22 2006

シュリーマンと音読

伝説のトロイを発掘して発見したので有名なシュリーマンが、16ヶ国語を自由に操っていたのは意外に知られていないのかな。

 

以前読んだ本では、その秘訣は「音読」にあるのだそうだ。

今、どこの小学校でも宿題として「音読」が出ているようで、その根拠として、音読することで脳がより活性化し、記憶も活性化することが知られているんだそうだ。

 

優れた文章を音読することは、外国語を身につけようとしたら、それは重要なこと。簡便でいつでもできて、効果がすぐあがるという点がお勧めの方法だと思う。

 

前置きが長いけれど、要は、先週外国人の先生がきて、その人の話を通訳みたいに解説しなくてはならなくなったので、何を準備したのかというと、毎晩、寝る前に五分くらい音読していた。

ずっと、英会話していなかったから、口は動かないし、文章は出てこないから、人の書いた文章を拝借して口に移しちゃったわけだ。

とても効果的でしたよ。少なくとも口は少しは動くようになった。

 

そう考えてみると、シュリーマンもさもありなんと思う。心こめて毎日音読していたら、本当に外国語だろうが見につきそうな気がする。

 

でも・・・・フランス語でそれができなかったのは、読み方がわかんなかったから。

今では何とかなるようになってきたけれど、それでも、動詞の活用が変わるとどう読んでいいのやら・・。

CD聞いても、よくわかんないし。レッスンで講師に聞いても、録音でもしとけばいいけど、うちに帰ると忘れてるし。

 

最後は愚痴になった・・。

 

関連記事

2 Comments

devilman  

信じるものに命をかける・・すばらしいよね。

2006/04/23 (Sun) 23:12 | EDIT | REPLY |   

ru-pinn  

その話聞いた 事が 有ります 先ず 幼い時に聞いた 伝説を 信じ 語学を勉強して 事業を 興し お金を 作ってから 発掘し 最後 の 最後の日に 諦めかけた日に 発見出来たと・・だから 結婚も 遅くて・・夢を 現実化させた 男の ロマンを 感じました

2006/04/22 (Sat) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment