-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 2013

厳冬の金峰山とワインのおもてなし~富士見平テント泊 その②

寒風が吹き抜ける金峰山の頂上といっても、五丈岩から最高点まで結構広い中を歩き回っていましたが、

座って昼食をとる状態でもなく、バッテリーが低温で持たず、セルフ撮影もできないので、

次第に開ける展望を、下山しながら楽しむことにして、降りることにしました。


富士見平に同じくテントを張って、昨晩ワインをご一緒した方が登ってこられるのが見えます。

201301kinpu (79)


少しずつ、遠望が利くようになってきました。

甲府盆地の向こうに、左に大菩薩と小金沢連嶺、その向こうに、丹沢が見えています。

正面の遠い、丸い山は、御正体山のようです。


201301kinpu (80)


大菩薩と小金沢連嶺と、その向こうに丹沢山地。


201301kinpu (81)


八ヶ岳は、少し見えている裾野が広がってきましたが、相変わらず上の方は雪雲の中です。

右の瑞牆山と、手前に辿ってきた稜線、大日岩などがはっきり見えていますね。


201301kinpu (82)


正面、雲の下にかろうじて、御座山が顔を出したようです。

去年の正月、一人で頂上直下の避難小屋に泊まって、寒かったなあ。。


201301kinpu (83)


下山方向を見ると、茅が岳の山群ですね。


201301kinpu (84)


手前、大日岩と、瑞牆山。

201301kinpu (85)


降りてきた頂上を振り返ります。


201301kinpu (86)


もう青空バックです。


201301kinpu (87)


ようやく、いい感じになってきました。


201301kinpu (88)


富士山。。。その姿は、多少雲があっても、比類なきものですね。


201301kinpu (89)




201301kinpu (90)



201301kinpu (91)




201301kinpu (92)




201301kinpu (93)


見ていると、頂上の上も青空が広がってきます。


201301kinpu (94)




201301kinpu (95)






201301kinpu (96)




201301kinpu (97)




201301kinpu (98)



砂払ノ頭です。展望は見納め。森林帯に入ります。


201301kinpu (100)


樹林帯を下っていくと、木の間ごしに瑞牆山が見えます。


201301kinpu (101)


八丁平分岐まで来ました。大日岩です。てっぺんに登れるらしいですね。

登ればよかった。


201301kinpu (102)


大日岩より、飯森山の向こうに、雪雲渦巻く八ヶ岳。


201301kinpu (103)


大日岩を見上げる。

201301kinpu (104)





201301kinpu (105)


大日小屋の前の広場です。テント場としてはいいところのようです。


201301kinpu (106)



201301kinpu (114)





201301kinpu (107)




201301kinpu (108)



201301kinpu (113)


大日小屋まで、降りてきてみました。


201301kinpu (109)


毛布が備えてあり、ゴザ敷きです。一人だと寒々しいけれど、グループで来れば楽しいかもしれませんね。

いずれにしても、富士見平小屋で素泊まり料を払います。


201301kinpu (110)


結構広いですね。


201301kinpu (111)


小屋前のテント場から大日岩を見上げる。

厳しい稜線から下りてきた後の、この穏やかな日射しの中の時間が大好きです。


201301kinpu (112)



201301kinpu (115)


これ以降も凍結している道なので、登りでは大日小屋までアイゼンをつけませんでしたが、下りではつけたまま行きます。



201301kinpu (117)




201301kinpu (116)


けっこう何人も、登っていく人とすれ違いました。お昼少し前です。今朝瑞牆山荘について登りはじめた人たちでしょうか。

金峰山小屋に泊まるということかな。


201301kinpu (118)




201301kinpu (119)




201301kinpu (120)




201301kinpu (121)




201301kinpu (122)


甲府盆地ごしの南アルプスは、すっかり雪雲の中。



201301kinpu (123)


富士見平小屋も近い。明るく、暖かい雰囲気の道です。


201301kinpu (124)




201301kinpu (125)




201301kinpu (126)


やはり、南斜面は良いですね。


201301kinpu (127)


テントに荷を置き、小屋でコーヒーをいただきます。ホッとしますね。ここでレーションの昼食をとりました。

この季節でなければ、フルーツティーなどもメニューにあり、いただきたいところです。


201301kinpu (128)


日射しはあると言っても、気温は低く、風も冷たいのですが、撤収しなくてはなりません。

凍った地面に打ち込んだペグを抜くのに、テルモスの湯をかけてやっと抜くという状態。

けっこう苦労。


201301kinpu (129)


少し人が登ってきて、数人の人たちが三々五々、休憩しており、昨日に比べたら、賑やかかな。

テントを張る人もいたり。

のんびり準備して、小屋にあいさつし、下ります。

ノーアイゼンで出ましたが、凍結を避けていると手間がかかるので、アイゼンをつけなおし、

林道を横切るまで付けたまま降りました。


201301kinpu (130)





201301kinpu (131)




201301kinpu (132)




201301kinpu (133)




201301kinpu (134)


まるで、春山の下山のようです。


201301kinpu (135)




201301kinpu (136)




201301kinpu (137)


こういう、明るい疎林が好きだな。


201301kinpu (138)


あの赤リボンが、駐車場への分岐の目印。


201301kinpu (139)


駐車場到着。車は相変わらず、ガラガラ。


201301kinpu (140)


全部着かえて、帰途につきます。

金山平で、車を降り、振り返ります。

瑞牆山も金峰山も、よく見えています。

明日からは天気いいかもしれないですね。




201301kinpu (141)




201301kinpu (142)




201301kinpu (143)


とりあえず、お正月山、達成です。山登り的には少し物足りなさがありますが、

山生活的には、いろいろと出会いもあり、楽しい時を過ごせ、大満足でした。

〇小屋のあるじ・こあるじ(ご主人と奥様)から、テント泊にもかかわらず歓待され、たっぷりお話聞けたこと。

〇その際にご一緒したご夫婦が、大学の同窓(後で判明)で、地元の話題で楽しめたこと。

〇金峰山から下りてきて、富士見平であいさつした休憩中の登山者が、ヤマレコでコメント交換したこと
   のある方(後で判明)だったこと。


ブログやFACEBOOK、Twitter(最近やりませんが)、ヤマレコなど、SNSの類のおかげでいろいろな出会いが演出され、楽しいことも多くなってきました。


さて、本格的な雪山は、どこにしましょうか。










関連記事

- 22 Comments

devilman  

msさんへ Re: 楽しい山行でした

コメントありがとうございます。
本当に、あの小屋でのひと時は、楽しく心地よいものでしたね。
あのような歓待を受けるとは思いませんでしたし、程よい少人数だったおかげで、
とても和やかで温かい雰囲気でした。
ありがとうございました。

こちらのブログは、今では山のレポートと化しています。
同じハンドルネームでヤマレコにも、毎回ではないですが、
レポートを上げていますので、御笑覧ください。

そうですね、八ヶ岳も密かに積雪期の全山縦走をたくらんでいますが、
そんなに休暇は取れそうにないですね。
二回に分けてやってみたいな、とは思っています。
あとは、甲斐駒あたりに行きたいなとも思っています。

msさんも、どうかお気をつけて、楽しんでください。

2013/01/10 (Thu) 02:53 | EDIT | REPLY |   

ms  

楽しい山行でした

先日、小屋でひと時を一緒に過ごさせてもらいました。
ありがとうございました。
写真をこまめに撮影されていて、楽しく読ませていただきました。
小屋での歓待は、予想外でびっくりしました。
また、どこかでお会いできるかも。
今年の冬は、私は、八ヶ岳方面に数回行こうと考えております。

2013/01/09 (Wed) 10:49 | EDIT | REPLY |   

devilman  

damerabbitさんへ

まだこの辺りの積雪は大したことなく、本格的な冬山はこれからです。
そしてこれからは山も静かに、そして深さを増す時期です。
なかなか行ける状況でもありませんが、
なんとか工面して、挑戦しようかな、と思っています。
そして三月末に、春山も楽しみたいですね。

2013/01/09 (Wed) 00:17 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ Re: 素敵な雪山ソロでした

俄歩人さん、今年もよろしくお願いします。

25年前の夏に登って以来のこのコースですが、当時は久しぶりの山で
足が攣り、千代の吹き上げあたりで動けなくなり、やっとこさ巻き道で
まだかまぼこ型だった金峰山小屋にたどり着いて泊まったことを思い出します。
ですから、頂上への直登は初めてでした。

富士見平小屋の歴史は、今のあるじが来る人来る人に丁寧に語ってくれます。
とてもユニークな方ですが、やさしく、熱い方でした。
小屋のホームページにも、写真を載せていただいたので、よかったらご覧ください。

もう幾度か、雪山に挑戦しようかな、と思っています。

2013/01/09 (Wed) 00:10 | EDIT | REPLY |   

damerabbit  

devilman さん

お疲れ様でした。
充分 冬山 堪能させていただきました。
ありがとうございます。
また よろしくお願いいたしますね~♪

2013/01/08 (Tue) 22:31 | EDIT | REPLY |   

俄歩人   

素敵な雪山ソロでした

 こんにちは devilmanさん
 砂払ノ頭から千代の吹上げを経て五丈岩へのハイマツの海は
無雪期の私の好きなルートのひとつでしたが、積雪期もやはり美しいですね。
もっと雪煙があがっているのでは と想像していましたが。
恒例のセルフタイマーによる山頂ポートレイトが撮れなかったのがちょっと残念。

 暗い歴史を引きずる富士見平小屋、devilmanさんの今回のレポで
訪れる方が増えそうな予感がします。
今年最初の雪山レポ、楽しませていただきました。

 

2013/01/08 (Tue) 10:20 | EDIT | REPLY |   

devilman  

rikulikuさんへ Re: どこかで偶然お会いできるのを楽しみにしています

お気をつけて、でもどんどん登ってくださいね。
冬山に慣れるには、雪が来てから奥多摩の山々に登られたり、
大菩薩あたりを歩かれるのが良いかな、と思いますよ。

また、どこかでお会いしそうですね。

2013/01/08 (Tue) 01:26 | EDIT | REPLY |   

devilman  

K'sさんへ

いやあ、正月過ぎの天気は悪すぎですね。
日本海の低気圧が二つ玉になっていて、遭難の出るパターンでしたから、
八ヶ岳や南アルプスは避けて、もう少し関東よりの金峰山にしました。
おかげで少しはいい思いしましたけど、
八ヶ岳あたりに行っていたら、大変だったかもです。

お正月休みは夏休みと違って、時期がずらせないから、
みんな無理するのかもね。

2013/01/08 (Tue) 01:19 | EDIT | REPLY |   

rikuliku  

どこかで偶然お会いできるのを楽しみにしています

ヤマレコのrikulikuです。
ブログでも書いてくださり、ありがとうございます!

冬山は夏山と注意するポイントが異なり、難しいですね。
初心者向けの山から練習していきます。

またどこかでお会いできるのを楽しみにしています!(^^)!

2013/01/07 (Mon) 13:03 | EDIT | REPLY |   

K’s  

No title

雪山はやっぱ美しいね
こんなお天気ならいいけど 遭難多すぎですよね・・・
気をつけて 山行してくださいね

2013/01/07 (Mon) 01:40 | EDIT | REPLY |   

devilman  

あゆみ工房さんへ Re: 明けましておめでとうございます

お久しぶりです。いつもおいしそうなケーキや手間をかけた洋菓子を見せていただき、大変刺激的です。
ありがとうございます。今年もよろしくお願いしますね。

今年の冬はとても厳しそうですが、また楽しみたいと思います。
ぜひ、あゆみ工房さんも時間を工面し、お出かけくださいね。

2013/01/07 (Mon) 00:59 | EDIT | REPLY |   

あゆみ工房  

明けましておめでとうございます

久し振りにコメントさせていただきます。
ご容赦下さいm(__)m

美味しいそうなおせちや、にゃんこ達から一転。。。
新年から行かれてますね~。 さすがdeviimanさん!
今年も、楽しませていただきます。

よろしくお願いいたします。

2013/01/07 (Mon) 00:33 | EDIT | REPLY |   

devilman  

mariさんへ

今年も、どうかよろしくお願いしますね。
今年の目標は、どこかで偶然raymariさんと遭遇すること、です。
「偶然」ですよ。。。お導きがあれば大丈夫ではないですかね。

富士見平小屋、すっかり気に入りました。
野口五郎に次いで、人に会いに行きたい山が増えましたね。

雪山シーズンですが、厳冬期、特に今年は厳しさが一段と増しているみたいですね。
冬の低山、陽だまりハイクも魅力的ですし、厳しい雪山も捨てがたいです。
厳しい山を下りた後に、陽だまりハイクに行くのが、好きです。

今年もまた、ブログに期待しています。
よろしくお願いいたします。

2013/01/06 (Sun) 23:28 | EDIT | REPLY |   

devilman  

へろへろさんへ Re: お久しぶりで・・・ 明けましておめでとうございました♪

明けましておめでとうございます。
お久しぶりですね。
雪山も、いろいろあるので、いいですよ。
厳しいのもあれば、お手軽なのもあるし。きれいですしね。
無雪期より歩きやすくなるコースも多いですし。

夏のブナ立ですか・・昨年二度登った経験からすると、意外に
楽なのではないかと思いますよ。だいたい、道がいい。
4時間切って登らなくったって、いいじゃないですかっ。
僕は夏のテント装備では5時間かけてますしね。

お天気のいい時に、のんびりマイペースで楽しいでくださいね。
また、会えたらいいですね。

今年もよろしくね。

2013/01/06 (Sun) 23:22 | EDIT | REPLY |   

へろへろお登り  

お久しぶりで・・・ 明けましておめでとうございました♪

雪山ですねぇ♪

11月の立山で、3時半頃小屋の窓からパーティが出発するのを見てました。
雪灯りのなか、一歩一歩登って行く姿に「これが雪山なんだ」と目が離せませんでした。
雄山でご来光なのかな、一ノ越に下りるのかな。
こんな寒いなかを登っていくなんて私にはできないな、と思ったものです。
だけどとても綺麗なんですよね!?
雪山は憧れます。(憧れだけです、13キロも担げないので(涙))

ま、その前に「夏のブナ立」なんですが。
何とか4時間切って上って野口五郎まで余裕で行かないと、その後の水晶で挫けて下りてしまうかもしれません。
泣きの下山は二度としたくないので。
今は頑張って低山で足鍛えてます。
今年もどうぞ、山を楽しんでくださいね♪

2013/01/06 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

ここは、雪が多くないわりに風が強く、凍り付くことが多いので、
アイゼンワークなど、八ヶ岳より冬山技術が必要とされるような気がします。
ただ、樹林帯から森林限界より上の稜線も長くなく、アプローチも短いし、
小屋もあるので、初心者が手軽に冬山の厳しさを学ぶのによいとも言うようです。

もちろん、ブルさんなら大丈夫と思いますよ。

2013/01/06 (Sun) 21:39 | EDIT | REPLY |   

mari  

No title

改めましてあけましておめでとうござます。
今年もよろしくお願いします~♪

富士見平小屋は秋にお世話になり、珍しくコーヒーもいただきました(笑)
昔の暗い小屋のイメージから一新して小屋のご主人も感じの良い人でこれからは訪れる人も増えるでしょうね~。

それにしても景色は素晴らしいけど寒そうです(笑)
お正月が明けて千葉に戻ってからは外に出るのも億劫なほど寒いです。
これでは低山歩きもできませんね^_^;

2013/01/06 (Sun) 18:14 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

冬の金峰山、美しいですね。
限られた人しか入ることの許されない世界です。
早く雪山ハイキングに行きたいです。
温かい山小屋っていいですね。

2013/01/06 (Sun) 17:18 | EDIT | REPLY |   

devilman  

伯苑さんへ

伯苑さん、今年もよろしく、監督。
監督はお任せしますよ。

くまさんのピザはまた食べたいよね。

2013/01/06 (Sun) 15:13 | EDIT | REPLY |   

devilman  

タジさんへ

タジさん、今年もよろしく。

タジさんたちと登ったのは、春山で、同じ雪山でも温かく穏やかですが、
この時期の山は厳冬期で、本当に寒いです。マジで。
1月~2月の山と3月~4月の山は、全然違うのです。

手袋も、外したら凍傷の危険があり、薄いインナーグローブと防風の本格的な手袋の二重にして、
カメラを扱うのも外さないでやります。

こんな時期に山に行くのは相当な物好きですよ。

こういうのじゃなくて、楽しくて安全な山で楽しんでくださいね。



2013/01/06 (Sun) 15:12 | EDIT | REPLY |   

伯苑  

No title

遅まきですが
明けましておめでとうございます^^
初登山清々しい山々の冬景色いいわね
今年もたくさんの素晴らしい景色を
楽しみにしていますね
今度はデビさん監督にしますので
また芋煮会開催希望^^( ´艸`)ムププ

暖かいコーヒーに
ばらジャムが美味しそうです^^
沢山の素敵な出会いのあるいい年で
ありますように^^

2013/01/06 (Sun) 14:44 | EDIT | REPLY |   

タジ  

No title

わぁ~~見てるだけで寒い!^_^;
devilmanさん凄いなぁ・・・・

でも去年雪の天狗岳を体験して
現場に居ると見てるより寒くない事を実感できました(^O^)
あの登山は一生忘れられない登山と成ってます
有難う御座いました。

2013/01/06 (Sun) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。