-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2010

紅葉真っ盛りの山。。。秩父御岳山という山。

地図見ると、なんかあるな、と思っていた山が、今回の秩父御岳山。
意外に人気の山らしく、結構人に会った。

それにしても、青空の下、紅葉がきれいだったこと。。

目の前に見えている山が、そうらしい。
左に延びる尾根を降りてくることになったのだけれど。

contake-01.jpg

結構立派なトイレがあり、三台の駐車スペースがあったけれど、一台分は車いすマーク。
誰も停めていないということは、ここからのコースは不人気ということか・・

contake-02.jpg

登山口。この御岳山というのは、木曽御岳山を開山した上人さまの地元がここで、地元の山も開山したために、こういう名となったんだそうだ。

contake-03.jpg

はじめ一気に登ると、露岩の展望台に出る。

正面に武甲山と、眼下に三峰口の駅と町が一望にできる。右手前の尾根は、熊倉山への尾根。

contake-05.jpg

始めは結構急な登りだったけれど、ほどなく、こんな感じの道をずっと行くようになる。
明るい午前中の日差しが射しこんで、とても気分がよい。
道は斜面を絡んで、少しずつ登っていくけれど、あまり負担な感じはしない。

contake-08.jpg

あとでガイドブックをよんだけれど、この展望のなさが、お勧めでない・・のだそうだ。
しばらくで尾根に登りつく。

contake-10.jpg

頂稜に近くなった辺りで、展望が開けて、辿ってきた尾根が見えた。

contake-13.jpg

登りついた頂上は、御社があって、せまいせまい。

contake-15.jpg

contake-16.jpg

狛犬君・・

contake-21.jpg

お社の脇に、鐘が釣ってあり、叩く棒も用意されていたので、三々五々登ってきた年配の皆さんが思い思いに叩いていた。

contake-17.jpg

正面に、両神山

contake-20.jpg

右にたどると、二子山の岩峰が小さく下に見える。

contake-23.jpg

拡大すると。

contake-futago.jpg


こっちは、東京都の最高峰、雲取山。

contake-19.jpg

紅葉のトンネル。
この下の石段に腰かけて、うどんを煮て食べた。

contake-24.jpg

記念撮影して下りる。

contake-top.jpg

今度は、南にまっすぐ降りる尾根に入る。ここから登ってきた人が大半らしい。

contake-27.jpg

現に、午後になるというのに、結構登ってくる人がいた。
それに、今朝登った尾根に比べ、展望もあるし、植林が少なく、紅葉が燃えるばかりにきれいだ。

contake-28.jpg

振り返って、切り立った秩父御岳山を見る。

contake-32.jpg

杉ノ峠で東に降りる前に、西斜面で林道の開削工事をしていた。プルトーザみたいなのと、チェンソーで簡単に開削していくみたい。

contake-34.jpg

林道に降り着いた。

contake-36.jpg

ここから国道を歩いて、車を置いたところまで戻る。30分くらいかな。
ほんと、いい天気だったね。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。