-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20 2013

雲取山・富田新道偵察

立て込んでいる今日この頃。。

でも、山は行きたい、雪は踏みたい。。

週末も、企画書作成など諸々あるが、それでも出かけるのだ。

ただし、途中で降りてこなくてはならない。いろいろ忙しいのだ。


何とか早出をして、東日原の駐車場に、暗いうちに着いた。準備をしているうちに、明るくなった。


2013-0217tomita (1)


鄙びた集落の奥に、稲村岩が大きい。


2013-0217tomita (2)





2013-0217tomita (3)


鷹ノ巣山への道は、左に急下りする道のようだ。


2013-0217tomita (4)  


鍾乳洞分岐。何か。懐かしいね。鍾乳洞は、20年くらい前に二回来た。


2013-0217tomita (5)


鍾乳洞分岐からゲート手前の八丁橋までは、道路が完全に凍結している。

どこから下りてきたのか、一人の登山者とすれ違う。やけに早い時間だ。


2013-0217tomita (6)


八丁橋。日原林道は、左へ八丁橋を渡る。駐車場で準備しているときに通過していった車が停まっている。

ただ、日原林道にトレースはなかった。


2013-0217tomita (7)


八丁橋を渡って少し行くと、右に、天祖山への分岐がある。少し前のトレースがある。


2013-0217tomita (8)




2013-0217tomita (9)


このころになって、ようやく稜線に朝日が当たりはじめる。


2013-0217tomita (10)




2013-0217tomita (11)


谷を行く林道には、まだまだ日は当たらない。


2013-0217tomita (12)




2013-0217tomita (13)


やっと、日の当たりはじめた林道。


2013-0217tomita (14)




2013-0217tomita (15)


太陽の光は、いいですね。


2013-0217tomita (16)




2013-0217tomita (17)


歩き出して2時間、ようやく、唐松谷への下降路が分岐する。


2013-0217tomita (18)




2013-0217tomita (19)





2013-0217tomita (20)


ちょっと一服。


2013-0217tomita (22)


雪の様子では、このところこちらを通った人はいないみたいだ。


2013-0217tomita (21)


このトラバース、振り返ってみると、何の変哲もないが、分厚い落ち葉で、足元が全く定まらないうえに、

急斜面が数十メートル下の谷に落ち込んでいて、ちょっと気持ち悪かった。


2013-0217tomita (23)


狭い谷に降りると、吊り橋がある。


2013-0217tomita (24)


吊橋の上に積もった雪の上には、ウサギの足跡だけ。


2013-0217tomita (25)


吊橋を渡ってすぐ、右に折れて急に登るところ。アイゼンをつける。


2013-0217tomita (26)




2013-0217tomita (27)




2013-0217tomita (28)




2013-0217tomita (29)

唐松谷の分岐。


2013-0217tomita (30)


動物の足跡がたくさんある。でも、人の通った後は見えない。


2013-0217tomita (31)


深いところで脛、だいたいはくるぶしくらいには潜る。


2013-0217tomita (32)




2013-0217tomita (33)


一度、落ち葉の上に続く雪にひっぱられ、ルートを外したら、早めに尾根にのってしまい、

膝までのラッセルをして10分ほどロス。



2013-0217tomita (34)


いいお天気だと思っていたら、雲が広がり、寒々とした風景になってきた。登行意欲が萎えてくるな。

右端は、川苔山だろう。


2013-0217tomita (35)


ジグザグに登り、尾根に出た。曇り空に寒風が吹く。

ここで降りることにする。10時15分。


2013-0217tomita (36)




2013-0217tomita (37)


下りは速い。


2013-0217tomita (38)




2013-0217tomita (39)




2013-0217tomita (40)


唐松谷は、氷と雪で、寒々としている。日陰の谷は、寒い。


2013-0217tomita (41)






2013-0217tomita (42)




2013-0217tomita (43)




2013-0217tomita (44)


登りなので気にならないが、分厚い落ち葉の下に、また雪の層があり、これで二重に足元が不安定になる。


2013-0217tomita (45)


林道に上がり、昼食にした。



2013-0217tomita (46)


ラ王、袋めん。


2013-0217tomita (47)




2013-0217tomita (48)




2013-0217tomita (49)


カモシカ。


2013-0217tomita (50)


なんだか、降りてきたら、晴れてきた。月も見える。


2013-0217tomita (51)


ポリタンクを二つ抱えた男性とすれ違ったが、山に登る風ではなかった。どこか清水でも汲むのか。。


2013-0217tomita (52)


八丁橋を渡ると、またまた凍結道路。


2013-0217tomita (53)


今回は、こんなスパイクを履いてみた。


2013-0217tomita (54)


日向ぼっこのような道を、稲村岩の見える日原の集落に戻る。


2013-0217tomita (55)


日の光をいっぱいに浴びる、日原の街。


2013-0217tomita (56)


鷹ノ巣山の方から、一人、登山者が下山してきた。

それ以外に、人影はなく、しずかな山と、静かな里だった。


2013-0217tomita (57)


また、来よう。


2013-0217tomita (58)


帰途の途中、花粉をいっぱい抱えた杉の森が。。。。。


2013-0217tomita (59)


こんな季節になってきましたね。


青梅マラソンで通行規制があったが、予定通り、夕方には帰宅できた。






関連記事

- 16 Comments

devilman  

ノラの小走りさんへ Re: ご無沙汰しております☆

いやいや、最近はいろいろと事情があり、また出かけられない日々が続いています。
それに、花粉。。。いや、いよいよ始まりましたね。
やれやれです。

お嬢さんのお元気にはついていけませんので、こちらはのんびりやりますよ。

2013/03/02 (Sat) 23:03 | EDIT | REPLY |   

ノラの小走り  

ご無沙汰しております☆

さすがはdevilmanさん、いつもアクティブですね!

私どもはまるで冬眠状態のようで・・・
devilmanさんのリアリティーあふれるレポを拝見して、勝手に登った気分を味合わせていただきました(笑)

寒々しかった林道に陽が差し始めた画像は、見ているだけでもホッとなごむようです(^_^)

吊り橋は、結構な高さがあるように見受けられましたが・・・?
ビビリの私だったら渡れないかも(^_^;)

動物たちは縦横無尽に雪山をかけまわってるんですね~

それにしても杉の木立・・・
ブキミな色ですね(笑)
我が家は夫が重度の花粉症なので、ますます山からは遠のいてしまいそうです(泣)

2013/03/02 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

奥多摩へ奥秩父も、人の集まるコースは決まっているので、
それを外せば、静かなものです。
八ヶ岳も同じかも。
それでも以前よりはたまに人がいますけどね。

こちらももろもろあり、なかなか行けませんし、
テン泊で行きたいのに、かなり難しい状況で、
去年と同様、焦ってきました。

ウサギもカモシカも鹿も、下手すりゃ鳥たちも、人と同じで
あちこち歩いていますね。雪の上はそれがわかるから楽しいですね。

山ラー、ブルさんとは違い、なんにも入っていないので。。(汗)

2013/02/24 (Sun) 11:54 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

この時期の奥多摩はいいですね。
静かでのんびりできます。
雪の感触を楽しめるのもあとちょっと
ですが、なかなか山に行けず悶々と
しています。来週も行けそうにないので
雪、なくなりそうです。

吊り橋をうさぎも渡るんですね。
山ラー、美味しそう・・・

2013/02/24 (Sun) 10:44 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ Re: 若き日の歩きを回顧する

コメントありがとうございます。
なかなか時間を工面できず、欲求不満のまま季節を終わりそうな気がしています。
ただ、同じ方面に通うのも楽しいな、と思い始めていますので、
しばらく圏央道使用で青梅に通い続けるかもしれませんね。

俄歩人さんも、暖かくなりましたら、少しずつでも山歩きを続けられれば、と思います。
どうかお気をつけて。

2013/02/23 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

俄歩人   

若き日の歩きを回顧する

 devilmanさん ご無沙汰しておりました。
寸暇を見つけてこのところ奥多摩や奥秩父をよく歩かれていらっしゃいますね。
メジャールートを全て踏破されてからのバリエーションの線引きも楽しそう・・・。
北へそして高みへと心は動くのですが、かっての己を振り返りながら楽しませて
いただいています。

2013/02/23 (Sat) 11:10 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ぷもりんさんへ

雪山を歩くには、いい季節になってきましたね。
もうすぐ、冬型も緩み、晴天が多くなってきます。
ぜひ、またどこかを歩いてくださいね。
こちらは公私ともにやたらと多忙で、こんなプチ山行しかできないので、
ストレスたまるばかりです。

人の来ない山の楽しみは、こうした雪の上を縦横に走り回る、動物たちの足跡です。
静かに足跡を見ていると、彼らの想いが浮かんだりします。

2013/02/23 (Sat) 09:45 | EDIT | REPLY |   

devilman  

つる姫さんへ Re: 雪踏み

この時期の山から下りてくると、日に日にスギの雄花が膨らんで、山全体の色が変わって切るのを目の当たりにします。いやーーー、ですねぇ・・
早春から春真っ盛りまで、本当にいい季節なのに、マスクの生活なんて。。
おまけに大好きな沈丁花の香りがかげないんですよ。。

あまり人の来ない雪の山を歩くのは、緊張もしますが、落ち着きのある山旅ができます。

2013/02/23 (Sat) 09:42 | EDIT | REPLY |   

ぷもりん  

No title

ウサギの足跡 可愛いですね♪
梅と花粉の便りが同時に届く今日この頃。(;^_^A
春は待ち遠しいけど もう一度雪の上を歩きたいな~。
それが無理なら春のアルプスか立山かなーなんて
目標だけは持ち続けています(o^∇^o)

2013/02/22 (Fri) 23:05 | EDIT | REPLY |   

つる姫  

雪踏み

devilmanさん こんにちはv-22

奥深い静かな山歩きの様子が伝わってきます。
雪の上の足跡が動物だけって 自然が深いですね!
ひなびた町並みのすぐそこに迫る山並み、なんか時がゆっくり過ぎている感じです。
それにしても杉の木の色付き方、なんだか鼻がムズムズしそう(笑)
私は幸い花粉症ではありませんが、息子が真っ最中で毎日ティッシュ鼻に詰め込んでいますv-393

2013/02/22 (Fri) 10:44 | EDIT | REPLY |   

devilman  

K'sさんへ

お気遣いありがとう。

山は息抜きです。

ほんと、日が射すと世界が変わりますね。
太陽があって、命があるみたいな、ね。

2013/02/21 (Thu) 03:19 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

もうすぐ一年ですね。
また行きたいですね。山ガールにも会いたいですね。

今度の日曜日は、同じ東日原から、今度は頂上狙いで鷹ノ巣山に行こうかと。

2013/02/21 (Thu) 03:18 | EDIT | REPLY |   

devilman  

mariさんへ

この時期だからかな、二時間の林道歩きは苦になりませんでした。
荷物も軽いしね。

今回は雪がなくても、頂上往復は結構時間かかるので、まあ最初から引き返す予定でした。
仕事満載で、早く帰らなきゃ、でしたしね。
でも、泊まり覚悟で雪の時期にまた行ってみたいですね。
静かな山、動物の気配がたくさんで、それもまたいいです。

ラ王、まだ二回目です。でも、「正麺」の方がいいかな。

2013/02/21 (Thu) 03:17 | EDIT | REPLY |   

K’s  

No title

太陽のありがたさって格別だよね
日が射すだけで ほっとするし 暖かさが違う
ハードな日々みたいだけど
健康には充分気を使いながら山行してくださいね^^

2013/02/21 (Thu) 01:10 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

結構 雪が ありますね
 今度の 日曜日は 山へ 行きたいけどな~~
   どうするかな~~
昨日 八ヶ岳の 日本一高い 露店風呂と山小屋を 放映してましたね
 いきたいな~~と あれから もうそろそろ 一年ですね

2013/02/20 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

mari  

No title

富田新道までは林道歩きが長いですね。
何を考えたのか、初めての雲取山、山荘お泊りが富田新道でした。
その時はrayがコース決めたのです。なんで鴨沢からにしなかったんだろう(笑)
重いザック(今にしたらなんのことないんですけど 笑)を背負って辛いな~と思いました。

オマケに鹿に出会って見ているうちに吊り橋に下る分岐を見落としてしまい1時間以上のロス(笑)
今となっては良い思い出ですけどね~。

ここは普段でもあまり登山者いないので雪があるとなおさらですね。

ラ王のお味はいかがでした?
私はちょっと飽きてきました(爆)

2013/02/20 (Wed) 06:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。