-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2015

新緑の雲取山・今年も~仲良しご夫婦二組の邂逅~

五月も半ば過ぎの奥秩父は、新緑がまぶしいくらいに美しい季節。

昨年も、唐松谷から富田新道を歩き、輝く緑に感動の一日を過ごした。

あの時は、日帰りながら、ブログ仲間たちのテント泊集会にお邪魔したのだった。

さてもことしも行こうかなと計画していたところ、FBでお知り合いのご夫婦を同行することに。

お酒大好きな、仲良しのご夫婦。

西武線が便利の良いご夫婦とは、拝島駅で待ち合わせ。

同乗いただいて、一路、奥多摩街道から青梅街道を日原へ向かう。青空のきれいな朝だ。

さて、日原の奥、八丁橋の少し先のゲートに、工事車両のお邪魔にならないように車を置き、林道歩きからスタート。


2015-0523tomitashindo (1)




2015-0523tomitashindo (2)



林道をじりじりと登って、一時間、大ダワ林道(崩壊中)から、富田新道への下り道の分岐に到着。

こちら、池袋界隈がテリトリーのKさんご夫婦。

お酒と山の好きな、仲良しご夫婦。

2015-0523tomitashindo (3)


が、しかし。。。

なんと、唐松谷は通れないとのこと。気にしないで行くこともあるのだが、日付がついこの間。

おまけに、今日は同行者あり。

富田新道ピストンに変更だ…



2015-0523tomitashindo (4)




2015-0523tomitashindo (7)





2015-0523tomitashindo (8)




2015-0523tomitashindo (9)





2015-0523tomitashindo (10)



唐松谷の分岐。同じように、通行止めの表示。

残念だが、止めておこう。



2015-0523tomitashindo (14)


2015-0523tomitashindo (16)






ここの登りはかなりの斜度。尾根に登りつくまでは、じっくり行く。


2015-0523tomitashindo (20)1





2015-0523tomitashindo (21)



トラバースなど繰り返し、尾根に登りつく。

と、例のカリスマブロガーのraymariさん、今日は三峰から雲取に日帰りとお聞きしていたが、無線でつながったよ。

会えればいいね、程度だったが、なんか、本当にお会いできそうな気配。

事前に、三峰からの道の様子を聞かれ、きつい、展望がないと言ったのだが、そんなことないよー・・っとのこと。

えーーっ、そうだったっけ・・・だってきつかったけどなあ。展望は和名倉山しか覚えていないだけなのかな。。

二度とも夏だし、霞んでいたんではないかな、、といいわけ汗

ちなみに、二度目に三峰から登った時は・・
http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-1004.html

http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-1005.html


読み返したら、両神山が見えている写真を紹介しているよ・・自分で。。。いいかげんなやつだな、俺って(滝汗)

でもね、真夏は暑いから、きついよ(苦)


2015-0523tomitashindo (22)




2015-0523tomitashindo (25)




休憩中。

ときどき、rayさんと交信しつつ、進行状況を把握する。こちらの方が頂上に遅れて着くみたい。


2015-0523tomitashindo (28)1





2015-0523tomitashindo (31)



2015-0523tomitashindo (32)1




富田新道上部は、本当に気持ちのよいところ。

このまましばらく行けば、最後にぐっと登って、ブナ坂の上に出るはず。


2015-0523tomitashindo (34)




でた、主稜線。視界が一気に広がる。今日は春霞っぽい。



2015-0523tomitashindo (35)



正面に、どーんと、飛龍山。


2015-0523tomitashindo (37)



ここで失態。。

富田新道から上がってきたのは初めてなのだが、ブナ坂を上がってきた感覚で、巻き道に入ってしまったのだ。。

富田新道より上で巻き道に入るという事は、頂上を巻くという事なのに。。

それでは頂上にいけないじゃん。雲取り山荘に行っちゃう。

と、かなり行ってから気づく。。。ほとんど頂上の真東あたり・・・・・

同行のご夫婦の冷たい視線(笑)を避けて、引き返す。

ここで、raymariさんに頂上先行されました。。。。


気を取り直し、頂上へ。



2015-0523tomitashindo (38)

バッタリ、成功。ランチの途中にお邪魔することに。

お酒大好きご夫婦のお引き合わせとなった。

こんな風にお会いする形になるとは、考えていなかったので。


2015-0523tomitashindo (39)1



同行ご夫婦のランチ。



2015-0523tomitashindo (39)3


raymariさんは長丁場の三峰の下山なので、そろそろ降りられます。

無線でつながりながら、頂上で出会えるのは、新鮮な感じ。

お気をつけて。


2015-0523tomitashindo (40)


頂上のトイレが新しくなっていた。



2015-0523tomitashindo (42)



お別れしてから、山梨側の頂上へ。



2015-0523tomitashindo (51)



ブナ坂の向こうに、鷹ノ巣山、かすんでいる、大岳山、御前山。左は本仁田山。


2015-0523tomitashindo (43)


ブナ坂の向こうに、三頭山。


2015-0523tomitashindo (45)


小金沢連嶺の雁腹摺山が見えている。


2015-0523tomitashindo (46)


三頭山のアップ


2015-0523tomitashindo (48)


本仁田山


2015-0523tomitashindo (52)



富田新道を下ります。



2015-0523tomitashindo (54)




2015-0523tomitashindo (56)



どんどん下って、唐松谷分岐まで来ました。


2015-0523tomitashindo (57)


吊橋が見えれば、下りはもう終わり。

足痛いね。


2015-0523tomitashindo (59)


西日を浴びて、林道を戻る。

こちらからの雲取山へのアプローチ。

静かで、少し林道歩きが長いが、この季節、特に新緑を楽しむには、いいコースだ。

同行いただいたご夫婦に、大変喜んでもらえたのが、まず成功という事で。


2015-0523tomitashindo (62)



2015-0523tomitashindo (63)


ゲートに帰着。

自転車の人がいたね。




2015-0523tomitashindo (64)


心地よい下山。


車で、ご夫婦を奥多摩駅にお送りし、ミッション終了。

梅雨の訪れ前の清々しい季節の山の、幸福な終わり方。

同行のK夫妻、そしていつもいつものraymariさんにはお世話になりました。

raimariさんのレポです。
http://ameblo.jp/ray-mari/entry-12030743055.html

http://ameblo.jp/ray-mari/entry-12030945241.html

http://ameblo.jp/ray-mari/entry-12031330551.html






関連記事

- 2 Comments

devilman  

mariさんへ

新緑のきれいな、五月半ばでしたね。昨年は、五月末。この時期に登る雲取山は、みどりが輝いていて、ほんとにきれいですよね。

そよな中で無線が繋がって、ついには、お会いできるなんて、なんか。かっこよくないですかあ?

また、来年も!

2015/10/24 (Sat) 01:11 | EDIT | REPLY |   

mari  

No title

これって五月半ばでしたっけ?
ちょうどダイエット始めたころだ~(笑)
違う尾根を登って山頂で会うのって新鮮ですね。
おまけに無線もつながったし。

富田新道は最近登ってないのでまた歩きたいな。
でも登山口までが長いのが難点です。

2015/10/23 (Fri) 12:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。