16 2015

拍子抜けの、「残雪」の南アルプス、無雪期だった北沢峠・甲斐駒 その①

三月のの北沢峠から仙丈岳は、それなりに積雪期幕営だったが、その続きで甲斐駒に登ろうと、この連休企画をしたところ、

なんのことはない、雪はなかった…



伊那谷からのアプローチ。仙丈岳が大きく見える。

2015-0502-04kitazawa-toge (1)


4月から歌宿までのバスが開通している。乗らせていただく。

3月は戸台川から歩いたが、これだと北沢峠まではいかないが、歩行1時間半で済むらしい。

そもそも戸台川を歩くことから考えたら、楽だろうが、普段北沢峠までバスのつもりの人にはつらいだろう。

発想の問題だ。

連休なので、それなりに混んでいる。


2015-0502-04kitazawa-toge (5)




2015-0502-04kitazawa-toge (6)


スーパー林道(この呼び方がすでに古いが)をバスで揺られて、歌宿に着く。かなり高度は上がっているので、峠まではそれほどきついないのだろう。

正面に、鋸岳の荒々しい姿が間近だ。



2015-0502-04kitazawa-toge (7)




2015-0502-04kitazawa-toge (8)


けっこうあたたかい。


2015-0502-04kitazawa-toge (10)


あそこを歩いたのかな。下に河原が見えている。



2015-0502-04kitazawa-toge (12)




2015-0502-04kitazawa-toge (13)




2015-0502-04kitazawa-toge (18)


鋸岳の稜線。


2015-0502-04kitazawa-toge (27)


こちらは、仙丈岳への馬の背の稜線。



2015-0502-04kitazawa-toge (31)


少し歩いていると、名古屋の仲間たちに追いつく。こいのぼりを掲げて登っている。


2015-0502-04kitazawa-toge (37)




2015-0502-04kitazawa-toge (43)


ほぼ、一時間半で、北沢峠に登りつく。

すでに小屋の関係者によっても除雪がされているので、その上にテントを張った、厚い雪は、なくなっている。


2015-0502-04kitazawa-toge (47)


まずは、テント場まで行き、設営。


2015-0502-04kitazawa-toge (51)


小仙丈が、ここからは、高く望める。結構な賑わいだ。


2015-0502-04kitazawa-toge (53)


名古屋の四人組の皆さんは、早速酒盛りだそうです。。

ひとり、軽荷で出かける。栗沢の頭に行ってみようかと。

仙水峠に向かうが、いきなりの橋で、雪に阻まれる。

が、それも最初に三歩だけ。


2015-0502-04kitazawa-toge (54)




2015-0502-04kitazawa-toge (57)




2015-0502-04kitazawa-toge (62)




2015-0502-04kitazawa-toge (67)



2015-0502-04kitazawa-toge (71)




2015-0502-04kitazawa-toge (75)




2015-0502-04kitazawa-toge (81)


仙水小屋をすぎ、仙水峠に近づくと、おなじみの大岩ごろごろの斜面となる。

振り返ると、展望が開けるところだ。



2015-0502-04kitazawa-toge (91)


仙丈岳だ。雪が少ないな。


2015-0502-04kitazawa-toge (94)




2015-0502-04kitazawa-toge (95)




2015-0502-04kitazawa-toge (106)


甲斐駒の摩利支天も、目の前ででかい。



2015-0502-04kitazawa-toge (107)


仙水峠。


2015-0502-04kitazawa-toge (109)


鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクが見えている。


2015-0502-04kitazawa-toge (112)


東には、奥秩父。


2015-0502-04kitazawa-toge (114)


明日登ることになる、駒津峰から甲斐駒への稜線。


2015-0502-04kitazawa-toge (116)


さて、栗沢の頭へのルートは、雪に隠されてよくわからないので、とりあえず、急な雪壁を登りはじめる。辿るべき稜線は、間違いない。




2015-0502-04kitazawa-toge (123)




2015-0502-04kitazawa-toge (124)




2015-0502-04kitazawa-toge (132)




2015-0502-04kitazawa-toge (142)


だいぶ高く登って、振り返ると、駒津峰への急登が見えてくる。



2015-0502-04kitazawa-toge (141)




2015-0502-04kitazawa-toge (143)




2015-0502-04kitazawa-toge (150)


栗沢の頭、なかなかつかない。


2015-0502-04kitazawa-toge (151)


小太郎尾根の方かな。



2015-0502-04kitazawa-toge (155)


北沢峠から直接栗沢の頭へ登る稜線が隣に見えている。


2015-0502-04kitazawa-toge (158)


登山者がいるみたい。


2015-0502-04kitazawa-toge (165)


こちらも、もう一頑張りだ。


2015-0502-04kitazawa-toge (161)


到着。



2015-0502-04kitazawa-toge (196)


北岳から、塩見岳へ。



2015-0502-04kitazawa-toge (174)


北岳、ほぼ残雪という感じ。


2015-0502-04kitazawa-toge (172)


塩見岳は、優美だ。



2015-0502-04kitazawa-toge (173)


仙丈岳


2015-0502-04kitazawa-toge (175)




2015-0502-04kitazawa-toge (177)


アサヨ峰と、鳳凰三山



2015-0502-04kitazawa-toge (179)


地蔵と赤抜けの頭と観音岳。


2015-0502-04kitazawa-toge (181)


北側には、甲斐駒。すっかり、夏山だね。



2015-0502-04kitazawa-toge (182)


奥秩父。小川山から金峰山へ。


2015-0502-04kitazawa-toge (186)


見おろせば、スーパー林道が。



2015-0502-04kitazawa-toge (199)


下ります。北沢峠に直接おります。


2015-0502-04kitazawa-toge (205)


先行する登山者は訓練を行うようです。


2015-0502-04kitazawa-toge (210)




2015-0502-04kitazawa-toge (214)




2015-0502-04kitazawa-toge (221)



2015-0502-04kitazawa-toge (223)


降りてきました。



2015-0502-04kitazawa-toge (224)


もってきた、第三のビールで乾杯です。

名古屋の方々は、すっかりおやすみのようです。



2015-0502-04kitazawa-toge (225)


夕刻になり、名古屋の皆さんと夕餉の支度です。ご相伴にあずかります。

おいしそうな鍋ですね。こちらはまず、ソーセージを焼きます。



2015-0502-04kitazawa-toge (228)


次は、味噌に付けてきた豚肉を焼きます。


2015-0502-04kitazawa-toge (229)


名古屋の味噌仕立ての鍋が煮えたようです。



2015-0502-04kitazawa-toge (230)


これは、おいしかった。あっという間に平らげました。



2015-0502-04kitazawa-toge (231)


その後は、雑炊です。おなかいっぱいです。



2015-0502-04kitazawa-toge (232)


ごちそうさまでした。

名古屋組も、こちらも、甲斐駒です、明日は。

早く休みましょう。





関連記事

0 Comments

Leave a comment