fc2ブログ
19 2007

だけど。。


こんな外まで並ぶって事?!

でも、展示館に足を踏みいれると、人、人、人。。

受胎告知がたった一枚展示してある建物に、いったい何人が並んでるんだろう。

たった10秒ばかり、三列の人混みをかき分け、確かに見たよ。

企画展示は別の展示館へ移動。
本物はなく、模写と再現模型、映像だけ。

ぐるっと一回り、本を読んだ方がよさそうだね。

だいたい、こういう混雑、大嫌い、それに加えて。もらった無料の招待券だから、執着なかったね。
関心のある人には申し訳ないけど。

やっぱ、いつか本場に行って、本物にたくさん触れてみたいな。

そんなわけで、モネ展も行きたいんだけど、絶対、平日でも混んでるから、二の足。
関連記事

8 Comments

devilman  

kateさん > ぜひ、オリジナルの場所に行って、ゆっくり鑑賞したいと思っています。

☆ルナです☆さん > なんか、ルナさんとは共通点あるなぁ~。。何を隠そう、かく言う自分も、パリ滞在中に時間なく、ルーブルは諦め、半日の自由時間に、雨の中、走ってオルセーに行き、学生で混雑する中、印象派、そしてモンドリアン、が印象深かった。そして、午後の仕事のために、地下鉄の駅まで走って帰った憶えあるよ。
懐かしいな・・それ以降は、海外出張では、極力、美術館には時間とるようにしています。

2007/04/24 (Tue) 00:57 | EDIT | REPLY |   

☆ルナです☆  

仕事でparisにいったとき、時間がなくて オルセーしか行けなかった;;
モナリザはやっぱ観たいって思うおのぼりさんでしたので その時は残念だったけど
あとになってオルセーのモネとかマネとかゴーギャンとか近代美術、生で見れたのは本当に良かったな~って思った^^ 絵のこと詳しくないけど、近くであの筆遣い?っての?あれはちょっとビックリ^^; 本当はもう3日くらいかけて全部回りたかったけど;; 
時間こじあけてだったから、ダッシュで それこそハァハァしながらオルセーの中、駆け回ってたよ^^;wwwwwwwwww懐かしい^^;

2007/04/23 (Mon) 10:32 | EDIT | REPLY |   

kate  

古典派やこの『受胎告知」という絵画の世界は欧米、特にヨーロッパの歴史を知ることにつながるので…確かに歴史を知らない人には多少退屈に思えるかもしれません。
でもそういった宗教から少し離れてみて、自分の印象からその絵画を見てみるというのも悪くはないですよ。現実から少し離れて絵画の世界によってみるのも悪くないですから…^^

2007/04/21 (Sat) 14:49 | EDIT | REPLY |   

devilman  

アコさん > そうですか、では来週、モネに行ってくるかな。ありがとう。

2007/04/21 (Sat) 03:54 | EDIT | REPLY |   

アコ  

両方を同日(平日)に行った友人曰く、モネの方はさほど混んでいなかったそうです。
ダ・ヴィンチの方は修学旅行生もいたとか。笑

2007/04/20 (Fri) 07:15 | EDIT | REPLY |   

devilman  

真由美小坊主さん > http://www.leonald2007.jpでーす。ダビンチの『モナリザ』『最後の晩餐』にならぶ作品らしいんだけど、『受胎告知』という絵が来てるんですよ。ただ、それだけさ。なんだかよくわかんないけど、みんな行くからいくって感じの人もいるんだろね。
かく言う自分も、招待券がなかったら、行っていないだろうなぁ。

Asamanbowさん > まあそうでしょうね。モナリザならいざ知らず、受胎告知でそんなに動員できるとは思わないからね。やっぱ、「ダビンチ」がキーワードでしょ。

2007/04/20 (Fri) 01:04 | EDIT | REPLY |   

Asamanbow  

ダ・ヴィンチは、絵の構図とか 『ダ・ヴィンチ・コード』 で一気に有名になりましたから、ね。混んでいるのも、仕方ないのかな。

2007/04/20 (Fri) 00:02 | EDIT | REPLY |   

真由美小坊主  

受胎告知って・・・何だろうか。流行ってるの?みんな知ってるの?知らない私は恥ずかしい?どうしましょう・・・。

だけど。。涙が出ちゃう。女の子だもん♪

2007/04/19 (Thu) 14:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment