-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23 2013

北アルプス・白出沢から西穂高へ~筋力の限界 その②奥穂へ。

九時頃就寝し、目が覚めたのは3時過ぎだった。

階下に降り、土間のテーブルで、湯を沸かし、ココアを飲んだ。

外に出てみると、満天の星。強い風。雪は大して積もっていない。



五時過ぎると、東の空が少しずつ赤くなりはじめる。

2013-10kita-alps (73)


小屋はすっかり起きだしている。


2013-10kita-alps (74)


浅間山の大きな山容が、シルエットで浮かび上がる。


2013-10kita-alps (75)


朝日は、ちょうどテーブル状の荒船山の少し右に上がってくる気配だ。


2013-10kita-alps (77)


浮かび上がる、八ヶ岳連峰のシルエット。


2013-10kita-alps (78)



ご来光。

2013-10kita-alps (79)


白く染まった涸沢の圏谷と、朝日に浴びようとする遠い山々の遠望。


2013-10kita-alps (80)




2013-10kita-alps (81)




2013-10kita-alps (82)




2013-10kita-alps (84)




2013-10kita-alps (85)




2013-10kita-alps (87)


穂高岳に、白い雪と、濃い青。


2013-10kita-alps (88)



冠雪の涸沢。

2013-10kita-alps (89)



山荘の裏に回り、登ってきた白出沢と笠が岳を見る。ものすごい寒風が吹きつける。

2013-10kita-alps (91)


涸沢岳の頂上には人の姿が。


2013-10kita-alps (93)

ジャンダルム。これから、あそこを踏む。


2013-10kita-alps (94)


朝日を浴びる、山荘と涸沢岳。


2013-10kita-alps (96)




2013-10kita-alps (98)




2013-10kita-alps (101)


昨日、白出沢を登った、山田さんとなおき君。


2013-10kita-alps (103)


西穂へ向かう二人。


2013-10kita-alps (104)


奥穂へと取り付き、振り返ってみる。


2013-10kita-alps (105)


向うに見えるのは、黒部五郎岳だ。


2013-10kita-alps (110)


涸沢岳と北穂高岳。


2013-10kita-alps (111)


北穂高岳の向こうには、後立山の山々が遠く見えている。

2013-10kita-alps (113)


薬師岳が大きな山容を見せ始める。


2013-10kita-alps (114)


高度を上げると、槍が、見えてきた。


2013-10kita-alps (115)


前穂北尾根の向こうに、松本の街と、八ヶ岳。


2013-10kita-alps (119)


涸沢岳の左に、黒い水晶岳。右の方には白く雪をかぶった立山も見える。


2013-10kita-alps (120)


奥穂の頂上が見えてきた。

2013-10kita-alps (122)


右の水晶岳から、薬師岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳。


2013-10kita-alps (121)


加賀の白山。

2013-10kita-alps (123)


笠が岳。


2013-10kita-alps (128)




2013-10kita-alps (130)




2013-10kita-alps (132)


奥穂高の頂上は、もうすぐ。


2013-10kita-alps (134)




2013-10kita-alps (135)




2013-10kita-alps (136)

頂上より、大観。


2013-10kita-alps (137)



ゆく手のジャンダルムにも、人影が。


2013-10kita-alps (139)


なおき君と山田さん

2013-10kita-alps (141)




2013-10kita-alps (142)




2013-10kita-alps (143)




2013-10kita-alps (145)


前穂からの吊尾根と、遠く八ヶ岳。


2013-10kita-alps (146)




2013-10kita-alps (147)


ゆく手の、馬の背、そしてジャンダルム。


2013-10kita-alps (148)





2013-10kita-alps (150)


山田さんは白出し沢を下るので、ここで別れる。

いよいよ、奥穂の頂上から、未踏の尾根に踏み込む。

関連記事

- 2 Comments

devilman  

俄歩人さんへ Re: この先、いよいよ核心部ですね

いや、体力勝負を痛感した縦走でした。
このような荒天なら、技術的には落ち着いていれば何も問題ないと思いますが、
とにかく、アップダウンのハードさは、よじるルートであるだけに、
なかなかのものです。
直後には当分来たくないという気分でしたが、
今は、また行きたくなっています。。。

2013/11/07 (Thu) 01:56 | EDIT | REPLY |   

俄歩人   

この先、いよいよ核心部ですね

 こんにちは
 馬の背・ロバの耳・ジャンダルム、ここから畳岩の頭~天狗の頭、そして
間天ノコルへの岩稜、逆層の難路のアップダウン!
私には とうとう未踏となってしまった西穂への縦走路です。
レポ、楽しみに待っております。

2013/11/06 (Wed) 13:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。