-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2016

秘めた憧れの実現~立山から槍へ その⑦最後の高みへ、そしてその憩い

2015.9.23


夜のさなかだ。

暗いうちの出発のために目覚め、トイレに行こうとすると、漆黒の通路で、かの知り合いは、星空撮影に余念がない。

いったい、寝たのだろうか。


2015-0923 (1)


テントを畳み、真っ暗な中、声をかけて、出発する。前日の出発と同じ、3時15分だ。

林の中の急登をまっすぐ登っていく。ヘッドライトに照らされた、限られた視界の中で、ちいさな山の世界が息づく。

そういえば、昨年は、雨の中、撤退の足を急いだ道だったな。ここは。

一時間ほど登って、森林限界は越えているが、いまだ暗く、視界は効かない。

昨年辿った記憶を追い、幅広い稜線を三俣蓮華岳へと向かう。

薄明りで、稜線がうっすら見えるようになってくる。

左側は、切り立ったカール壁のはずだが、その姿は実感できない。

前方に、暁の東の空を背景に、ワリモ岳と鷲羽岳がわかる。




2015-0923 (2)


ヘッドライトで、三俣蓮華岳の頂上への指導標を確認する。





2015-0923 (4)


いまだ薄暗い、三俣蓮華岳頂上で、数人の登山者と会う。三俣山荘泊りの人たちだろう。

五時過ぎた。




2015-0923 (5)


双六への道に入る。


2015-0923 (8)


あの、槍を、今日は目指す。


2015-0923 (9)


黒部五郎を振り返ってみる。




2015-0923 (10)


日の出はあのあたりか、燕岳の稜線だ。


2015-0923 (11)

北を見る。

手前の鷲羽岳、ワリモ岳から、水晶岳、赤牛岳の稜線が伸び、その向こうに、遠く、立山と劒が見えている。

何日もかけて、歩いてきたんだ。





2015-0923 (13)




2015-0923 (17)


劔岳と立山。

手前、三俣蓮華の頂上の登山者と、右に赤牛岳が見えている。


2015-0923 (14)


薬師岳だ。二日前にあの頂を踏んだ。


2015-0923 (15)


雲海に浮かぶ、加賀の白山。


2015-0923 (19)


いずれは再訪したい、笠ヶ岳。


2015-0923 (20)


双六岳へは稜線を辿る。

2015-0923 (21)


雲の上から、朝日が顔を出す。

ようやく、日の光に包まれる。


2015-0923 (22)




2015-0923 (23)




2015-0923 (25)


双六岳の、のびやかな稜線。


2015-0923 (27)


朝靄の向こうに、燕岳、餓鬼岳。


2015-0923 (28)


中道の分岐だ。ここは、頂上を踏んでいく。


2015-0923 (30)




2015-0923 (29)




2015-0923 (31)


朝日を浴びる、北鎌尾根。


2015-0923 (32)


餓鬼岳、唐沢岳。


2015-0923 (33)


大天井岳から燕岳の表銀座が伸びている。




2015-0923 (35)




2015-0923 (36)




2015-0923 (37)


槍が岳へのプロムナード。


2015-0923 (40)




2015-0923 (41)


双六岳を振り返って、見る。


2015-0923 (43)


三俣蓮華岳、祖父岳、水晶岳。こっちからみると、水晶岳は、別名の黒岳が似合う気がする。


2015-0923 (45)


餓鬼岳、唐沢岳のアップ。いずれ、行こう。


2015-0923 (47)




2015-0923 (48)


巻き道の分岐だ。双六小屋はもうすぐのはず。


2015-0923 (50)




2015-0923 (52)


双六小屋前。朝食をとる。7時過ぎ。でも、もう4時間歩いている。

トイレと水くみ。


2015-0923 (54)


双六池とテント場、そして奥に笠ヶ岳。


2015-0923 (55)


笠ヶ岳のアップ。


2015-0923 (56)


双六小屋を後に、西鎌尾根を登り始める。

振り返る、三俣蓮華岳。


2015-0923 (57)




2015-0923 (59)


双六岳と、双六小屋。



2015-0923 (60)


こちらは、三俣山荘。


2015-0923 (61)


鷲羽岳から、野口五郎岳




2015-0923 (66)


鷲羽岳と、祖父岳と、三俣蓮華岳。


2015-0923 (67)


45分ほどで、樅沢岳に登りつく。

この西鎌尾根、これからいくつものピークを登下降していくが、残念ながら、槍ヶ岳の登りが始まる千丈乗越あたりと、

ここでは標高があまり変わらない。

ちっとも、高度を稼げない、西鎌尾根。



2015-0923 (68)




2015-0923 (69)




2015-0923 (70)


焼岳、乗鞍岳、御岳


2015-0923 (71)


表銀座の蛙岩がわかるね。


2015-0923 (72)




2015-0923 (75)




2015-0923 (77)




2015-0923 (78)




2015-0923 (80)




2015-0923 (81)


望遠で見た、鏡平小屋。




2015-0923 (82)




2015-0923 (83)




2015-0923 (87)




2015-0923 (90)



登っては、下り、延々と、それを繰り返すのだ。

日が照り付け、暑い。

でも、抜ける青空、草紅葉、きれいだね。






2015-0923 (94)


まだまだ、登り、下りは続く。


2015-0923 (96)




2015-0923 (93)




2015-0923 (95)





2015-0923 (98)




2015-0923 (99)


硫黄尾根近く。確かに、硫黄のにおいがしたよ。


2015-0923 (100)




2015-0923 (101)


荒々しい、硫黄尾根。隣が北鎌尾根で、その向こうが、大天井岳だ。


2015-0923 (106)


あと、4.8キロだそうだ。




2015-0923 (108)


硫黄乗越から。後ろに見えている、野口五郎から鷲羽岳への裏銀座縦走路も、大展望だろうな。


2015-0923 (109)


焼岳と乗鞍岳のアップ。


2015-0923 (110)




2015-0923 (111)


高瀬川へと落ちていく、沢。横切っている稜線は、竹村新道だ。


2015-0923 (112)




2015-0923 (113)


硫黄尾根のごつごつ。


2015-0923 (114)


大槍と、北鎌尾根。





2015-0923 (120)


まだ、まだ・・・


2015-0923 (121)




2015-0923 (123)


左俣乗越。蒲田川左俣の源頭らしい。

出発してから6時間半。疲れてきた。座ると、10分くらい居座ってしまう。



2015-0923 (124)




2015-0923 (125)


いよいよ、槍が大きくなってきた。


2015-0923 (127)




2015-0923 (126)


北鎌尾根の独標だ。


2015-0923 (128)


独標から大槍への稜線。さすがに、北鎌尾根。


2015-0923 (129)


千丈沢。奥は、燕岳だ。


2015-0923 (130)




2015-0923 (131)




2015-0923 (132)


野口五郎岳と、むこうに針ノ木岳も。


2015-0923 (136)




2015-0923 (133)


岩稜帯に鎖がある。けっこう疲れて、慎重になる。


2015-0923 (137)





大槍を眺めながら、10分ほど座り込む。


2015-0923 (138)


あとは、登りあげるだけかあ・・


2015-0923 (139)


ガスが下りてくる。




2015-0923 (141)





やっと、千丈乗越だ。下ろうと思えば、槍平に下れる。


2015-0923 (142)


望遠で、槍ヶ岳山荘の裏を覗く。


2015-0923 (143)


飛騨沢の登山道が、ジグザグにきれいに見えているよ。


2015-0923 (145)


さあ、さあ、今回の縦走、最後の登りだ。

じっくり、じっくり、最高点へと登っていこう。


2015-0923 (147)


槍のてっぺんに人がたくさんいるよ。


2015-0923 (146)


見下ろす。

登ってきた、登ってきた。


2015-0923 (150)


最後のジグザグに入った。

うーん、12時過ぎた。


2015-0923 (151)


もう、ちょっとだ。

でも、曇ってきた。






2015-0923 (152)


きたーーーーっ、槍の肩、とうちゃーく。

2015-0923 (153)


おおっ、稜線を越えて、向こう側が見えた。

この瞬間て、感激するな。

真正面の常念岳のピラミッドが美しい。


2015-0923 (154)




2015-0923 (156)


しばし、ひと時を、憩う。

さすがの槍ヶ岳山荘も、ビールの350ml缶以外の飲料は、すべて完売とのこと。

いや、ビールさえあればいいよね。

穂先を眺め、呆然とする。

いや、歩いてきたもんだなと。


2015-0923 (157)


つづく。。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。