-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 2010

剣岳 顛末の記・・第二回

ダムからの入山の日は、それこそ朝一番のトロリーバスでダムまで入ったものの、真砂沢ロッジのテント場に到着したのは、日も暮れた六時半。

その間、下山の人に二人パーティーと単独行二人の、計四人とすれ違っただけ。
内蔵助平から真砂沢ロッジまで、全くの人っけなし。
ヘロヘロになりながら、雨の中、やっと到着した、前日の顛末ですが、

翌日。

夜中から煌々と月の明かりに照らされ、また、満天の星。
そして迎えた朝は、めちゃ好天の様子。

あわてて、バタバタと準備を始めました。
本当は前夜にしてしまっているはずなのにね。
行くしかない。。
ごく当たり前の話。
前夜は帰りたくなっていたけれどね。

tsurugi017.jpg

これは、真砂沢出合あたりの剣沢本流の雪渓の末端です。

tsurugi051.jpg
夜のテント場です。
ISO3200で f3.5, 6秒露出です。
剣沢の雪渓と奥に源治郎尾根が見えています。
この雪渓を登っていきます。


tsurugi018.jpg

雪渓をしばらく上った、滝のところで雪渓が切れていて、右に高巻き。

tsurugi019.jpg
ここからさらに登ります。

アイゼンつけているからテンポ良く、快適に登っていきます。
テントおいてきたから、荷物もかるく、まあ、昨日のような不調さはないけどね。
でも、結構きついね。どんどん登るから。


それにしても、真っ青な空で、白い雪渓と山がきれいだ。


tsurugi020.jpg

振り返るとこんな感じ。
ずいぶん登ってきたな。。



tsurugi022.jpg

ぞろぞろと雪渓をくだってきた連中は、剣沢のテント場からの人たち。
さらに下って、長次郎谷から源治郎尾根とか八ッ峰尾根を登る、岩登り隊です。
こういう人たちが、この辺りには多い。
真砂沢ロッジのテント場に張ってあったほかのテントも少しあったけれど、みんな岩登り隊でした。


tsurugi023.jpg

これは剣本峰の南に突き上げる平蔵谷の雪渓。
岩が登れれば、先の長次郎とかこの平蔵からも剣の頂上は狙える。
でも、一人だから、そんなことはしない。

tsurugi025.jpg

さらに登って、背後の源治郎尾根がギザギザの姿をはっきりさせてきた。

tsurugi026.jpg

ここが、雪渓の一番上。
注意して岩場に移動する。
ずいぶん溶けてて、下が危ない。
クレバスどころか、シュルンドがあちこちに。

毎日のように岩場へ上がる地点の赤旗が移動しているようだ。

ここからは急な登りで剣沢を目指す。


tsurugi027.jpg

tsurugi028.jpg

前剣と剣本峰の上を、飛行機雲を引いて、飛んでいく飛行機。

この時点で10時近い。

剣本峰に上るのは、明日だ。

剣は遠いなあ。


tsurugi030.jpg

チングルマ。



tsurugi031.jpg

でっかい、剣岳。


それで、剣沢小屋は満員だというので、少し剣岳寄りに足を延ばし、剣山荘に宿泊を決めました。

ここでは二食付き。軟弱に。。軽くするために食料を下においてきたからね。

tsurugi032.jpg

ここからは、稜線の向こうの室道からいっぱい人が入ってきているので、騒がしいほど、にぎやか。
この山小屋もひとり一畳は守られていましたが、満員だったみたいです。
きれいな小屋で居心地は良かったけれど、雑踏にいる感じは否めませんでした。

次の日の剣岳往復も同じ。
再び、剣沢に入って下り始めるまでは都会にいる感じだったね。

こんないい天気だったから、昨日の雨でぬれたものとかいろいろと乾かして、のんびりというか、疲れをいやす時間にしました。


さあ、あすは剣だ。

関連記事

- 3 Comments

devilman  

No title

ぴょこたんさん > チングルマは、花の終わったこの姿の方がいいですよね。
六月ころには白い花を咲かせていますが、そんなに特徴がないので、やはり夏の風物になっているこれですよね。
雪は、ずいぶん焼けましたよ。下からの照り返しがすごいからね。
でも、気分良く登れるし、くだりも早いから気持ちいいですよ。

ひぃ♪さん > やっぱり、行った甲斐があったなと思うのは、こういう景色に出会えた時ですよね。
こういうのがなかったら、別に写真もやっていないんだろうと思います。
もともと山で出会った景色を、送り出してくれた家族(親)に見せたくて始めた写真ですからね。
旨くは撮れないけれど、雰囲気が出せたらいいな、と思っています。

2010/09/05 (Sun) 21:50 | EDIT | REPLY |   

ひぃ♪  

No title

すごいよすごいっ 高巻きを余儀なくされながら なんなく登ってく devilmanさん カッコよすぎです
それにしても クレバスどころかシュルンドもって・・・あぶなーーーい
一歩間違えたら 奈落の底ですねぇ
行った者ならではの景色を 見せていただけて うれしいです
ありがと~

2010/09/05 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   

ぴょこたん♪  

うぉぉ。。。っ!

やっぱり すっごぃなぁ~っ!(・゚Θ゚・)+。・゚・。+♡

真夏なのに 雪。。。わかっちゃいるけど やっぱり すっごぃなぁぁ。。。!

なんか そんな 山で咲いているチングルマも やけに
逞しく 見えちゃいました。。。♥(人´Θ`✿)♪

続きも 楽しみっっ♪((o(*^Θ^*)o))わくわくっ..♪

2010/09/05 (Sun) 15:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。