-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2010

横浜高島屋・画廊

横浜に夕方、行った。

仕事で日本橋に出た帰り、渋谷に半蔵門線で出て、東横線で一路横浜へ。すっかり眠りコケ、気がついたら横浜駅で人々がぞろぞろ降りているところだった。

金曜の夕方ということもあるのだろう、すごい混雑。
掻き分けかきわけって感じで、ようやく高島屋前に、

100312-173409.jpg

目的は画廊です。

小学校入学以来の友人のお父様の個展。

でも、ご本人は、昨年なくなっています。


圧倒的な表現力に息をのむような作品ばかり。

ほんの幼い頃に、アトリエのなかったお宅の今で大きなキャンバスに向かっていた姿をよく憶えています。

そして世界に例を見ない描き方、それを当たり前の方法を知らない幼い目で、しっかりと見たことが鮮明な印象を持って、いまだに思い出されます。

筆を使わない描き方。

厚塗りの絵の具をパレットナイフで、大胆にキャンパスの上で躍らせます。

そして生まれ出る、繊細さをも感じさせる表現。

間近で見た、その見事さは、今も記憶の中にあります。

でも、芸術家としての姿より、友達のお父さんとして、いろいろと興味深いものを見せてもらった記憶や、一緒に遊んでいただいた思い出、そして大学進学の頃、彼の帰りを待ちながら、一時間ほど、大人の話をしていただいたことの方が、自分の中での思い出であり、人間としての姿の記憶です。

その方が、作品だけを見ているより、深いものがあるように思います。

芸術作品、というより、どんな人でも持っている表現力というものは、そのそれぞれが違っていたとしても、その人そのものの表現になっていれば、人を感動させることはできるはずだと思っています。

作品を見るより、人を感じることの方が、感動は深いものがあります。

以前に見た作品から、作風に変化、さらに広がった表現にも、驚き、感動しました。

100312-185023.jpg



友人と振り返る、その日々のこと。
温かい気持ちの夕刻でした。

関連記事

- 2 Comments

devilman  

大切なのは、人との関係ですよね。表現は、人がして、人が感じるものです。人を思う心なくして、表現はないと思うんだよね。

2010/03/14 (Sun) 01:03 | EDIT | REPLY |   

ぴょこたん♪  

パレットナイフだけで 仕上げた画とは 思えないほど
細密にそして 立体感を持った 画に見えますね♪*^Θ^*

σ(*・Θ・ぴ)あたし♪にも 小学校時代からの 親友ちゃん♪が いるけれど やっぱり
家族ぐるみ 影響しあって時を経てきたんだなぁって
思います。

たいせつで あったかな宝物ですよねっ!ほんとに*^Θ^*

2010/03/13 (Sat) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。