-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 2016

秘めた憧れの実現~立山から槍へ その③五色が原から、大晴天の中、秋色濃い、胸ワクの稜線を行く。

2015.9.20

五色が原の朝。

赤く焼けた。

烏帽子が漆黒に見える。


2015-0920 (1)


明るくなって、振り返ると、昨日超えてきた稜線が見えた。



2015-0920 (4)


東の空には、昨日の雲が残っているが、西から青空が圧倒的に広がる。


2015-0920 (5)


裏銀座の烏帽子岳。


2015-0920 (6)


テントをたたんで、二日目の出発だ。

もう、ほとんどのテントは、なかった。。。寝坊だ、というより、のんびりした。これで、あとでひやひやすることになる。



2015-0920 (9)



2015-0920 (12)


秋だね。この青空、草紅葉、チングルマの花穂。



2015-0920 (10)



山荘は、登山客を送り出し、静かだ。


2015-0920 (13)


上りにかかり、五色が原と、奥に、来し方、立山と歩いてきた竜王岳、鬼岳、獅子岳が見えている。



2015-0920 (14)


真ん中奥が、雄山。

左から、竜王岳、鬼岳、そして獅子岳だろう。

こうしてみると、やっぱり、相当な、アップダウンだったんだ。

この縦走、ただ事ではないな。




2015-0920 (17)


朝の陽ざしに明るい中を、なだらかに登っていく。



2015-0920 (19)


すっかり、草枯だ。


2015-0920 (20)


遠く見えているのは、裏銀座の稜線だ。 薄く、その向こうに、表銀座の稜線も。


2015-0920 (21)


振り返る。



2015-0920 (24)





2015-0920 (26)




2015-0920 (27)


弥陀ヶ原。見事な、平らな、台地だ。


2015-0920 (30)


望遠で見る。

槍ヶ岳、手前に、赤牛、右に水晶。

あの、槍まで行くのかって、実感はまったく、ない。

歩いていけば、着けるさ、そのうちにって、


2015-0920 (31)


北アルプスの、南半分が、この目の中にある。


2015-0920 (32)


笠ヶ岳、黒部五郎。


2015-0920 (33)


鳶山のピーク。


2015-0920 (35)


ここからは、いよいよ、大きな山容の、薬師岳が眼前に、存在感満々で現れる。


2015-0920 (36)


西を見る。まだ見ぬ、加賀白山だ。

ここまでくると、遠望ではなくディテールが見えてくる。、


2015-0920 (38)


雄山の雲が取れてきた。



2015-0920 (40)



草紅葉が、明るい朝の光に、輝く。


2015-0920 (42)





2015-0920 (43)




2015-0920 (44)


鳶山を振り返る。

空が、青い。


2015-0920 (45)


行くて、越中沢岳への、なだらかなルートが、気持ちよさそうに、伸びている。


2015-0920 (46)


やはり、シルバーウイークだ、同走する縦走者は、前にも、後ろにもいる。


2015-0920 (47)




2015-0920 (49)


立山と、越えてきた鳶山。

見事な、秋空だ。


2015-0920 (56)


昨夜の泊地、五色が原と立山からの稜線に険しさの、コントラスト。


2015-0920 (57)


アップにしたら、山荘が見えた。


2015-0920 (60)


越中沢岳に到着。


2015-0920 (61)


後立山連峰の、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、天狗岳。


2015-0920 (58)


そして、浅間山。どこから見ても、浅間は大きい。


2015-0920 (62)


雄大に広がる、行く手。

左から、赤牛、水晶、雲の平、笠ヶ岳、黒部五郎、そして薬師。





2015-0920 (66)


スゴ乗越への急下りと、薬師岳への長いのぼりが、迫ってくる。


2015-0920 (69)


望遠にすると、きょうの目的地、スゴ乗越小屋とそのテント場が見える。

縦走している人数からすると、テント場が心配になってくる。今のところは、まだ、空きが見えるが、

到着するころにはどうなっているか・・



2015-0920 (68)


目の前に広がる、雲の平の広大な、台地。 そして、手前に、細い高天原へに尾根が落ちてくる。

高天原、竜晶池、ずっと手前、きになる平坦地は、地図を見ると、薬師見平と記されている。

見たことのない、アングル、頭の中の、世界が広がる、新しい世界に。


2015-0920 (72)


このあたりが、高天原のはず。


2015-0920 (71)


薬師見平。地図にルートの記載はないが、行ってみたい。

夢のように、ロマンを感じる。

山旅の、かけがえのない、豊かな視点



2015-0920 (70)


目の前、スゴの頭へと下り、また登る。


2015-0920 (79)




2015-0920 (82)


色づく、木々の葉。



2015-0920 (83)


振り返る。

急下りだ。


2015-0920 (84)




2015-0920 (88)


登り返して、スゴの頭。



2015-0920 (89)


薬師岳への、長大な尾根。



2015-0920 (91)


ちょうど、レースが行われていた。トレランとも違うようだが、室堂から上高地へのコースが二泊、同じく室堂から折立へのコースが一泊だそうだ。


2015-0920 (93)



降りきって、スゴ乗越。


2015-0920 (94)


もうすぐお昼だが、ガスってきた。


2015-0920 (99)




2015-0920 (100)


すっかり紅葉した斜面を登っていく。



2015-0920 (101)


着いた…スゴ乗越小屋。

でも、すごい混雑。。だった。



2015-0920 (105)


ガスは晴れたが、12時に到着し、最後のまともな地面にテントが張れたが、ほとんど通路だ。。

前後して着いた人たちは、石ごろごろの上に張っていた。



2015-0920 (106)


それにしても、美しいところだ。


2015-0920 (107)


東には、赤牛と水晶。


2015-0920 (109)


水晶岳。


2015-0920 (110)


赤牛岳。


2015-0920 (111)


右に、にせ烏帽子、烏帽子岳。


2015-0920 (112)




2015-0920 (113)




2015-0920 (115)




2015-0920 (118)


昼寝をして夕方、目を覚ましたら、周囲はテントだらけに。。。張れる所などなかったはずなのだが・・・

笹薮だったはずのところにも、大岩があったところにも、どこにもかしこも、とにかく、テントが立っていた。。

メッセージをやり取りした山仲間から、表銀座も、蝶が岳も、どこも、テント場はカオスになっていると・・・


2015-0920 (120)




2015-0920 (121)


今夜の夕食は、ハンバーグと、ごはん、ネギ塩スープ。



2015-0920 (122)


とにかく、早出して、次のテント場には、いち早くつく必要がありそうだ。

あすは薬師峠で200張りは張れる所というが、初めてのテント場、様子がわからないので、

三時過ぎには、出発することにし、早々に寝袋に入った。



つづく・・・

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。