14 2016

初めての表銀座 燕から大天井を経て常念乗越まで・後編

更新が大幅に遅れている。

山のレポートは、いまは、facebookが主となり、あまりblogは書かない。
そもそも、もうブログの時代でもないような気もする。
だいたいTwitterさえ、使わなくなってる人も多い。自分もだ。

写真の管理も様変わり。アルバムに張る作業もなくなった。デジカメになってから、写真に凝らなくなった。

話がずれた。
久しぶりの、山レポートの更新。

ちょっと、バイクネタで更新はしたが、やはり山レポートは、せめて整頓しておきたいとは思っている。
facebookでは、レポートにならない。
書庫のような感じで整理するには、やはりblogか。


前編は、大天井までだった。

昼食後、大天井を後にしたが、空には、雲が広がってきた。風も出てきた。

2015-0905 (126)



行く手は、のびやかな、稜線だ。気持ちが良い。


2015-0905 (130)




2015-0905 (131)




2015-0905 (133)




2015-0905 (134)




2015-0905 (136)


ここまでくると、遠く、上高地が望める。


2015-0905 (138)


涸沢と奥穂高岳。吊尾根の先の、前穂高は雲の中だ。


2015-0905 (139)



望遠で涸沢をのぞくと、涸沢ヒュッテとテント群が見えてる。


2015-0905 (140)


前方は、常念岳だが、雲行きは怪しい。



2015-0905 (141)



常念乗越の小屋とテントが見下ろせる。結構時間はかかったが、もうすぐだ。


2015-0905 (143)




2015-0905 (144)


常念小屋の前から、槍ヶ岳をみてる。



2015-0905 (146)




さて、翌朝。

あまり天気は良くない。一応、上高地を目指し、常念岳に登り始めたが、すぐに雨が降ってきた。

風もある。



2015-0906 (4)


しばし、高度を上げたが、天気が良くなることは考えられないので、降りることに決めた。


2015-0906 (5)


乗越に戻って、小屋で、一の沢までタクシーを予約した。


2015-0906 (9)


一の沢を下る。




2015-0906 (18)




2015-0906 (22)




2015-0906 (23)




2015-0906 (24)




2015-0906 (29)




2015-0906 (30)




2015-0906 (35)




2015-0906 (37)




2015-0906 (40)




2015-0906 (42)


一の沢の休憩所につくと同時に、どっと本降りになった。


2015-0906 (45)


激しい雨に中、予約したタクシーに乗り込んだ。

やはり、降りて正解だった。


2015-0906 (47)



翌日も休みはあるので、せっかくだから、温泉に寄った後、沢渡へ回り、上高地に来てみた。。



2015-0906-1 (2)




2015-0907 (10)




2015-0907 (15)




2015-0907 (27)




2015-0907 (37)




2015-0907 (43)




2015-0907 (49)




2015-0907 (56)



嘉門次小屋。


2015-0907 (67)




2015-0907 (69)




2015-0907 (70)




2015-0907 (75)




2015-0907 (85)


雨の上高地、しばし散策して、満足して、下った。


2015-0907 (88)


常念乗越は、高校一年以来だった。あのときも、一の沢を下った。

面影も、記憶もないが、なにか、取り戻した気には、なれた気がする。

また、来ようと思う。


関連記事

2 Comments

devilman  

K'sさんへ

そうだよね、ブログはちゃんと続けたいですね。

2016/07/15 (Fri) 02:59 | EDIT | REPLY |   

K's  

No title

取り込んだりサイズ変更とかいらないFB
みんなFBが主になってるね
俺もいちおやってはいるけど 約束だからブログメインだけは続けます

2016/07/15 (Fri) 01:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment