-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2006

連日のトーキングで、思い出したことども。

きのうはさすがにくたびれちゃったのと、スケジュールが週末と言うこともあって合わなかったけれど、連日のフリートーキング進行中です。

 

今日も出動予定。。。

 

二年のブランクはあったけれど、あの部屋の雰囲気、集まっている人たちの感じは、すぐ甦ってくるね。

 

喋り捲る、相変わらずの人。何年経っても、同じスケジュールで通い続けているんだねって思った。(←自分だって、そうだっただろっ) 

 

ペラペラの人が主役になっちゃうと、慣れない人は黙りこくってしまうしかないけれど、考えてみれば、聞くことだってトレーニングになるんだよって、言ってあげたいね。

 

しゃべりでついていけないから口を挟めないとき、聞き取れないから、話に入れないとき、トピックスがなじめなくて話しに入らないとき、いろいろとシチュエーションはあるのだろうけれど、そういう時は、聞きに回ったっていいんだよね。

 

トピックスがだめなときは、ふんふんって相槌うつ風して、聴くばかりにしてしまうんだ。

それでもいいんだよね。

 

後で友達になったけれど、このスクール始めた頃に、講師連中で有名な女性がいたんだ。

彼女は大変優秀な方で、読み書きの英語、文法は、講師に言わせても、100%だったそうだ。

しかし、しゃべったり聞いたりしたことがない・・・。

 

彼女はある目標を持って、スクールにやってきた。強い気持ちだったんだろうと思う。

 

実は、後で聞いて、付き合って、大変尊敬しているところあるから、友達になったし、こうして書いてしまうだけれど、ある意味立派だった。

 

入ったとき、レベルチェックの筆記テストは完璧。でも、オーラルチェック、何にもしゃべれない、聞けない。

 

当然、最低レベルからの出発。

 

だけれど、自分のフランス語なんかと違って、書いてあることと、聞いたことがつながりさえすれば、後は口語に慣れて行くだけでいいはずだ。理屈だけれど。

 

誰だって、中学から英語をそれなりにやっているから、大体は、また大学に行った人ならなおさら、ある程度は、彼女ほど超優秀ではなくても、同じような状況のはずだ。

でも、なかなかうまくいかないよね。

 

ところが、彼女が人と違っていたのは、最低レベルで、まったく聞けない、しゃべれないのに、毎日、まいに~ち、まいっにち、フリートーキングの部屋に、始まりから最終まで、レッスンで抜けるとき以外は、居座り続けたんだ。

 

ひたすら、黙って。だま~って。

 

確かに、時間のある人だったし、経済的にも、それができたという事情はあるにしても、相当の信念と根気だったと思うよ。

 

自分が中レベルでスクールに入った時から、少し遅れて彼女は入ったらしいが、二年後に、自分が、まあ普通の英語しゃべっているよ、といわれたときには、彼女は同じレベルのクラスの生徒だったから、すっごい超スピードレベルアップを果たして駆け上がってきたということになる。

 

自分が2つレベルを上げる間に、彼女は、6つ駆け上がってきたんだ。

 

She has taken huge number of lessons..!! と中のいい講師が、分厚い彼女のレッスンシート(成績簿みたいなの)示して、揶揄していたけれど、後で一番下のレベルからのテキストを参考に借りたときに、テキストの一ページ一ページに几帳面に記された、レッスンの日付を見ると、下のレベルでは、本当に一週間単位でレベルアップし続けてきたことがわかった。

 

そのレベルになっても、フリートーキングには出続けていたけれど、促さなければ、自分からしゃべることはめったになく、そこでもひたすら聞き役に回っていた。

 

でも、ちゃんと聞けていたし、しゃべらせれば、流暢ではないが、きちんとした英語を臆せず話せる、ハイレベルの生徒として特に問題ない状態になっていた。

 

おそらく、レッスン以外で、しゃべる機会はほとんどなかったに違いない。

でも、聞くチャンスは、それこそ、人の数十倍、また、集中して聞くという意味で、内容の濃い時間をすごしていたに違いない。

 

だから、国内の一人旅すらしたことのなかった彼女が、パスポートのとり方も知らなかった彼女が、生徒仲間、講師連中、こぞっての超心配の中、ニューヨーク一人旅、20日間を成し遂げて帰ってきたとき、

「毎日ひとりで歩いて、いろんなもの見てもいろんな事した、楽しかった」と、ボソっと言ったとき、ただ、ただ、感慨しかなかったよ。

 

ひとりでニューヨークに行くって、聞いてから、みんなびっくりして、あきれて、あんだけ心配して、みんなで気遣ったのに・・って、自分も含めて、気分害していた人も多かったけど。

 

世間知らずで、付き合い下手で、気遣いできない彼女だったから、それは確かに、いろいろ言う人はいたけれど、せいいっぱい、やったんだねって、思うよ。

 

きっと彼女は、これで、自分の人生、自分で生きていくこと、初めて憶えたんだろうな。

 

それこそ、「スクールに住んでる、フリートーキングの部屋は「○○さん」の部屋だよ」、なんてのに始まって、講師、生徒を問わず、からかわれ続けてきたけれど、めげずに、信念とおしたんだから、立派だったんだね。

 

「親に内緒で、パスポートのための戸籍抄本取りたいんだけれど、どうしたらいいのでしょう」なんて相談受けて、その後も諸々ニューヨーク行きの面倒みてあげたけれど、

親元出たことない一人娘が、ここまで、一気に羽ばたけたのは、秘めてたほんとに強い信念と、いい加減な連中の集まりである、フリートーキングやレッスン仲間の、いつの間にかの、後押しだったのかなって、今、思います。

 

箱入れ娘には、僕らのはちゃめちゃは、常識はずれだったのだろうけれど、人生観変えてあげられたかもねって。みんなの話聞いていたら、一人で何でもできるんだって、初めて思えたのかもね。

 

自分がフランス語のために移動してしばらく後、突然、彼女がスクールから消えたという話を聞いた。親しい講師に分厚い手紙を残して、東京を去ったということだった。

 

事情は何も知らないけれど、地方で、夢、かなえて、仕事を一生懸命しているって、だいぶ経ってから、年賀状が来た。

 

がんばった甲斐があったし、信念強い彼女に、ただただ、尊敬の念のみを感じたよ。

 

いまでも、きっと自分の人生、精一杯、生きていると思う。

 

がんばれっ。

関連記事

- 8 Comments

devilman  

Asamanbowさん 彼女には、これしかないって、感じでしょうか。自分らには、いろいろと雑念多くて、できないのが普通。。凡人ですから・・。だって、他に方法あるもんねっ。

2006/10/05 (Thu) 02:34 | EDIT | REPLY |   

Asamanbow  

学び方に、ルールはないということですね。でも、根気のいる方法です、私には無理だなぁ。短期決戦型なので(笑)

2006/10/05 (Thu) 01:02 | EDIT | REPLY |   

devilman  

そうですね・・・みんな、だれしも、周りのことは怖いんだと思いますよ。でも、どっかで踏み出す勇気をもてるといいな。彼女は、ずっと、座り続けている何年間かの間に、みんなが英語にチャレンジしては失敗し、恥かくのを見て、だんだん心が開放されて、自分もできるんじゃ、って、力を得て行ったんじゃないかなと、思っているんだ。
大丈夫、跳んでごらんよ。

2006/10/04 (Wed) 00:59 | EDIT | REPLY |   

momoko  

素敵ですね。信念かぁ。
人に何言われようと・・・。私は周りが恐くて仕方がない。そこがダメなんだろうな。

2006/10/04 (Wed) 00:51 | EDIT | REPLY |   

devilman  

Lupineさん 今思うと、「馬鹿」になれる人だったんだろうと思います。本当に、一途にやってました。雑念なくて、何を言われようが。立派だったと、今思います。

a-shanさん うん、きっと、彼女なりに、一生懸命、不器用ながら、やっていると思う。いつか、あえたらいいな、とおもっていますよ。

日向ちゃん ほんとうにね、自分らも結構からかったりしていたんだけれど、雑念に惑わされることはなかったみたいだね。暗い人じゃなかったのも、よかったのかな。今思うと、揶揄して、悪気ないものの、自分ら失礼なことしてたんだな、と思いますよ。

2006/10/02 (Mon) 06:09 | EDIT | REPLY |   

広瀬 日向  

その人、完璧な姿になりつつあるんだね・・・!すごい人だと思う。いや、本当に。絶対にやってみせるぞ!っていう心があったからこそなんだろうね。読み書きが完璧なら、聞き喋りだって、完璧なはずって自分でかってに自惚れちゃって、「最低レベルです」って言われると、ちょっとショックだったんだろうけどな。。。それでも続けた彼女はすごいね★尊敬できる。本当に。

2006/10/01 (Sun) 23:58 | EDIT | REPLY |   

a-shan  

ぅん?そぅいう信念って大事だよね!彼女も読み書き100パだったってことは、スピーキング、ヒヤリングにしても、「絶対」って意思を持っていたと思うから、レベルアップもすごぃ速度でできたと思ふし。思うに旅行にしてもそぅだけれど、彼女は思いつめる何かがあったんじゃなぃのかなぁって思ひます☆夢を叶えて仕事をしてた、とその後聞いたというから、今もその彼女は頑張ってるだろぅね~♪

2006/10/01 (Sun) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Lupine  

凄いね!その彼女初めての所とか ちょっと居心地悪いと次に行く時に尻込みしてしまう事も多いし・・劣等感を持つとそれだけで嫌になってしまう 私なんかには到底真似できない事に思えるけど・・でも絶対これだけはやるんだと言う強い信念が有ったから 出来たのだと思う・・語学でも何でも他の事は兎も角とか 他は犠牲にしてもこれだけはとか強い信念が有れば大概の事は出来ると思うし・・自分にも言い聞かせているけど・・それが中々出来ない^^;

2006/10/01 (Sun) 17:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。