-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2007

麦秋。。。

麦の秋と書いて、『麦秋』、ばくしゅう、と読む。

 

これを知らず、散々馬鹿にされたことがある。

 

小津安二郎野の映画に、『麦秋』というのがあるのは、映画に興味を持っている人の中では、そんなに知らないことではないらしい。

典型的で、ごく平凡な日本の家庭を描いて、世界の評価を得た、小津安二郎だ。

 

昭和30年代だろうが、日本のホームドラマの典型だったのだろうと思う。

 

それで、『麦秋』だ。

 

『今日、銀座の並木座で「むぎあき」を見てきたんだ。。』と、得意げに友達に言ったのだが、

お前、馬鹿か、という表情をされた。

 

「あれは、『ばくしゅう』と読むんだ、無教養め。。」

 

「えっ、うそ・・」

 

という具合だ。  赤面。。。。映画以前の教養の問題だった。。

 

ついでにだ、彼は映画狂いだったから、「じゃあ、これはなんと読む?」と雑誌を差し出された。日活かなんかの成人映画のタイトルだ。。『天使の太股』と書いてある。

 

「てんしのふとまた」

 

「ばか、ふともも、だぁ」

 

「だって、これは「また」という字だろうが。漢字も知らんのか。」

 

「ふとまた、なんて言葉があるか、映画のタイトルだぞ。。意味から言えば、『太もも』だ。」

 

「エッチな映画だろうが。。『また』なら十分エッチじゃ」

 

「こういう文脈だったら、ふつうは、『太もも』と読むのが、日本人の常識だ。」

 

 

という話なのだ。

 

 

前置きが長いが、『麦秋』というのは、今頃の季節のことだ。

 

 


 



 

この近くは、小麦の畑が多い。水田の裏作にやっているところと、麦畑オンリーのところとはあるが、いずれにしても、これらの小麦は、ほとんどが『うどん』になる。

 

麦が黄色に色づき始めている。秋みたいに感じて、ちょっと、変だけれど、そういうわけで『麦秋』と呼ぶ、奥ゆかしさじゃ。

関連記事

- 4 Comments

devilman  

お~い、むきょーよーーーーーっ  てか、自分の仲間がこんなにいたなんて、『ホッ』。。

2007/05/24 (Thu) 01:37 | EDIT | REPLY |   

☆ルナです☆  

↑wwww良かった良かった^^; アコさんと一緒なら逆に自慢話にしようなんて思っちゃう(爆) ←(ちなみに、これは、爆笑の爆ね?^^www)

2007/05/22 (Tue) 20:44 | EDIT | REPLY |   

アコ  

↑大丈夫(?) あたしもだから。笑
勉強になりました(ノ´∀`*)

2007/05/21 (Mon) 21:24 | EDIT | REPLY |   

☆ルナです☆  

え~~~~~~~><
そうなの?麦秋って今の時期なの???;;
秋だとばっかり思ってた~~~><(恥

2007/05/21 (Mon) 05:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。