02 2006

Septembre... la fin d’ete.

朝の通勤電車に乗り込むと、しばらく見なかった高校生たちの姿がある。

停まる駅ごとにその姿が増え、車内は軽い憂鬱の賑わいを見せる。

 

夏休みも終わりだ。秋の始まり。

 

この夏、久しぶりに成田空港に行った。別に海外に行く用事ではない。残念だが、そうだ。

野暮用で仕方なく行った。

 

 


 

ここに立つと、高揚した気分を思い出す。

やはり、発つ時は興奮していた。いつのときを思い出してもそうだ。

 

なぜか、この時は、真っ先に、初めて行ったアメリカ、サンフランシスコのフィッシャーマンズ・ワーフ、それも、路上で売っていたクヤムチャウダーをなみなみと注いだ、パン。

それを思い出した。

 

初めてのアメリカで、軽い予想外の食だったからか。

 

 

 


 

こぼれそうで、熱々なのに、早く食べないと、パンが溶けてしまう。。。。

ロシア料理にある、きのこのつぼ焼きみたいな感覚か。。

元々貝類の味はあまり好きではないのだが、やはり熱々をいただくと、おいしい。

 

時々思い出すのと言うのは、何かあるのだろう。

非日常性とか、意外性なのか、先日プログに書いた、じゃじゃ麺も同じく、意外性があった。

 

 


 

ただ、こういうのは、たまたま写真にあるというだけで、意外でもなんでもない。

「まったくアメリカの飯は。。」と言いながら食した覚えがある。

これで結構高い。

アメリカって、ジャンクフード、ファーストフードの国なんだろうな。

 

夏の終わりとともに、余計な思い出は消えて、瑞々しく美味なる食の秋が来る。。

今日は、梨をいただいた。

西瓜と梨は潤いの果物だけれど、梨の方が品がよく、おいしい。

西瓜は、盛夏に豪快に食するをよしとするか・・。それが流儀。

 

今年の秋は何をしようか・・。

関連記事

4 Comments

devilman  

日向さん そうですよーっ。だから、猫舌の人は、ちゃんとお店で、パンがお皿に乗っているのを頼んだほうが、外でこういうの頼むのより安全だよ。それでもパンの食べ方間違うと、堤防が決壊してスープがーっ・・・・、という目にあう。
そういえば、スイスって果物何があるのかな・・日本から見てると雪の山しかないみたいな気がして・・高山植物の実ばかりじゃないよね・・(あはっ!!)

♪鵠沼海岸♪さん 熱々だということ、たっぷりだということ、見ているだけでそそる事は確かッ、ですよ。 今日も暑いっす。。

Asamanbowさん そうですね。。自分の場合は、アメリカに行った時は、必ず、タイ料理とかインド料理・・・というように、アメリカン以外の店を探していました。誰だったか、女性ニュースキャスターが米国留学の話を書いた本に、向こうの家庭は、毎日同じメニューを食べ続けてなんとも思わない、肉の素材のうまさだけで暮らしている・・とか。
どこかに、「ビジネス」でも「レジャー」でもいいから、行ってみたいですね~。。そうしないと英語のモチベーションも下がっているし。

2006/09/02 (Sat) 10:38 | EDIT | REPLY |   

Asamanbow  

ほんと・・・アメリカって、1つの食べ物の量が多いんですよね。私は味はおいしい、と思うのだけど、さすがに同じものをずっと食べていられないの。devilmanさんも、今度はいつ、搭乗するのに成田空港に行くのでしょう?

2006/09/02 (Sat) 01:31 | EDIT | REPLY |   

♪鵠沼海岸♪  

(・"・;) ウッ クラムチャウダーめっちゃおいしそう。。。 明日涼しいかなぁ~ 
食べたぁ~~~~~~~~~ぃ!

2006/09/02 (Sat) 00:15 | EDIT | REPLY |   

広瀬 日向  

パンのスープがすごい・・・★
本当に急いで食べないといけないよね。猫舌のあたしなら絶対こぼしそう汗
梨かぁ。いいなぁ♪スイスにも、梨はあるんだろうか・・・?今度探してみよう^_^

2006/09/02 (Sat) 00:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment