30 2013

北八ヶ岳・深い雪のシャクナゲ尾根と、うって変わった高速道路のメジャールートその①。

八ヶ岳は、しばらくは東面から登ることにしている。


最近の登山ブーム、季節を問わず、というか、特に冬は、諏訪側からばかり人が登る。

北八ヶ岳ロープウエイにしても、唐沢鉱泉、渋の湯、そして美濃戸口。。

美濃戸山荘なんて、懐かしくて好きなんだけどな。冬と言えば八ヶ岳、そして美濃戸だったんだけれど。

今は騒がしすぎる。

で、東側と言えば、稲子湯、みどり池なんだけれど、結構人も多い。

そこで、またまた余計なことを考え、シャクナゲ尾根をトレースすることにした。

そして白駒池にテント泊。

という計画。ラッセル覚悟。


日程は三連休ながら、残念ながら、土曜日はホームパーティーへの招待があり、結婚飲んでしまった。

で、やっぱり起きられず、暗雲立ち込める。

時間が無くなるので、ノートレースなら、チャレンジせず、みどり池にテン泊でも仕方ない。

なんか、いつものコースになってしまうけれど。


松原湖入口から入っていくと、八ヶ岳の大展望が開けるところがある。

天狗岳、稲子岳、そしてにゅう、今日は風が強そうだ。

20131222-23yatsu (10)




20131222-23yatsu (14)


白樺尾根の入り口、ここからも登りたい。トレースはない。


20131222-23yatsu (15)


にゅうを正面に、唐沢橋を目指す。スタッドレスだけでは、けっこうやばい感じ。


20131222-23yatsu (16)


さすが三連休、唐沢橋の駐車場は満車状態。端っこに停める。


20131222-23yatsu (19)


シャクナゲ尾根は、ここからとりつく。


20131222-23yatsu (23)


トレースは少し。ただ、今日登った跡がある。

で、決行。


20131222-23yatsu (25)


テント泊なので、それなりに荷物は重い。


20131222-23yatsu (28)


天気はよいようだが、気温は低く、風が強い。


20131222-23yatsu (29)




20131222-23yatsu (33)


それなりにトレースのおかげでラッセルに苦しんでいる感じはないが、時間はかかっている。


20131222-23yatsu (37)


ルート表示は結構あり、迷うことはない。


20131222-23yatsu (42)


冬のシャクナゲ。


20131222-23yatsu (48)


わかんをつけることは考えなかったが、行きをかき分けという感じではある。

軽装の登山者とすれ違った。あとで気づいたが、新しいふみ跡は、この人のもので、引き返してきていたのだ。


20131222-23yatsu (50)




20131222-23yatsu (52)



ここで、新しいトレースは消えた。引き返していたのだ。


20131222-23yatsu (56)



こんな、おぼろげな踏み跡を追っていくこととなった。


20131222-23yatsu (57)




20131222-23yatsu (60)


厄介なのは、先週降った雪で枝が下がり、ストックでたたいて雪を落とすものの、何度も雪をかぶることとなった。

払い落とすのだが、繰り返していくうちに、着いた雪が凍りついていった。


ようやくたどり着いた、白樺尾根、にゅうの十字路。

白樺尾根以外には、一応トレースがある。ここまで辿ってきたうすいトレースは、

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-382652.html

先週の雪が降る前に、にゅうに行かれた方々のものだった。白駒池へは同様に薄いトレースはあったが、別の方のものだったらしい。


20131222-23yatsu (62)




20131222-23yatsu (64)




20131222-23yatsu (65)




20131222-23yatsu (67)


湿原に到達。木道になるところだが、これが一苦労。木道も見えていないが、探り当てないと、一気に潜る。

ストックで木道を探り、一歩一歩足を踏み出す。どんどん時間は経つ。


20131222-23yatsu (69)




20131222-23yatsu (71)


五時近くなって、ようやく白駒池周回路に出た。ホッとしたものの、テント場がある青苔荘へのトレースは、なし。

ここで、地図を確認し、白駒荘へのトレースを追えば、池を渡る踏み跡に導かれたと思われるが、そうは考えなかった。

池を渡るなど、氷が割れたらどうするんだ・・と思っていた。


20131222-23yatsu (73)


池の周回路は、基本が木道。探りつつ、踏み外しつつ、潜りながら、何とか前進するものの、暗くなってしまった。

暗い中、木道を森の中で探って前進するのもやっかい。

疲れてはいなかったし、寒さも感じなかったが、一時間ほどで剣ヶ峰分岐のあずまやを発見し、行動を中止した。

五時半過ぎ。まっくら。11時少し前からの行動は、夏時間の倍かかっている。

実は、あと二十分ほどで青苔荘だったのだが、あずまやの隅にテントを張ったのも、けっこう正解だった。

雪を踏み固める手間がいらなかったからね。

テントにポールを通し、それを外張りの中に装着したら終わり。凍りついたザックの雪を払い落とし、装備をテント内にひとつひとつ放り込んで夜を迎えた。

マナスルに火をともし、うどん、アルファ米の五目飯、そして熱燗の日本酒を飲んだ。

手袋を干し、中まで凍りついたスポーツ飲料のペットボトルをシュラフの中で抱え、また茶を沸かし、九時頃までなんとなく起きていた。



20131222-23yatsu (74)


そんなに寒くは感じず、結構よく眠れた。

明日はどうしようか、そのことをずっと考えていた。来た道を戻るのは勘弁。とにかく唐沢橋へ戻るには、みどり池経由しかないので、青苔荘まで行き、通年営業の小屋からはトレースがあるはずで、高見石、中山経由で行くしかない。

来た道を戻れるのなら、茶臼や縞枯で遊ぼうと思っていたが、そうもいかないみたいだから。もう会社は休みにしているので、食料あるし、もう一泊してもいいんだけれど。

明るくなってからラッセルしたいので、朝食の雑炊を食べてからも、しばらくのんびりとしていた。


20131222-23yatsu (78)



おはよう、白駒池の雪の世界。


20131222-23yatsu (80)


テントをかたずけた跡。



20131222-23yatsu (81)


朝のノートレースを、今日はワカンで行く。ストックで木道を探しつつ。快調に進む。


20131222-23yatsu (83)


20分ほどで、青苔荘のテント場が見えた。


20131222-23yatsu (87)




20131222-23yatsu (88)


ザックを下ろして、青苔荘の中に入る。お汁粉を注文。450円と、安い。。

おやじさんとは15年ぶりくらいだが、シャクナゲ尾根から来た、というと。無茶な、と言われてしまった。


20131222-23yatsu (93)


いきなり人が結構いたが、とにかくトレースがばっちりの道はすごい。別世界だ。

高速道路のようだ。


20131222-23yatsu (96)


あっという間に丸山分岐。


20131222-23yatsu (98)




20131222-23yatsu (109)


そして、高見石。



20131222-23yatsu (110)


ここで、買い替えたばかりのアイゼンに履きかえる。カジタックス。


20131222-23yatsu (111)


高見石はパス。


20131222-23yatsu (113)




20131222-23yatsu (116)


快適な道。雪山も、こういう道しか知らないと、勘違いするんだろうな。


20131222-23yatsu (120)




20131222-23yatsu (126)


小一時間で中山到着。なんて雪道って、楽で早いんだろう。ごろごろの岩だらけの夏道と大違い。

ラッセルさえなければ。。。雪山の勘違いはここから来るんだね。


20131222-23yatsu (132)




20131222-23yatsu (129)




20131222-23yatsu (136)


中山展望台到着。


20131222-23yatsu (144)



その②に続く。

関連記事

2 Comments

devilman  

目目連さんへ

お久しぶりですね。

マナスルはきちんと燃焼させれば、あまり臭くはありません。
ただ、今回プレヒートに使ったメタが良くなく、そのせいで目が痛かった。

コッヘルは、プリムスのです。ご飯の炊くのに深くていいのですが、長年使っているものに比べて随分重いんですよね。そこが欠点です。
普段は、この中に固形燃料も入れて、コンロをもたずに行くスタイルです。

2014/01/16 (Thu) 00:29 | EDIT | REPLY |   

目目連  

No title

devilmanさん

お久しぶりです。

おー。
マナスルですか。
テントの中だと臭くなりませんか?
コッヘルはEPIのチタンでしょうか?
ひそかに狙っているコッヘルです。
使い心地は良さそうですね。

2014/01/14 (Tue) 22:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment