06 2012

紅葉・大混雑の谷川岳 その② 燃える紅葉の下山は、人波かき分け

(ちなみに、混雑を表現しようとした数枚を除いて、かなりの努力をして、人が写りこむのを最小限にして撮っています。)


オキの耳の頂上で昼食をとっているうちに、続々と登ってくる人たちで、頂上付近は大混雑に。


周囲はどんどん晴れて、展望は広がってきます。

北を眺めると、すぐ近くに鳥居が見えます。行ってみよう。

20121021tanigawa (90)


眼を右に降ると、上越のマッターホルン、大源太山がとんがった山容を見せています。


20121021tanigawa (91)


トマの耳には、たくさんの人が登っているようです。



20121021tanigawa (92)


のびやかな稜線が続いています。


20121021tanigawa (93)


鳥居の近くにやってきました。


20121021tanigawa (94)




20121021tanigawa (95)




20121021tanigawa (96)




20121021tanigawa (97)




20121021tanigawa (98)




20121021tanigawa (105)



右に一ノ倉岳と、左に芝倉岳。


20121021tanigawa (99)


一ノ倉岳と、そこから東に落ち込む、一ノ倉沢。


20121021tanigawa (100)


どこがどこかあまりさだかには分からないが、覗き込む、この辺り一ノ倉沢の詰めは、それぞれ有名な岩壁なのだろう。


20121021tanigawa (101)




20121021tanigawa (102)




20121021tanigawa (103)


そして、目の前には、白毛門、笠が岳、朝日岳が雄大な姿を見せている。



20121021tanigawa (104)


オキの耳からオジカ沢の頭への稜線。


20121021tanigawa (106)


万太郎谷に落ちていく山のひだ。


20121021tanigawa (108)


万太郎山、平標山への稜線。


20121021tanigawa (109)




20121021tanigawa (110)


斜面を覆った、笹の葉が日の光を反射して。。


20121021tanigawa (111)




20121021tanigawa (112)


トマの耳へ戻ろうとするが、行き交う人々で渋滞気味。



20121021tanigawa (114)

トマの耳近くに来て、オキの耳を振り返る。


20121021tanigawa (115)


賑わう、トマの耳頂上。


20121021tanigawa (116)


すっかり良いお天気になった。

列をなして登ってくる人々に、肩の小屋も大賑わいか。


20121021tanigawa (117)




20121021tanigawa (119)


そんなことより、稜線はおおらか。


20121021tanigawa (120)


頂上への最後の階段を、みんな登ってくる。


20121021tanigawa (122)


ザンゲ岩。たむろしていたのは、街のどこにでもいそうな若い人たち。

山ガールたちではない。



20121021tanigawa (123)




20121021tanigawa (124)




20121021tanigawa (125)


西への稜線、辿ってみたい。


20121021tanigawa (126)


お母さんに背負われた幼子。こんな光景、たくさん見た。

20121021tanigawa (127)




20121021tanigawa (128)


ちっちゃな子が登ってくる。こんな子もたくさんいた。


20121021tanigawa (131)


天狗のたまり場まで下ってきた。


20121021tanigawa (132)




20121021tanigawa (133)


暑いくらいの日射し。色づいた山肌。そりゃ、人も来るわけだ。



20121021tanigawa (134)




20121021tanigawa (136)




20121021tanigawa (137)




20121021tanigawa (138)


まさしく、観光登山。みんな楽しい思いしているに違いない。こんな天気なのだ。


20121021tanigawa (139)




20121021tanigawa (140)




20121021tanigawa (141)




20121021tanigawa (143)




20121021tanigawa (144)




20121021tanigawa (145)




20121021tanigawa (147)


熊穴沢避難小屋の屋根が見える。


20121021tanigawa (148)




20121021tanigawa (149)




20121021tanigawa (150)




20121021tanigawa (152)




20121021tanigawa (154)


本当、青空に燃える紅葉が良く似合う。


20121021tanigawa (156)




20121021tanigawa (159)




20121021tanigawa (162)




20121021tanigawa (163)




20121021tanigawa (164)




20121021tanigawa (166)


熊穴沢避難小屋。とてもとどまっていられない。


20121021tanigawa (167)


西黒尾根の向こうに、白毛門から笠が岳、朝日岳が。あちらも、さぞやいい日だろうに。


20121021tanigawa (169)




20121021tanigawa (171)

だいぶ降りてきましたねぇ。


20121021tanigawa (172)




20121021tanigawa (173)




20121021tanigawa (176)




20121021tanigawa (178)




20121021tanigawa (180)


燃える木々の葉、青い空、穏やかなお天気、そしてお散歩道。


ここは、「魔の山」谷川岳ではないのだろうか。

高尾山なのか。丹沢の大山なのか。

天候の急変で有名な本州背稜の、それも谷川岳のはずだが。


いずれにしても、お早いお帰りになりそうだ。。。めちゃくちゃ、歩きたりない感じ。

つづく。


関連記事

4 Comments

devilman  

ろくろくさんへ Re: なるほど。登山渋滞ですね

あんまり山ガールはいなかったですよ。

それより、普通の街のギャルとかはたくさんいましたよ。

2012/11/08 (Thu) 17:32 | EDIT | REPLY |   

ろくろく  

なるほど。登山渋滞ですね

登山で渋滞って、なるほど、確かにすごい人ですねぇ。
山ガールもたくさんいそうで♪
ウチもまた山登りしてみようかなぁ。
って、高尾山ばかりだけど。
いい眺め。堪能できました♪

2012/11/08 (Thu) 09:39 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

青空と紅葉は、確かに素晴らしいものでした。

ここが「魔の山」谷川岳でなかったら、、、
那須や北八つ、箱根や高尾さんならいいのです。
でも、ここは谷川岳。

ちょっと驚きです。
ロープウエイってそういうものなんですね。

2012/11/08 (Thu) 00:59 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

それにしてもすごい人ですね。
もう行かないという気持ちになりますね。
でも、紅葉の美しさは絶品ですね。

2012/11/07 (Wed) 19:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment