31 2007

新しい年へ。。生死の意味

http://www.youtube.com/watch?v=fCY5SQXQByQ&feature=related

 

 

年末には、さまざまな今年の出来事が、否応なしにリフレインされる。

 

人は何か、過去にあったことを確かめようとする。

それが、自分たちの生きた証し、それを残したいと思うのか、消えていく不安が強いのか、

黙っていても、耳に入り、目に付くものは、今年の世相の強制的なりマインドだらけだ。

 

 

その中で、このメロディは、そうでなくても、心が和み、心地よい思い出として刷り込まれている。でも、その歌詞を通しで聞いたのは、つい最近のことだ。

 

意味を知ったとき、

 

そのとき、胸が『ずんっ』となった。

 

 

 

今年あったこと。。

 

さまざまな『別れ』だった・・

 

そう思い当たったとき、この歌詞に『想い』が乗った。

 

 

 

何度か、どこかにコメントしてしてきたが、

 

『生きていても、そうでなくても、いつも、そばにいる・・』

なぜかそう思うようになっていた。

 

会いたくなれば、会えた人が、聞きたくなったら、その声が聞けたはずの人が、『風』になって行っても、それは、『別れ』ではない。。

 

風になり、鳥になり、光になり、いつも、そばにいる。

会いたいと思えば、その姿はいつも瞼の裏に浮かぶ、聞きたいと思えば、耳にはその声が残っている。想い出は、消えることがない。。

 

いつも、そばにいる。。いられる。

 

そう思うようになった。

 

 

 

歌が、世相を映し出し、その想いを語っているのだとすれば、今年の『言葉』は、

 

『生死』を超えた、人の絆を物語っている。。。。

 

共感する人がたくさんいたとすれば、それは、生死を超えた絆が、生きているということ。

 

 

そして、明日に向かって、「time to say good bye」

http://www.youtube.com/watch?v=jmS41_JdVLg

 

 

『別れ』は、『別離』ではなく、『新たな出逢い』であり、『出発 ( たびだち ) 』

 

 

決して、ひとりじゃない・・いつまでも。。

 

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=S1g2w9OMSR0&NR=1

関連記事

2 Comments

devilman  

Morning Baloonさん > Morning Baloonさんにとっても、豊かな年になるように祈っていますね。 感じることは、出逢いが心を豊かにするということですね。

2008/01/01 (Tue) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Morning Baloon  

節目になる年末は・・・ いろいろなことを思い出させてくれて、次へと進むステップになりますね。devilmanさんにとっても、健やかな新たな出逢いがたくさんある新年になりますように!

2007/12/31 (Mon) 18:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment