-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2009

クレヨンしんちゃん。。

クレヨンしんちゃんの作者の方が、遭難されてなくなったと、ニュースになっていますね。

本当にお気の毒ですが、はじめに荒船山でっと聞いた際、すぐに思い当たったのが、すでに報道されている艫岩の展望台です。

http://myhome.cururu.jp/cb250rsz/blog/article/71000209802

三年前ですが、cururの記事にしています。

しぱしぱ長野への入口にしている国道254号の内山トンネルへの道から、その壮観な姿を目にしていて、一度は登りたいと思っていたのをあの時実現させました。

大岸壁で人目を引く山にもかかわらず、登ってみると、まったくの100%、なだらかな樹林の道で、峠の駐車場からも大して時間もかからない、お手ごろの山なのです。




以前に載せた写真より大きくしてみました。
山の上に船を載せたみたいだと、「荒船山」と名がつき、また岩も「艫岩」と
船にちなんでついています。

登山道は、崖には近づかず、樹林の中をゆったりとした勾配で登ります。







そして登りつくと、




こんな立派な避難小屋があったりして。
この平らなところは、頂上の一角で、ここから片道30分間、平坦で、
きれいな道が最高点まで続いています。




こんな湿地帯や、




こんな疎林が広がっていて、







最高点ピークまでのんびりとした歩きが楽しめるところです。


でも、一ヶ所、登山道からは少しわき道ですが、




さっきの避難小屋の近くですが、展望のために切り拓かれたところがあります。
これが「艫岩」のうえです。
もちろん、ここがないと、なんの展望の楽しみもないですからね。




こんな感じの絶壁の途中です。

テレビで見ましたが、本当に、崖の一端なんですね。

危ないから下を覗き込むことはしませんでした。
崩れそうな感じのところでしたからね。

ここが、亡くなったところなのでしょうね。
崩れやすいところに乗ってしまったのかもしれません。
下を覗こうと端の近くまで行ってしまったのではないかと
思ったりします。





こんな展望が利くところですから、気分は開放的になりますから。


折りしも、しんちゃんの名作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の
リアル版「BALLAD 名もなき恋のうた」が話題のときとは、
巡り合わせも、酷なものですね。


ときどき、テレビでやるしんちゃんの映画版を何の気なしに見ることはありますが、
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』は本当に名作でした。
これだけは記憶に残っているくらいですから。


心より、ご冥福をお祈りいたします。

合掌

関連記事

- 5 Comments

devilman  

真由美小坊主さん > いい仕事をして逝っちゃったんですね。


S30Z改さん > 訪問&コメントありがとう。そうなんですか。。それにしても、すごい絶壁ですよね。。

2009/09/27 (Sun) 08:20 | EDIT | REPLY |   

S30Z改  

訪問です
  僕は荒船山の 近くに住んでます おじいちゃんが言ってたんだけど
     昔は 自殺者が  多かったらしいです

2009/09/23 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

真由美小坊主  

本当に・・・あの映画は名作だと思います。親子で号泣したもんな・・・。
やはり、覗いていて落ちてしまったようですね・・・。本当に悲しいです・・・。

2009/09/23 (Wed) 19:33 | EDIT | REPLY |   

devilman  

♪鵠沼海岸♪さん > これを機にきっと柵か何か作ると思います。山にはこういうところは、それこそ当たり前にたくさんありますから、気をつけるしかないんでしょうね。。。子供がいたら、うるさく注意するだろうな、と思ったりしました。

2009/09/23 (Wed) 00:04 | EDIT | REPLY |   

♪鵠沼海岸♪  

初心者でも 子供でも上りやすい山だと聞きました そんなところに何の柵もないことに驚いています

2009/09/22 (Tue) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。