20 2012

二週連ちゃんの奥多摩も三山縦走ならず その②~御前山へは到達

御岳の苑地駐車場に車を置き、一番電車と一番バスで深山橋からムロクボ尾根を辿って三頭山に登頂後、

御前山へ向けて縦走を始め、月夜見山近くまできた。

奥多摩周遊道路の上を歩き、ふと巻き道に入ったところ、月夜見山の西斜面をグルっと巻いてしまった。

そのふみ跡とて、どんどん薄くなり、あーあ、と思いながら、月夜見山から西に延びる、

ただっ広い尾根に上がってきた。

仕方ないので、五万分の一地図を確認後、月夜見山の頂上に戻った。


あがってきた、ただっ広い尾根に、月夜見第一駐車場へのひろい道がある。

2012-1216 Mito-Gozen (92)



月夜見山の頂上へ向かう。

2012-1216 Mito-Gozen (93)


月夜見山山頂

20121216Tsukiyomi yama topx


下ってくると、月夜見第二駐車場より先の舗装道路に出る。戻らなければならない。

舗装道路をそのまま来ればよかったのに。失敗。。。

2012-1216 Mito-Gozen (94)


第二駐車場。ここから、小河内峠、御前山へのまた山に入る。

2012-1216 Mito-Gozen (95)



温かくなった午後、嫌なのは、霜柱が融けて、道がゆるゆるになっていることだ。スリップにめちゃくちゃ神経を遣う。


2012-1216 Mito-Gozen (96)


防火帯のような、植林と落葉樹の間の広い、緩やかな道を行く。


2012-1216 Mito-Gozen (97)


ここは、巻いても、稜線を辿っても一緒だ。


2012-1216 Mito-Gozen (98)


巻き道と稜線どおしの合流。日射しが低くなってきつつある。


2012-1216 Mito-Gozen (99)


南面や西面の巻き道は、これ以上ないくらい、明るく暖かい雰囲気だ。


2012-1216 Mito-Gozen1 (01)



西日に、遠く丹沢や陣馬山の方面、そして浅間嶺の尾根が見える。


2012-1216 Mito-Gozen1 (02)



小河内峠に着く。


2012-1216 Mito-Gozen1 (04)


北には、石尾根。


2012-1216 Mito-Gozen1 (05)


小広いが、南側が植林で、日が当たらない。


2012-1216 Mito-Gozen1 (06)




2012-1216 Mito-Gozen1 (07)


すっかり午後の遅い感じがする。奥多摩湖が下に。


2012-1216 Mito-Gozen1 (08)


こんな広い、明るい尾根を、惣岳山へと登っていく道は、なかなか気持ちのよいものだ。


2012-1216 Mito-Gozen1 (09)




2012-1216 Mito-Gozen1 (10)




2012-1216 Mito-Gozen1 (11)




2012-1216 Mito-Gozen1 (12)




2012-1216 Mito-Gozen1 (13)


頂上近く、登ってきた尾根を振り返る。


2012-1216 Mito-Gozen1 (14)



惣岳山頂上。この広い広場は、融けた霜柱で、ドロドロ。



2012-1216 Mito-Gozen1 (15)


前方に見える御前山から、カップルの登山者が降りてきた。

月夜見山で年配の夫婦に出会って以来のここまで人には会わなかった。


2012-1216 Mito-Gozen1 (16)






2012-1216 Mito-Gozen1 (17)




2012-1216 Mito-Gozen1 (18)


御前山手前の展望台から、北の眺め。手前、石尾根が奥多摩駅に落ち込んでいく。

遠くは酉谷山から蕎麦粒山への稜線。


2012-1216 Mito-Gozen1 (19)

左に蕎麦粒山、右に川苔山。その間にのぞく白い峰は、日光白根山の方向。


2012-1216 Mito-Gozen1 (20)


御前山への最後の道。

2012-1216 Mito-Gozen1 (22)


頂上間近に、富士山の大展望が。


2012-1216 Mito-Gozen1 (23)




2012-1216 Mito-Gozen1 (24)


御前山頂上に到着。14時50分着。広くて、ぬかるんでいる。


2012-1216 Mito-Gozen1 (25)


鋸山の方から、ベテラン女性の登山者が、と思ったら、惣岳山の方からも、バリバリの女性登山家風の方が

追い付いてきた。聞くと、三頭山が11時だという。こちらが三頭山を出たのは、10時少し前だから、

一時間を詰められたわけだ。



20121216Gozen yama topx


バリバリの女性登山家風の方は、暗くなるか、ぎりぎりだけど、と言って、鋸山経由で奥多摩駅への下山路に向かわれた。

御岳を目指したそうだが、あきらめて下られるとのこと。

こちらも日暮れとの競争になりそうだ。避難小屋経由で栃寄沢へと下ることにする。


2012-1216 Mito-Gozen1 (27)


なんか、別荘風の避難小屋。こんなガラス戸じゃ泊まりにくいな。


2012-1216 Mito-Gozen1 (28)


行けなかった大岳山が見える。こんなに間近だ。次は必ず。


2012-1216 Mito-Gozen1 (29)




2012-1216 Mito-Gozen1 (30)




2012-1216 Mito-Gozen1 (31)




2012-1216 Mito-Gozen1 (32)




2012-1216 Mito-Gozen1 (33)




2012-1216 Mito-Gozen1 (34)


40分ほどで、体験の森のあずまやに出たので、ベンチで休憩し、湯を沸かした。

熱々のココアをテルモスに満タンにし、残った湯で味噌汁を。


2012-1216 Mito-Gozen1 (35)


熱々の味噌汁。うまい。


2012-1216 Mito-Gozen1 (36)


ここから、さらに沢道を下る。ここで暗くなったら面倒だ。急ぐ、急ぐ。



2012-1216 Mito-Gozen1 (37)




2012-1216 Mito-Gozen1 (38)


20分と少しで、登山口に出た。もうすぐ日が沈む。舗装道路をバス通りへ下る。


2012-1216 Mito-Gozen1 (39)


バス通り近く、見上げると、雲一つない薄暮の空に、細い月が上がっている。

いいお天気の一日だった。

2012-1216 Mito-Gozen1 (40)


バス通りに、境橋で出ると、すぐ橋詰トンネルがある。


2012-1216 Mito-Gozen1 (41)


トンネルを抜けたところに、橋詰のバス停。10分くらい待つとバスが来るので、ここで待つ。



2012-1216 Mito-Gozen1 (42)


バスに乗ったら、ほんの7-8分で奥多摩駅に着いた。


2012-1216 Mito-Gozen1 (43)


電車には、まばらに登山者の姿も。一人、御嶽駅で降りる。


2012-1216 Mito-Gozen1 (44)


さあ、駐車場へ。長い一日だったような、あっけないような。


2012-1216 Mito-Gozen1 (45)


一日、奥多摩の主稜線を歩いた。冬枯れの稜線、おおむね、静かな山旅ができたけれど、大岳山へ、次の機会を考えよう。






関連記事

4 Comments

devilman  

ブルさんへ

一部を除くと、この稜線はやはり静かです。
御岳から大岳山のピストン、都民の森から三頭山ピストン
これ以外は、やはり、あまり人とは会いません。
季節のせいかもしれませんが、雪が積もったら、
余計の人影は少なくなるはずです。
そして雪がしまったら、ずっと、ずっと歩きやすくなります。
期待できますね。

2012/12/23 (Sun) 22:39 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

奥多摩三山、まだ御前山は未踏ですが
静かで良さそうですね。泥濘より雪の
方が歩きやすそうなので、雪が降るのを
待ったほうがいいですかね。
1日で三山縦走はきついですね。私には
できそうもありません。

2012/12/23 (Sun) 08:29 | EDIT | REPLY |   

devilman  

mariさんへ Re: おはようございます~♪

奥多摩も、こんなに天気よくても、ほんの一部を除いたら、人が全然いないですね。
三頭山と鞘口峠の間で少し賑やかだっただけですね。

冬の陽だまりハイク、今回は長く足を延ばすのが目的でしたが、のんびりお茶飲んだりしながら歩くのも、またやってみたいですね。
特に、厳しい雪山に行った後に、こういう雪のない冬の陽だまりハイクするのが、大好きです。

そう考えとる、千葉の山なんか、いいですよねぇ。眺めよさそうだし。
mariさんたちのレポ見ると、風さえなければ、って感じでしょうか。

2012/12/22 (Sat) 21:34 | EDIT | REPLY |   

mari  

おはようございます~♪

長い一日でしたね。
最近は宴会目的や低山ばかりなのでこういうレポを見るとやられたな~って感じがします(笑)
落葉と霜が溶けてどろどろになった道はすっごい不得意で疲れます。
それを長距離歩かれたのだからほんとお疲れ様でした。

御前山からの下りは同じ道を歩いたことあります。
奥多摩湖から登って境橋に下りバスで奥多摩湖に戻るはずが、
奥多摩昔道で戻ろうってことになってめちゃくちゃ疲れた嫌な思い出が・・・(笑)
あの時はカタクリの時期だったので人もわんさかいましたけど、初冬の静かな山いいですね♪
ただし、落葉と霜解けのどろどろは勘弁です(笑)

今週はリベンジですか~♪
うちは登りおさめ、また千葉に行ってきます(^^)/

2012/12/21 (Fri) 05:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment