14 2011

雪をかき分けて。。地元で雪山登山とは。大霧山から堂平山

ご存じ、先週は関東でも雪が降りました。平地でもってことです。
ということは、山では、近郊の山でさえも、しっかり積雪があったってことと考えてよい。
実際、遠望すると、山肌は白く見えている。

こんな機会はないよね。

もうこんな。雪がいっぱい。行くしかないでしょ。

110213-01.jpg

問題は、ノーマルタイヤの愛車で、どこまで入れるか、だよね。
(ちなみに、運転免許試験は、積雪のある地方で受けているので、積雪や凍結に対する恐怖感はあまりなく、けっこう自信あったりする。ノーマルでも。だいたい、仮免は、チェーンつけての試験だったしね。卒業の路上試験は凍結した路面だったし。)

110213-02NAKED.jpg


何とかここまで来ました。けっこう路肩にはどけられた雪があったし、路面は白くなっていたね。

停めたところの公園。誰かの雪だるまがあるね。

110213-03.jpg

早速登ります。コースは、今年最初の登山と同じ。
http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-970.html

寒さは同じようなものだけれど、コースの様子はぜんぜん、違います。

110213-04.jpg

途中で林道を横切り、さらに山道に。

110213-05.jpg

稜線は、さらに雪は深く、吹き溜まりでは、膝まで平気で潜る。

110213-06.jpg

抜けるような青空に、エビのしっぽがきれいに輝いている。

110213-07.jpg

まさに大展望。遠く筑波山だ。

110213-08.jpg


本当に、関東平野が一望になるね。

110213-09.jpg



110213-10.jpg


110213-11.jpg


頂上に登りつく。

110213-12.jpg

新座から来たという若いご夫婦に撮ってもらう。

oogiriyama1.jpg

彼らも、展望がよく、喜んでいた。

西方向の大展望。

両神山が正面に。。その左に、八ヶ岳も顔を出している。

110213-15.jpg

110213-14.jpg

110213-13.jpg


北の方向は、秩父高原牧場が下に見え、遠くには赤城山。

110213-16.jpg

よく登ってくる、粥新田峠からの道も、雪が深い。

110213-17.jpg

木々の芽は膨らんで、春を感じさせる。

110213-18.jpg

雪は結構深い。頂上から旧・定峰峠に戻り、南へ尾根をたどり、定峰峠を経て白石峠に向かう。
北面の登りは、ラッセルが結構あり、いつもの時間より、余計にかかった。

110213-19.jpg

110213-20.jpg

110213-21.jpg

110213-22.jpg

110213-23.jpg

この間と同じく、白石峠の手前で日向を探して昼食にする。


今日も、寒冷地ボンベ。

110213-24.jpg

カレーうどん。

110213-25.jpg

お湯を沸かしたコッヘルを雪の上に置いたら、みるみる沈んでいった。

110213-26.jpg

のんびりした後、白石峠へ向かい、本当はそこから降りるはずだったけれど、堂平山まで行くことにする。

110213-27.jpg

白石峠からは、稜線を辿るとしんどいので、車道を行く。ちょっとズル。いままで、何回も稜線辿っているからいいや。最高峰、剣ヶ峰だって、巨大アンテナがあるだけだし。

110213-28.jpg

車道からの堂平山への登り。

110213-29.jpg

ここからも、大展望だ。遠く浅間山。その手前は、御荷鉾山。

110213-30.jpg

東京都心方向。よく見ると、スカイツリーが見える。

110213-31.jpg

大霧山。ずいぶん低く見える。あそこから、ぐるっと回ってきたわけだ。

110213-32.jpg

頂上を振り返る。ここだけ、車で来ることができるから、俗っぽい。スタッドレスはいた車が何台か来ていて、ラジコンの人、気象観測の学生、などなど。

doudairasan.jpg

七重峠まで、かなり深い雪の中を下り、今回は笠山をパスして、白石に下る。

ここは日当たりがよく、雪が腐り始めていて、高度が下がると、もう土が見えていて、ぬかるみっぽくなっている。

110213-33.jpg

雪の残る白石の集落につく。

110213-34.jpg

車を止めた経塚まで来た。公園の雪は大分解けたね。

110213-35.jpg

今日も無事終了。さすがにいつものご高齢の方々の団体には会わず、行き交ったのは、男性単独行がほとんど。

久しぶりに雪山を手軽に堪能した。アイゼンも持っていたけど使わず、キックステップで問題なかった。スパッツもショートで何とかした。

できたら、八ヶ岳とか、三月までに行きたいな。

関連記事

8 Comments

devilman  

わぁっ、やっと来てくれましたねっ。

smileyさん

ほんと、久しぶりですね。お元気ですか。
また、訪問していただき、大変うれしいですよ。
また、smileyさんの写真も見せてくださいね。

2011/02/19 (Sat) 00:23 | EDIT | REPLY |   

Smiley  

お久しぶりです!!

Devilmanさん、お久しぶりです(^O^)/
クルルをやっていたsmileyです。
山登り、楽しそうですね‼
また遊びにきま~す(⌒▽⌒)

2011/02/18 (Fri) 21:02 | EDIT | REPLY |   

devilman  

伯苑さんへ

お天気が良いと、雪をかき分けて登ったり下ったりするのは、楽しみになります。
今回も、けっこう堪能しました。できたら、もう少し高い山で、森林限界超えたところで、大展望をわがものにしながら歩いてみたかったですけどね。
近いうちに行きたいな。

2011/02/16 (Wed) 02:32 | EDIT | REPLY |   

☆伯苑  

No title

わぁ~(*´▽`*人)・:*:・雪山登山だぁ~ww
膝まで潜ってよく登れるわねぇ~
登った人だけが見る事のできる美しい冬景色いいですねぇ^^

真っ白な雪の上に木漏れ日の木の影フォトいいなぁ~

埋まってゆくコッヘル。゚(゚ノ▽`゚)゚。アヒャヒャ 。。。




2011/02/15 (Tue) 21:04 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

確かに、のんびりテント張る雰囲気はありありですね。
高山と違って、冬の緊張感は、装備さえあれば、あまりないかも、です。
だんだん春になってきて、雪山も、楽しさが増してきました。

2011/02/15 (Tue) 02:30 | EDIT | REPLY |   

devilman  

よっし~さんへ

雪のお散歩は、それなりに大変でしたけれど、苦労した甲斐があって、素晴らしいお天気で展望に恵まれました。
風が大したことなかったので、稜線漫歩、に近かったかも。
こういうところ、いくら撮っても、写真は撮り飽きないものですね。

2011/02/15 (Tue) 02:28 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

これぐらいの 雪の山 行くと 絶対に 泊りたくなるんですよね
 どこでも 泊れるし 雪が 有るから 水も 困らないしね
  人が 一杯行く所だと キャンプ地も 指定されすぎて 

2011/02/14 (Mon) 20:36 | EDIT | REPLY |   

よっし~♪  

No title

わぁ~公園にもこんなに積もっていましたか!
山のほうでは、掻き分けながら登るほど雪があったのですね。
そんな山を登ったなんて!流石です。ご苦労様~!

2011/02/14 (Mon) 19:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment