23 2015

初めての表銀座・燕岳から大天井岳を経て常念乗り越しへ・前篇

二十歳を少しだけ過ぎたころだ、山はイケイケになっていたころだ。
ひそかに温めた、餓鬼岳への山行を企図して夏休みを迎えた。

仲間を一人、口説いた。口説くというより、乗せた。彼もアルプスでがっつり登ってやろうと思っていた。
計画したのは、信濃常盤から歩き、白沢に幕営、餓鬼岳に登って、燕岳、大天井、そして表銀座を槍まで行こうというものだった。
しかし、結果的には、同行の仲間が、体力的に無理だったのだ。

二人とも背負子に軽量化などは一切考えない、ふんだんな食料と幕営装備を担ぎ、餓鬼岳へと登りはじめたのはいいが、いろいろとトラブルが起こり、なかなか進んで行けなくなっただけでなく、彼がもう登れないと言い出してしまったのだ。
まあ、仕方がない。

荷の重さは、こちらが32キロほど、彼は20数キロくらいだっただろうか。
でも、普段の鍛え方が違った。
登りの途中で引き返し、再び白沢で幕営して、翌日下った。

それ以来、表銀座に入ろうと思ったことすらない。数十年間。
人気の山、混んだ山、下界みたいな燕山荘。
興味すら持たなかった。

しかし、昨年秋、ふと、中房温泉から燕岳をピストンしてみたくなって、仲間ひとりと快晴の秋空の下、槍までの表銀座を間近に眺めた。

20141019tsubakuro (147)


20141019tsubakuro (207)

そうしたら、いきたくなった。縦走したくなった。



いよいよ夏が来た。うまいこと、行こうと話が決まって、九月の最初の週に決行となった。

槍へは行かず、常念を目指すことになった。表銀座、初縦走。わくわくした。



穂高駅近くの駐車場に停め、バスを待つ。

2015-0904 (1)




バスで中房温泉まで。ここから、縦走のスタート。いきなり合戦尾根に取りつく。



2015-0904 (5)


九月に入ったせいか、金曜と、平日のせいか、それほど人はいない。


2015-0904 (7)




2015-0904 (13)


合戦小屋に登りつく。


2015-0904 (24)


とりあえず、名物という、スイカを注文してみた。


2015-0904 (25)


合戦沢の頭に登りつくと、展望は一気に開ける。


2015-0904 (35)


燕岳の頂上も望める。一番右だ。


2015-0904 (37)


餓鬼岳と唐沢岳。こちらも、また、行ってみたい。


2015-0904 (40)


有明山の台形チックな山容。


2015-0904 (43)


燕岳北斜面のお花畑は、季節には見事なんだろう。


2015-0904 (46)


燕山荘前からの燕岳。やっと稜線に登りつく。



2015-0904 (48)




2015-0904 (49)



テント場はすいていた。


2015-0904 (51)




2015-0904 (58)


イルカ岩。


2015-0904 (62)


イワヒバリ。


2015-0904 (64)




2015-0904 (72)


裏銀座稜線と、高瀬川の谷。


2015-0904 (82)


頂上から、燕山荘を振り返る。


2015-0904 (88)


めがね岩


2015-0904 (91)





翌朝のご来光。

ここは、テントにいながらにして、ご来光が望める。



2015-0905 (10)


朝日を浴びる、烏帽子岳。その奥は、五色が原。


2015-0905 (13)


裏銀座の三つ岳


2015-0905 (14)


野口五郎岳


2015-0905 (15)


水晶岳


2015-0905 (16)


ワリモ岳と鷲羽岳



2015-0905 (17)


右から、黒部五郎岳と三俣蓮華岳



2015-0905 (18)


双六岳


2015-0905 (19)



笠が岳


2015-0905 (20)


中岳、大喰岳、槍ヶ岳


2015-0905 (21)


東を見ると、雲海の向こうに、浅間山が見える。



2015-0905 (23)


ワリモの谷だ。


2015-0905 (24)


さて、いよいよ、表銀座の縦走に出る。


2015-0905 (26)


振り返ると、立山と剱岳。


2015-0905 (28)



目指す大天井岳。大きい。


2015-0905 (29)




2015-0905 (33)


遠く、穂高連峰。


2015-0905 (34)


振り返る、燕山荘。。



2015-0905 (36)


蛙岩



2015-0905 (37)




2015-0905 (40)

富士山と甲斐駒


2015-0905 (42)




2015-0905 (43)




2015-0905 (44)




2015-0905 (46)




2015-0905 (48)




2015-0905 (59)




2015-0905 (58)




2015-0905 (60)




2015-0905 (63)




2015-0905 (65)




2015-0905 (67)




2015-0905 (63)




2015-0905 (69)




2015-0905 (71)




2015-0905 (77)


喜作新道開拓の小林喜作。


2015-0905 (83)


だいぶ歩いてきた。


2015-0905 (86)




2015-0905 (88)




2015-0905 (89)



大天井岳への最後の登り。


2015-0905 (91)




2015-0905 (94)


大天荘前に到着。



2015-0905 (95)


槍ヶ岳が近くなった。



2015-0905 (96)


上高地も見えている。


2015-0905 (100)


オレンジをいただく。


2015-0905 (102)




2015-0905 (105)




2015-0905 (106)




2015-0905 (113)




2015-0905 (115)


高瀬ダムだ。


2015-0905 (116)



北鎌尾根の独標付近。荒々しい。


2015-0905 (111)


手前の硫黄尾根と、のびやかな西鎌尾根。



2015-0905 (114)



常念岳への稜線。


2015-0905 (120)



槍穂高連峰


2015-0905 (125)



後編へ、つづく、






関連記事

0 Comments

Leave a comment