-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22 2016

秘めた憧れの実現~立山から槍へ その⑤言葉にならない、払暁の宇宙~太郎平から黒部五郎を越えて

2015.9.22


いまだ闇の中、テントをたたむ。
露でびっしょりのテントを絞るように、無理やり、ザックに押し込む。
ポツンポツンと、明かりをともすテントがみえる。

2015-0922 (1)


昨日より、30分早く、3:15に歩き出す。

冷え込んだ未明の大気は、手をかじかませる。
そして、木道は白く霜に覆われている。

太郎平小屋

2015-0922 (2)



2015-0922 (3)


太郎平、いまだ、その大地の美しさを知らないが、いま、初めて歩く、その場所は、漆黒の闇の中。
星空、一点の雲もないように見える。

足元に続く木道、覆った霜で、スリップしそうになるが、リズム良く、フラットな足運びで、速足を続ける。

傾斜はほとんど感じられない緩やかな登り。

ヘッドライトの明かりだけが、ここが大地の登山道であろうことを、映し出す。


そして、徐々に傾斜を登っていく。ゆるやかに。

目の前に、漆黒の中の山々の波が、群青の空に、かすかに目に入る。


さらに、漆黒と群青の間に、白く、そして赤を思わせる、帯が、少しずつ、その明るさを増してくる。


2015-0922 (5)

暗さに慣れた目には、行く手の緩やかな大地の盛り上がりが見える。


2015-0922 (7)

目に映る、山並みの、奥に、するどい突き刺さりが見える。槍ヶ岳なのだ。


2015-0922 (6)


群青の一段下に、明るさを増した帯が、周りを取り囲むように延びていく。

おお、これは、北アルプスの全山。。。。

それが、自分の周囲に360度、包み込むように、目に映る。

なんということだ、この黎明に、自分一人、取り囲まれ、包まれて、すべての大地が、世界を覆いつくす。。

足が止まった。体が震えた。

まるで、世の始まりを見たような気がした。

なんという光景だ。






2015-0922 (8)




2015-0922 (13)


笠ヶ岳、乗鞍岳、御岳山





2015-0922 (18)




2015-0922 (12)


ほの明るくなって、北ノ股岳につく。





2015-0922 (16)


雲海のかなたに、加賀の白山が浮島のように見えている。




2015-0922 (15)




2015-0922 (17)


御岳山、




2015-0922 (20)


大天井岳





2015-0922 (21)


槍ヶ岳、大喰岳、中岳



2015-0922 (22)



高山から、濃尾平野が広がっているのだろう。
こうした光景は、ここに来て、初めてみる。

山は、旅。

何がどこから、どんなに見えるのか。地球の旅。





2015-0922 (23)


水晶、鷲羽の稜線から、朝の太陽が顔を出す。

まさしく、世界の夜明けだ。




2015-0922 (24)




2015-0922 (25)




2015-0922 (26)


堂々とした、存在感は、薬師岳の山塊


2015-0922 (27)


朝日を浴びる、北ノ股岳を振り返る。


2015-0922 (30)


目指す、黒部五郎岳。


2015-0922 (31)


加賀白山のクローズアップ


2015-0922 (32)


薬師岳


2015-0922 (33)


薬師、赤牛の、両側の山塊の間に、遠く、後立山の山が見える。








2015-0922 (34)




2015-0922 (36)




2015-0922 (38)





黒部五郎が近づく。


2015-0922 (39)




2015-0922 (40)




2015-0922 (41)




2015-0922 (42)




2015-0922 (43)


鹿島槍ヶ岳(右)と五竜岳(左)。


2015-0922 (46)




2015-0922 (48)




2015-0922 (50)


池塘に、薄氷が張っている。そんなに冷えたのか・・9月は、秋のただなか。


2015-0922 (51)


たどってきた、たおやかな稜線




2015-0922 (54)


薬師の稜線に、薬師岳小屋がポツンと張り付いている。







2015-0922 (53)




2015-0922 (57)


遠くに、白馬三山も見えてきた。




2015-0922 (58)


さて、今日のメインイベント、黒部五郎岳へ一気に登ろう。





2015-0922 (61)



2015-0922 (64)


左前方を見ると、奥に水晶岳、手前に雲の平、右に、ワリモ岳、鷲羽岳が連なっている。

北アルプスの真ん中まで来たぞ。





2015-0922 (65)




2015-0922 (67)




2015-0922 (68)


水晶岳の双耳峰と、手前に雲の平とその小屋。




2015-0922 (69)





2015-0922 (72)



でっかい薬師岳と、その向こうに、劒が見えている。

素晴らしい、快晴だ。なんて日だ。


2015-0922 (76)


剱岳と、右に大きな、立山。

あそこから来たんだ。





2015-0922 (74)


こちらは白馬と後立山連峰だ。旭岳、白馬岳、白馬鑓が岳、天狗岳、唐松岳。




2015-0922 (75)


快調に登る。調子は最高だ。

もうすぐ頂稜だ。

結構、人が行き来している。さすが、シルバーウイークだ。









2015-0922 (77)


雄大だなあ・・





2015-0922 (78)


おっと、頂稜に出たら、知った顔の面々と出会った。雲の平で遊んでいたとのこと。ほかの仲間もいたらしい。

さすが、シルバーウイーク。

一緒に記念写真。




2015-0922 (80)





ザックをデポし、下山するみんなに見送られて、頂上へ。


2015-0922 (81)


ガスガスと、雨に降られた昨年とは、打って変わった、黒部五郎の頂上。

やっと念願かなったな。




2015-0922 (85)


見下ろす黒部五郎のカールと、雲の平、水晶から、ワリモ、鷲羽、そして三俣蓮華の稜線。

すごいなあ・・溜息出る。


2015-0922 (84)


めざす、黒部五郎小舎が見えている。


2015-0922 (87)




2015-0922 (88)


水晶岳から赤牛へと続く稜線の向こうに見えているのは、蓮華岳

2015-0922 (89)


水晶岳は、荒々しい。


2015-0922 (90)

剣、立山、後立山連峰


2015-0922 (91)


南に目を転じると、笠ヶ岳から乗鞍岳、御岳山と、ひろーく、山が広がっている。

今日は最高の日だね。


2015-0922 (93)





もういっかい、劔岳と立山。

ここに見えている、稜線をくねくね、たどってきたんだね。


2015-0922 (96)


白馬の山々のアップ。旭岳、白馬岳、白馬鑓が岳、天狗岳




2015-0922 (97)


薬師岳はでかい。




2015-0922 (92)


あした辿るのは、こちら。三俣蓮華へ。


2015-0922 (95)



槍穂高連峰、言わずと知れた。





2015-0922 (94)


笠ヶ岳から、乗鞍、御岳山のアップ


2015-0922 (99)


白山。。




2015-0922 (100)


黒部五郎の稜線ルート。去年は風の中、雨の前に何とか登頂しようと、暗いうちから登ってきたんだ。頂上直前に雨が来て、
速攻、頂上分踏んで、カールを駆け下ったんだった。そして五郎の小屋で荷物持って、新穂高へと一気に下山したんだ。




2015-0922 (98)




2015-0922 (102)


さあ、カールへ下ろう。


2015-0922 (104)




2015-0922 (105)




2015-0922 (101)




2015-0922 (106)



つづく


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。