でした。。

また、来年はどうしようかな。。

実は、歩きながら、Twitterでつぶやいていたのだけれど、はじめっから、来年はないっと決意していたのだけれど、

終わってみると、なんか違う感じになってきつつありますね。。

核心部の山道は、ほとんど全部調査済みだったけれど、林道部分が未調査だったためと、初めてのため、周囲のペースがどんなもんか知らず、ただついていったがために、ペース乱しているので、まだ改善すれば、楽しめるのではないかと、思い始めている。。


まあ、一年たてば、どうなるかわかるでしょ。。


では。。

関連記事

6 Comments

devilman  

smileyさんへ

お元気ですか。春になりましたね。
花粉症も治まったので、こんな大会にも参加できました。
42キロなんて大それたことのように思いますが、あんなに大勢の、普通の人たちが歩ききるんですから、
すごいもんです。
smileyさんも、ぜひ一度。二年かけて完走でもいいというのが、この大会のみそですしね。

2011/05/07 (Sat) 02:43 | EDIT | REPLY |   

smiley  

お~っ!

すご~いっ!歩ききったのですね!お疲れ様でした。。
富士登山みたいに行列になっているのには驚きました・・。
以前、平地を30キロ歩きましたが、脚が棒になるわ豆はできそうになるわで、かなり厳しかったです・・。
山道42キロなんて。。でも、木や花がきれいで気持ち良さそうですね♪

2011/05/06 (Fri) 20:11 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
いやあ、本当ですよね~42キロなんて、一日で歩いたことなんかあるわけないですよね。
走るのだって学生時代の18キロマラソンが最高なのに。。
でも、参加者の皆さん、すごいですよね。少なくとも、2千人くらいは完歩するそうですから。。
それも、ご年配の方々も多い。
帰宅難民の時は20キロくらいでしたが、まあ、意外に歩けるもんなんですね。
来年も、やる気になってきましたし、ブルさんも、来年、ぜひ挑戦を!!

2011/05/01 (Sun) 21:50 | EDIT | REPLY |   

ブル  

すごい

こんばんは。
完歩、おめでとうございます。

普通に歩いても42kmも歩けないです。
あの山の中を42km歩く人がたくさんいるのも
びっくりです。

ゴール後に駅まで歩くのがいちばん大変そうですね。

とにかく無事に歩ききって、すごい。
お疲れ様でした。

2011/05/01 (Sun) 18:21 | EDIT | REPLY |   

devilaman  

ひぃ♪さんへ

おかげさまで、足裏は見事に健全なままでした。
マメ一つできずに。靴がよかったんですかねぇ。
あれだけ痛かったのに、腫れもしなかったしね。
ただ、筋肉痛は、半端なかったです。
三日間、階段は地獄でした。
やれやれ。。。

2011/05/01 (Sun) 01:46 | EDIT | REPLY |   

ひぃ♪  

No title

すごいすごい 完歩おめでとうございます
無事に ソフトクリームにもありつけたし^^
途中 『 行く 』 の決断が素晴らしいです
ゴールの看板 もちっと 豪華でもいいのにぃ
足裏 おまめだらけじゃなかったですか?
ついたと思ったあとの 3キロは 長いでしょうねー
何はともあれ お疲れさまでした
その後の筋肉痛が 心配ですww

2011/05/01 (Sun) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment