-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 2012

これが北八ヶ岳か その①・・激登りと激下りの繰り返し、そして人ごみ。

今回は、偵察という名目で、北八ヶ岳の主要部分を一日で周回してしまう計画です。

実は、高校時代の冬山で天狗岳に登って以来、結構八ヶ岳には来ているのですが、麦草峠以北に足を踏み入れたことがない。

北八ヶ岳を知らない。

見た感じ、南は男性的な山容で、北八つは女性的ななだらかな山と言われるし、北八つと言えば森林逍遥と言われるので、ついイメージを持ちがちだが。。

考えてみれば、高見石から天狗岳へ向かう際の、中山の登りから想像しできたはずかもしれない。

ごろごろの石と、ぬかるみ、そしてまっすぐな急登。


ロープウェイでやってくる観光客がいっぱいの北横岳を除けば、茶臼山、縞枯山、雨池山、三ツ岳、いずれも、編笠山級の、「なんだこれ!!」というまっすぐな大きな石ごろごろの急登ばかり。

全山縦走の下見であったけれど、これはきつそうだ。




同行予定だった、先日の野口五郎でも一緒だったB平くんが、直前になって腰痛で不参加となり、テントを一人用に入れ替え、食料をパッキングしなおし、床に入ったが・・・

朝になると、屋根を打つ雨音に、出る気が失せる。

天気予報を確認すると、晴れるらしい。

で、のそのそ準備し、結局9時過ぎてやっと出発。

関越から上信越道、車も多い。連休だからな。

下仁田ICで出て、内山トンネル経由で佐久に出て、R299を白駒池に向かうが、案の定、白駒池駐車場に並ぶ車の列の渋滞につかまる。

係員の指示を受けて列を外れ、先に行き、麦草峠の公共駐車場まできたが、ここもいっぱいだ。

ダメもとで駐車場に入ってみると、なんと、ちょうど出る車が!!

ラッキー、とばかり、入れ代わりに停めさせていただいた。


s-2012-10kitayatsu (1)




s-2012-10kitayatsu (2)x



準備して、テント背負って歩き出す。今日は高見石にテントを張るだけだ。

白駒池でもいいけれど、ご来光をあわよくば見たいのと、程度問題だが、混雑を考えて、高見石にした。

もうお昼過ぎ。


s-2012-10kitayatsu (3)




s-2012-10kitayatsu (4)


白駒池への遊歩道へは観光客らしき人たちもいたけれど、丸山へ登る道へは、人は来ない。

色づいた木々の葉と、茶臼山が青空に映える。


s-2012-10kitayatsu (5)


いきなり、八ヶ岳の森の登りとなる。


s-2012-10kitayatsu (6)




s-2012-10kitayatsu (7)




s-2012-10kitayatsu (8)




s-2012-10kitayatsu (9)


のんびり登ったら、丸山頂上へは一時間かかった。それなりに登山者もいるし、観光客風も登ってきている。


maruyama.jpg


賽の河原経由、渋の湯への分岐。記憶もさだかではないころ、ここを渋の湯に下っていったことがある。

雪の頃だったな。その頃にはこの指導標も、こんなではなかったのかもしれない。


s-2012-10kitayatsu (21)




s-2012-10kitayatsu (11)


わあーお、ごった返す、13時過ぎの高見石小屋前。思い思いに昼ごはんらしい。


s-2012-10kitayatsu (12)




s-2012-10kitayatsu (14)


昼休憩の人たちが立ち去った後、テントを立ち上げる。後で気づいたが、まともに張れる、最後の場所だったようだ。

このテント場は、大きな石がごろごろ埋まっており、テントの敷地を平らに確保できるのは、せいぜい5-6張分しかない。


s-2012-10kitayatsu (13)


午後のティータイム。今回は、固形燃料を持ってきた。


s-2012-10kitayatsu (15)

降りそうにもないから、「にゅう」あたりに散歩しようかと思わなくもなかったが、眠くなってしまい、

シュラフに入って、夕方まで寝入ってしまった。

日暮れ時、やっと起きだして、高見石に登ってみた。白駒池を見る。


s-2012-10kitayatsu (16)




s-2012-10kitayatsu (17)




s-2012-10kitayatsu (18)




s-2012-10kitayatsu (19)


夕暮れのテント場。テントは張れて、この程度だ。6張。この後、五時過ぎに縦走とおぼした大きな荷物の親子が到着したが、仕方なく、石ごろごろのところに張っていた。小学生の女の子を連れた、山慣れた感じのお母さんだ。
翌日、二回ほど言葉を交わしたが、小学六年生の娘さんと、編笠山から双子池までの縦走とのこと。
このコースをよく頑張るな、と感心する。


s-2012-10kitayatsu (20)




s-2012-10kitayatsu (22)


夕食は、味噌とみりんにつけてきた豚肉を焼いた。本当は、同行予定のB平くんの分もあるので二人前。


s-2012-10kitayatsu (23)


焼肉ライス。


s-2012-10kitayatsu (24)


さて、寒くなってきたので、かなり重ね着をしてシュラフにもぐりこみ、結構よく寝た。

そして五時半ころ、起きだして高見石に登る。

薄暮の浅間山。


s-2012-10kitayatsu (25)


朝の白駒池。


s-2012-10kitayatsu (26)




s-2012-10kitayatsu (27)




s-2012-10kitayatsu (28)


上越の山々。


s-2012-10kitayatsu (29)




s-2012-10kitayatsu (30)




s-2012-10kitayatsu (31)




s-2012-10kitayatsu (32)




s-2012-10kitayatsu (33)


さて、撤収し、行動開始。

白駒池方向へ下る。


s-2012-10kitayatsu (34)


国道に出ずに、麦草峠への遊歩道に入る。


s-2012-10kitayatsu (35)


霜が降りている。


s-2012-10kitayatsu (36)




s-2012-10kitayatsu (37)




s-2012-10kitayatsu (38)


霜で、車が真っ白だった。


s-2012-10kitayatsu (39)x


テントなど宿泊用具を出し、サブザックにパッキングのし直し、軽くなった荷で出発。



s-2012-10kitayatsu (40)




s-2012-10kitayatsu (41)


大石峠


s-2012-10kitayatsu (42)




s-2012-10kitayatsu (43)




s-2012-10kitayatsu (44)


茶臼山への途中、露岩に出て、展望が開ける。八ヶ岳の南が見える。天狗岳の双耳峰。


s-2012-10kitayatsu (45)


中央アルプス方面だ。


s-2012-10kitayatsu (46)


南アルプスの、左から北岳、甲斐駒、仙丈岳。


s-2012-10kitayatsu (47)


茶臼山と縞枯山。


s-2012-10kitayatsu (48)


茶臼山への、まっすぐな急登。テンポ良く、どんどん登る。


s-2012-10kitayatsu (49)


茶臼山山頂は樹林の中。西に2-3分で展望台へ。


s-2012-10kitayatsu (50)


茶臼山展望台。


s-2012-10kitayatsu (51)


八ヶ岳の南部分と南アルプス。


s-2012-10kitayatsu (52)


中央アルプス。

s-2012-10kitayatsu (53)



木曽御嶽山

s-2012-10kitayatsu (54)


天狗岳双耳峰の後ろに硫黄岳、そして最高峰の赤岳、阿弥陀岳。


s-2012-10kitayatsu (55)


北アルプスの槍穂高連峰。

s-2012-10kitayatsu (56)


乗鞍岳から右に稜線。。焼岳は見えているのかな。


s-2012-10kitayatsu (57)


蓼科山と、遠く、北アルプスの北部。


s-2012-10kitayatsu (58)


北八ヶ岳の全体。なだらかに見えるよねぇ~。


s-2012-10kitayatsu (59)




s-2012-10kitayatsu (60)


茶臼山の下りを振り返る。まっすぐに、ドーンと下っていく。


s-2012-10kitayatsu (61)


茶臼山と縞枯山の鞍部から、縞枯山の展望台を見上げる。


s-2012-10kitayatsu (62)


縞枯山へも、ドーンと登っていく。


s-2012-10kitayatsu (63)




s-2012-10kitayatsu (64)


茶臼山を振り返る。


s-2012-10kitayatsu (65)




s-2012-10kitayatsu (66)




s-2012-10kitayatsu (67)


奥秩父方面。

s-2012-10kitayatsu (68)


御座山。

s-2012-10kitayatsu (69)




s-2012-10kitayatsu (70)




s-2012-10kitayatsu (71)




s-2012-10kitayatsu (72)


縞枯山山頂。


s-2012-10kitayatsu (73)



ぬかるみが多いから、泥だらけだ。


s-2012-10kitayatsu (74)



shimagareyamax.jpg


これまた、縞枯山の、直滑降。すごい、まっすぐな急登。


s-2012-10kitayatsu (75)


雨池峠近く。北横岳と三ツ岳。


s-2012-10kitayatsu (76)




s-2012-10kitayatsu (77)


雨池峠にて。ここへはロープウェイ駅から、平地歩きで20分ほどだろうか。

マタニティの女性がカメラ下げてサンボしていた。


s-2012-10kitayatsu (78)


雨池峠から雨池山の登りに取りつく。これまでにも増して、ほとんど垂直に感じる登りだ。

編笠山どころではない。


s-2012-10kitayatsu (79)


消えそうな、雨池山の看板。


s-2012-10kitayatsu (80)




s-2012-10kitayatsu (81)


三ツ岳の登りに取りつく。


s-2012-10kitayatsu (82)


三ツ岳のコース、高見石がいくつも重なった感じだ。大岩を乗り越えて歩いていく感じ。重荷ではきつそうだ。


s-2012-10kitayatsu (83)


向こうは、北横岳。


s-2012-10kitayatsu (84)




s-2012-10kitayatsu (85)




s-2012-10kitayatsu (86)




s-2012-10kitayatsu (87)


北横岳と、北横岳ヒュッテが見える。


s-2012-10kitayatsu (88)

ロープウェイ駅も。


s-2012-10kitayatsu (89)


三ツ岳頂上。



s-2012-10kitayatsu (90)




s-2012-10kitayatsu (91)


三ツ岳頂上を振り返って見上げる。


s-2012-10kitayatsu (92)


坪庭分岐まできた。ここまでくると、ロープウエイであがってきた人波と合流することになる。

すごい人人。。


s-2012-10kitayatsu (93)


人ごみをかき分けて、北横岳に登り、坪庭に降りて雨池峠に戻った後は、雨池方面に降りて、林道を麦草峠へ戻る予定だ。

それは、次回。。




関連記事

- 18 Comments

devilman  

ノラの小走りさんへ

お久しぶりです。
お嬢さんもお元気そうですね。

白駒池周辺は、僕も子供たちを初めてテント泊に連れて行ったところです。
最初は小2と保育所の年中さんでした。大雨でテントも洪水寸前、それでも大はしゃぎの一晩でした。

高見石が展望効かないとは残念でしたね。
子供たちに展望を見せてあげたのは、高見石が最初でした。
あそこから登ってきたね、と白駒池を見せられたので、いい思い出になったかと。
もう大学生と高校生ですから、昔の話になってしまいました。

八ヶ岳は手軽に行けるので、またいらしてくださいね。

2012/10/15 (Mon) 23:54 | EDIT | REPLY |   

ノラの小走り  

No title

こんにちは☆

我が家も7月半ばに北八ヶ岳登りました。
懐かしいな~なんて思いながらdevilmanさんのブログを拝見させていただきましたv-290

といっても我々親子は、「麦草峠」~「丸山」~「高見石小屋」~「高見石」~「白駒池」~「奥庭」~「麦草峠」という超・お手軽なルートだったので、devilmanさんのコースとはケタ違いにしょぼいですが・・・

高見石はムスメが大騒ぎして登ったわりに、展望ほとんどゼロで悲しかったですv-406
白駒池はあんな風に見えたんですね~~~

駐車場や小屋が混んでたというのと、ぬかるみで泥だらけになったのだけは同じです(笑)

それにしても、茶臼山の展望は素晴らしいですねv-354
縞枯山の山頂は、白く立ち枯れた木々が、独特な雰囲気ですね~・・・
三ツ岳・・・あんな大岩を登らないと登頂できないんですかv-363v-361
恐ろしすぎます(笑)

2012/10/14 (Sun) 08:18 | EDIT | REPLY |   

devilman  

伯苑さんへ

朝の画や夕日の画は、そのものより、コントラストのある絵の方がいいし、
それに人を映しこむと、その思いも感じられて、表現が豊かになりますよね。

> (ノ´▽`)ノオオオオッ♪美しい朝
> 影絵のような一枚が素敵(人´∀`).☆.。素敵.:*・°

2012/10/13 (Sat) 13:52 | EDIT | REPLY |   

伯苑  

No title

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪美しい朝
影絵のような一枚が素敵(人´∀`).☆.。素敵.:*・°

2012/10/13 (Sat) 01:05 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

腰はだいぶ悪いですか・・
御仕事柄ということもあるのかな。。
無理できないのはつらいですけれど、
早く山に行けるといいですね。

八ヶ岳、登山者だけでも混んでるのに、
観光客にいるところに行っちゃダメですよね。。

2012/10/10 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   

devilman  

aiさんへ

白駒池やロープウエイのあたりは、はっきり言って、観光地ですよね。
それに登山者が混じるから、大混雑です。
普段なら絶対行かないんですけど・・・

焼肉ライスは、直前まで同行者が予定されていたからで、
自分一人だったらこんなもの持っていきませんよね。
真夏はだめでしょうけれど、入山日に食べるのなら、
味噌漬けにしたり、軽く炒めておいたりすれば、お肉は大丈夫みたいです。
7月の時は、ペットボトルの水を凍らせ、クーラーバックにお肉と一緒に入れて持っていきました。
融けた水は飲料となりますし。

食も凝ると山は楽しくなりますが、一人ではそれもむなしいですよ。

2012/10/10 (Wed) 22:46 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

おんなじ様なコースの周遊ですね。
直登や直滑降の連続で、結構お疲れだったと思います。
それに、白駒池の付近は観光地ですからね。

にゅうや天狗岳、天気いいといいですね。
紅葉も、進んできて、見ごろかと思います。
写真、楽しみにしていますね。

2012/10/10 (Wed) 22:42 | EDIT | REPLY |   

devilman  

TONOさんへ

TONOさん姫さんは権現でしたよね。
編笠山や青年小屋も、結構人気のスポットとは思いますが、
北八つか、赤岳鉱泉周りに比べればまだ静かな方なのでしょうね。

おっしゃるとおり、編笠山でも経験しましたが、
八ヶ岳は、雪の季節の方がはるかに楽です。ラッセルにならない限りは、アイゼンで走るように歩けますからね。

2012/10/10 (Wed) 22:40 | EDIT | REPLY |   

devilman  

コメントありがとう Re: No title

山の紅葉は、今年はいいみたいですよ。
人が多いのは、限られた人気の地域だけだと思いますけどね。
八ヶ岳は特にそんなところです。
普段だったら、絶対来ないんだけどね。偵察なので。

> 今年は 秋の訪れが遅いと感じていましたが 山では霜が降り 紅葉もすすんでいるのですね 薄暮れの浅間いいですね それにしても 人が多いのでびっくりしました

2012/10/10 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

devilman  

mariさんへ

コメントありがとうございます。
この時期に八ヶ岳なんて、普通だったら絶対近づかないんですが・・
同行予定があったこと、下見の必要があったことで、
寄りによって行ってしまいました。

北八つ、やはり、冬がいいですね。
北横岳は別にして、他の山はしんどいですよ。
石ごろごろが雪の下になる季節がいいや。

あの六年生の女の子、応援したくなりましたよ。

2012/10/10 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   

devilman  

K'sさんへ

このコースは本当に老若男女が辿っているみたいだけれど、
いや、すごいよ、長くないのが助かるんだろうけれど、
直登急降下、おまけにぬかるみ交じりで滑りやすいし、
神経使いますね。

北海道は知らないけれど、東北の山の感じでも、こちらに来るとだいぶ違いますね。
南アルプスなんか、3000メートル近くても樹林帯あるからね。

2012/10/10 (Wed) 22:33 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

腰を 痛めた おかけで
 雨の中の 下山でなくて よかったです

人が 一杯ですね 

2012/10/10 (Wed) 21:17 | EDIT | REPLY |   

ai  

No title

やはり連休の八ヶ岳は混みましたか。
ロープウェイが使える場所は登山者+観光客ですもんね(^_^;)

北八周遊も気になりましたが、焼肉ライスが気になって気になって( ̄▽ ̄)
すみません。。。(笑)
美味しそうだし、贅沢だし、テント泊でやってみたい!
お肉は味付けをして冷凍したものを持って行ってるんですか?
夏場は怖くて持っていけないんですけど、今ぐらいの時期なら
大丈夫なんですね〜♪

2012/10/10 (Wed) 19:54 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

北八ヶ岳ですね。いいですね。
麦草峠から坪庭、北横岳、三ツ岳、縞枯山、茶臼山、
麦草峠と日帰りしましたが、縞枯山の登りがきつかった
覚えがあります。最後はへろへろで麦草峠に着き、
白駒池駐車場に入る車で渋滞、中央も渋滞、家に
帰った時はへとへとでした。
高見石小屋も人が多いんですね。

金曜日が休みなので、みどり池入口からにゅう、白駒池、
高見石、中山と歩き、元気があれば天狗から根石岳山荘、
元気がなければ黒百合ヒュッテで1泊して翌日は硫黄岳か
天狗岳かまわってしらびそ小屋経由で下山の予定です。
天気予報を見て、甲武信岳にするかもです。

2012/10/10 (Wed) 18:12 | EDIT | REPLY |   

TONO  

No title

連休は北八でしたか。私は南でした。
北は積雪期には来ますが、雪がない時は蓼科以外は行ったことがないです。
岩が転がる登山道は雪があった方が歩きやすそうですね。
三ッ岳~雨池山~雨池峠は急登と大岩で大変そう。
昨年冬に三ッ岳から雨池峠へ抜けようとしたことがありますが、
行かなくて良かった・・・と思いました。(^^;

2012/10/10 (Wed) 11:27 | EDIT | REPLY |   

名無し  

No title

今年は 秋の訪れが遅いと感じていましたが 山では霜が降り 紅葉もすすんでいるのですね 薄暮れの浅間いいですね それにしても 人が多いのでびっくりしました

2012/10/10 (Wed) 06:06 | EDIT | REPLY |   

mari  

北八ヶ岳

北って南と違ってやさしい、穏やかな、ルンルン山歩き~♪ってイメージなんですけど・・・(笑)
北を歩くのは山ガール、南を歩くのは山女ってどこかに書いてました^_^;

編笠の岩ごろごろ登山道が多いんですね~。
それにすっごい人!

巻機に登った翌日、北ヤツまで移動しようかなとも考えたんですよ。
でも駐車場もやっぱりいっぱいだったんですね~。
編笠山から双子池まで縦走するお母さん、すごいですねぇ・・。

2012/10/10 (Wed) 05:30 | EDIT | REPLY |   

K's  

No title

経験と知識あるdevilman の登山だから
淡々と見てしまったけど 実際登ると大変なんだろうなぁ
こっちでの経験しかない俺には森林限界がその高度になっても訪れないのは
おもしろく思ってしまいます^^
緯度の違いがよくわかりますわ

2012/10/10 (Wed) 02:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。