-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2012

好天に恵まれた北アルプス裏銀座周遊~④雲上の楽園・雲ノ平駆け歩き・・オコジョと共に。

上空の大気の流れは早そうですが、まだまだ、快晴に近い上天気。

早めに戻ってくれば、雨にも会わずに、この好天を楽しめそうです。

テントからすぐに、黒部源流に向かって、沢の流れの脇を下っていきます。

今日は、水を節約する必要もなさそうなコースだ。



120822-26ura-267.jpg


朝露が、笹の葉に、光って、瑞々しさに、今日の楽しさへの期待で、心が躍る。


120822-26ura-268.jpg


ワリモが鷲羽の斜面の向こうに、光っていて、ダケカンバなどの樹林が、朝日を浴びている。


120822-26ura-269.jpg


豊富な水の流れ。これも、黒部の源流だ。


120822-26ura-270.jpg


この特徴的なダケカンバのところで、沢に降りる。


120822-26ura-271.jpg


振り返ると、三俣小屋のある乗越が、のびやかな斜面の上にあることが見て取れる。

右の方に、おそらく三俣蓮華岳のてっぺんが、ちょこんと。


120822-26ura-272.jpg


逆に、前を見ると、祖父岳の斜面を、雲ノ平へ登りつく登高路が、ジグザグを切っているのが見える。


120822-26ura-273.jpg


祖父岳の斜面と、右上に、岩苔乗越へ詰めていく沢の広々とした谷筋。


120822-26ura-274.jpg


下りついたところに、黒部源流の石碑がある。


120822-26ura-275.jpg


そこから、源流の流路の上に、黒部五郎岳が。


120822-26ura-276.jpg


岩苔乗越へ遡る沢。


120822-26ura-277.jpg


このロープを補助に、沢を渡る。


120822-26ura-278.jpg




120822-26ura-279.jpg


いよいよ、雲ノ平への登行。


120822-26ura-280.jpg


おおっ、槍が覗きだした。三俣の小屋も。 絶景だね。


120822-26ura-281.jpg


ハクサンフウロに、蜜を吸いに来ている。


120822-26ura-282.jpg


右のワリモ岳と、その頂から左へ、岩苔乗越にスロープが落ち込んでいる。

なだらかな、岩苔乗越。穏やかな、源流の地形。


120822-26ura-283.jpg


ひたすら、登る。


120822-26ura-284.jpg




120822-26ura-285.jpg


青空に、三俣蓮華岳が、アクセントをつけている。


120822-26ura-286.jpg


登るにつれ、大きく、姿を現してくる、北鎌尾根を従えた、槍ヶ岳。 みごと。


120822-26ura-287.jpg


高山と言えば、この鳴き声、ホシガラス君。


120822-26ura-288.jpg


ワリモ岳と鷲羽岳。この辺りの氷河地形の山々は、まだ浸食が若いんだな。


120822-26ura-289.jpg


三俣から下った沢のルートを見下ろす。


120822-26ura-290.jpg


鷲羽の稜線に、登山者が見えるぞ。


120822-26ura-291.jpg


登りも終わり、雲ノ平の台地に取りついたようだ。祖父岳の周囲を巻いていく感じ。雪田に出た。

背後は、三俣蓮華岳。


120822-26ura-292.jpg



この辺り、本当に見事。チングルマ、一面に広がっている。


120822-26ura-293.jpg


なんと、なんとっ。チングルマ、まだ咲いている株もあった。


120822-26ura-294.jpg




120822-26ura-295.jpg


こんな感じで、チングルマが、一面に広がっている。感激だね。


120822-26ura-296.jpg


そして、そして、まだ咲いているのだ。実は、ちゃんと咲いているチングルマ、初めて見た。

だいたい、夏山に登るのがお盆以降なので、いつも、花はなく、風車(これは実なのだけれど。)ばかりだったのだ。


120822-26ura-297.jpg


終わりかけている花。 今年の雪が多く、遅くまで雪田が残っていたせいだろう。


120822-26ura-298.jpg




120822-26ura-299.jpg




120822-26ura-300.jpg




120822-26ura-301.jpg




120822-26ura-302.jpg




120822-26ura-303.jpg




120822-26ura-304.jpg


花が終わり、実が風車になっていく。


120822-26ura-305.jpg




120822-26ura-306.jpg


大きく、のっぺりと、雄大な、祖父岳。


120822-26ura-307.jpg


黒部五郎岳も、源流にふさわしい山だね。


120822-26ura-308.jpg


大きな、薬師岳。


120822-26ura-309.jpg




120822-26ura-310.jpg


雲ノ平、満喫だ。


水晶岳を正面に、木道を行く。

120822-26ura-311.jpg




120822-26ura-312.jpg


水晶岳から、赤牛岳へ。


120822-26ura-313.jpg


祖父岳は、帰りに寄るので、この分岐は行き過ぎる。


120822-26ura-314.jpg


雲ノ平山荘が、赤い屋根を見せている。これが、雲ノ平だ。


120822-26ura-315.jpg




120822-26ura-316.jpg


雲ノ平台地の東側は、岩苔乗越に突き上げる、岩苔小谷だ。


120822-26ura-317.jpg




120822-26ura-318.jpg




120822-26ura-319.jpg




120822-26ura-320.jpg


雲ノ平のテント場。山荘には水はないが、テント場には水場があるそうだ。


120822-26ura-321.jpg




120822-26ura-322.jpg




120822-26ura-323.jpg




120822-26ura-324.jpg




120822-26ura-325.jpg




120822-26ura-326.jpg



雲ノ平山荘を行過ぎ、祖母岳へ向かう。アルプス庭園と名付けられているところだ。




120822-26ura-327.jpg


祖母岳を見上げる。


120822-26ura-328.jpg


祖母岳は、木道を通って登っていく。この分岐まで、山荘から8分くらいだ。


120822-26ura-329.jpg




120822-26ura-330.jpg




120822-26ura-331.jpg




120822-26ura-332.jpg




120822-26ura-333.jpg


見とれるしかない。人とたまに行き逢っても、「すばらしいですねぇ」、異口同音に、それしか言わない、誰も。


120822-26ura-kumo02.jpg


こんな広々とした、頂上らしからぬ、祖母岳のてっぺん。

アルプス庭園というらしい。ここで、昼食とした。


120822-26ura-baba.jpg



下る途中、雲ノ平山荘を見下ろす。


120822-26ura-334.jpg




120822-26ura-335.jpg


往路を戻る。そして、正面に見える、祖父岳へ。


120822-26ura-336.jpg


とっ、「オコジョ」だっ。


120822-26ura-337.jpg




120822-26ura-338.jpg




120822-26ura-339.jpg




120822-26ura-340.jpg




120822-26ura-341.jpg


こちらが、止まったままでシャッターを切り続けていると、木道の下に隠れたり、出たり入ったりを繰り返していた。

ちっちゃいからね、かわいいよ。


さてさて、先を急ぎます。雲はどんどんやってきます。


それにしても、眩しいばかりの世界だな。


120822-26ura-342.jpg




120822-26ura-343.jpg


岩苔小谷。


120822-26ura-343-1.jpg


ここから、祖父岳へ。岩がごろごろしている。


120822-26ura-344.jpg




120822-26ura-345.jpg




120822-26ura-346.jpg




120822-26ura-347.jpg


これが、雲ノ平のフィナーレ、祖父岳山頂。

まさしく、雲ノ平の展望台だ。


120822-26ura-jiji.jpg


三俣山荘も、見下ろせる。双六乗越と双六岳、三俣蓮華岳。


120822-26ura-348.jpg


ワリモと鷲羽岳。


120822-26ura-349.jpg


岩苔乗越への稜線。


120822-26ura-350.jpg


岩苔乗越の到着。

すっかり、雲が多くなった。



120822-26ura-351.jpg




120822-26ura-352.jpg


祖父岳を振り返る。


120822-26ura-353.jpg


黒部源流へ、下ります。 3分ほど下ったところに、最終水場があった。


120822-26ura-354.jpg




120822-26ura-355.jpg


40分ほどで、黒部源流の碑まで下ってきた。沢沿いの、水の多い道だ。


120822-26ura-356.jpg


テントに帰着。6時間ばかりの周遊の旅でした。

うん、素晴らしかった。これが雲ノ平だったのだ。



120822-26ura-357.jpg



まだ降りそうにないので、ラーメンを作って食べる。


120822-26ura-358.jpg



海苔を乗せて、食欲をそそる香りをひきだす。



120822-26ura-359.jpg


さて、最後の食材を並べ見る。もう、重いものはない。キュウリ一本を除けば、乾燥食材ばかりが残っている。


120822-26ura-360.jpg


16時半ころから、雷を伴った雨が降る。さほど激しくはなかったが、2時間ほど続いたので、

テントの中で、まどろみの時間にした。気分良く、シュラフにくるまっていた。満足の時間だ。


18時半ころ、雨上がりの夕空が見えた。


120822-26ura-361.jpg


夕景の鷲羽岳。


120822-26ura-362.jpg


充実の夏山、いつ以来かな。最後の締めと、お楽しみは、明日の野口五郎小屋だ。

いい時間過ごすために、いい山旅を続けよう。


関連記事

- 16 Comments

devilman  

タジさんへ

快晴じゃないけどね。
雲はすぐわいてくるから。
それでも、雲はダイナミックに風景にアクセントをつけてくれるから、それはそれで楽しいですよ。

燕岳など表銀座は、人が多いので、行きたいと思ったことがありません。
裏銀座は、落ち着いています。でも、年輩の方々の団体は、結構いらっしゃいましたから、
まんざらマニアックなだけのルートではないと思いますよ。

2012/09/06 (Thu) 00:47 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ Re: 山を知り山を愛するdevilmanさんへ

ご丁寧にコメントいただき、恐縮です。

膨大な写真があり、レポートも遅々として進みません。
西穂の青年には、感心するとともに、北ア二度目で重荷のまま西穂から奥穂に稜線に行ってしまう危うさも感じました。

確かに、針の木から南の一連の稜線は、なかなか手ごわいかもしれませんね。
でも、烏帽子から真砂岳までは、本当に漫歩です。
俄歩人さんでしたら、ゆっくりブナ立を登られ、烏帽子あるいは野口五郎にお泊りになられれば、
楽しい縦走ができるものと思います。

鷲羽は午後になってしまい、雲が湧いていて、十分に展望できませんでしたが、三俣蓮華ではそれを補うだけの眺望を楽しみました。それにしても、この辺り、何とも言えない、複雑かつ巧妙な地形と植生で、他では替えがたい魅力のちですね。

湯俣のご報告、しばしお待ちください。

2012/09/06 (Thu) 00:41 | EDIT | REPLY |   

devilman  

TONOさんへ

天気が良ければ、雲ノ平の魅力は、素晴らしさは、最高潮に達するのでしょうね。
惜しむらくは、もう少し季節が早ければ、もっと花が咲いていたのでしょう。
まあ、それでも贅沢は言いません。十分以上に、素晴らしい世界でした。

のびやかで緑の濃淡の向こうに、荒々しい槍ヶ岳と北鎌が覗く構図は、
意図したもの以上の眺めです。

TONOさんのブログでオコジョをみたなあ、そういえば何十年も見ていないなあ、
等と考えていたら、聞こえたかのように、木道から顔を出してくれました。

これ以上のぞむものはないですね。

ぜひ、来年、いやいや今年の紅葉でもよいですから、訪ねてください。
新穂高からか、あるいは有峰から太郎平経由が早いようです。

2012/09/06 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   

タジ  

No title

全日快晴なんて凄く恵まれていましたね
私はちんぐるまの綿毛に魅了されどんな花だったんだろうと気に成っていた
ここで見せて頂けてラッキー!
オコジョも可愛いですね。
大天井岳へ行く途中と燕岳でコマクサを見たが
コマクサは終わっちゃったのかな・・・
表銀座はまだ結構な賑わいでしたが裏はベテランの道なのか
人が少ないですね

2012/09/05 (Wed) 20:48 | EDIT | REPLY |   

俄歩人   

山を知り山を愛するdevilmanさんへ

 素晴らしい山行と詳細且つ臨場感溢れるレポの上梓、お疲れさまでした。
若き日のdevilmanさんを彷彿とさせる途中ですれ違った好青年、
重装備で西穂から奥穂の懸崖さらに大キレットを越えてきたとは・・・、
相当なものですね。
 私は北からは針ノ木岳まで、南からは鷲羽岳までで この間は歩いたことが無く
拝見すると、烏帽子以南では真砂岳分岐から水晶小屋の間が核心部のようですね。

 鷲羽岳山頂からの眺望が何と言っても素晴らしい!
槍沢上部の天狗原と立山・五色ヶ原とを併せたような雲の平、
ここで360度の峰々を一望できたことは大変ラッキーでしたね。
この一帯、鷲羽も雲の平も私の場合、いつも曇天でしたので、しっかりと
楽しませていただきました。
この先、野口五郎小屋での交流や下山路の竹村新道も楽しみです。
最終章まで待てず この想い出残る山旅に拍手をおくります。
力強い山行に乾杯!


2012/09/05 (Wed) 13:55 | EDIT | REPLY |   

TONO  

No title

晴れた時の雲の平はやはり最高ですね。
四方をグルリと名峰に囲まれた溶岩台地。
それ自体が標高2,500m以上あるわけですから驚きですよね。
前に行った時は高天原から雲の平を通過しただけだったので、
次は是非1日かけて周遊してみたいと思いました。
でもそう簡単に行ける場所ではないし、また来年以降のお盆休みになるのでしょうが・・・(^^;
それにしてもオコジョも見れて良い1日でしたね。

2012/09/05 (Wed) 07:47 | EDIT | REPLY |   

devilman  

aiさんへ

三俣蓮華から先に、やっと行けましたよ。
それも、裏から忍び足で近づいて(笑)
結局、天気に恵まれたのが大きいですね。
一気に、課題をかたずけてしまいました。

aiさんたちの方向からなら、やはり新穂高が有利でしょうから、
双六越えて、是非、この辺りを遊んでください。
絶対、後悔はしません、ここは本当に、絶妙で、珠玉の世界ですよ。

2012/09/04 (Tue) 23:26 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまんさへ

そうそう、チングルマの花を見つけた時は感動しました。
どこもそうですが、今年は残雪が遅くまで残り、だいぶ例年とは違った様相が見えるみたいですね。
高山植物にも、それが影響したようです。

黒部源流の碑、想像していたのとはちょっと違いましたね。
ホント、墓石みたいだね。くまさんはプロだからね。

オコジョ、こんなところに住んでいる限り、捕食者として生きていかざるを得ないでしょうね。

2012/09/04 (Tue) 23:23 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

もちろん、雲ノ平以外にだって、美しい大地はあるでしょうけれど、
のびやかな氷河地形と、荒々しく浸食された岩稜のコントラストが、絶妙な位置関係で配されていることが、
ここの風景を、ほんとうに際立たせているような気がします。

いままで、行ったことなかったし、人気スポットなのであまり気にしていませんでしたが、
やはり、一度行くべきですね。
三俣からだと一日いっぱい、周遊にかかりますが、きつい行程でもないし、
十分堪能できます。
太郎平から雲ノ平に達し、高天原温泉へというコースは人気みたいですよ。

2012/09/04 (Tue) 23:20 | EDIT | REPLY |   

devilman  

mariさんへ

写真、撮りすぎですね。。
でも、まあ、日帰りでも200枚とか平気で撮るので、
五日間で1500枚なら、場所と天候考えても、少ないかもしれません。
おかげで、整理が大変で、レポートも遅々として進みません。。

三俣のテント場、そしてその周辺、本当に、いいですよ。
のびやかな氷河地形と、荒々しく浸食された槍穂高などの岩稜のコントラストが、
見事に配されて、本当に絵になります。
見とれてしまいますよ。

そうですよね~、オコジョ、かわいい極致ですね。

2012/09/04 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   

devilman  

K'sさんへ

北海道も、チングルマはきれいでしょうね。

オコジョは、東北の山でたまに見ましたが、冬は見ていません。
冬、ライチョウもそうですが、こういう動物を見ることができたら、
感激でしょうね。

まだまだ続きます、この旅紀行。
写真の整理が大変で・・

2012/09/04 (Tue) 23:13 | EDIT | REPLY |   

ai  

No title

本当に素晴らしい!!
私たちは、三俣蓮華の山頂までしか行けていないので
今回のレポは、とっても参考になりましたo(^▽^)o
あの山域の眺めは鳥肌モノですよね〜
たっぷり時間をかけて周遊したい山ばかりです!

オコジョ可愛い過ぎますね♡
まだ一度も出会えていないんです。。。
いつかオコジョにも会いたいなー(*^o^*)

2012/09/04 (Tue) 21:52 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

チングルマが 今咲いてるとは ビックリですね
 それだけ 雪が あった証拠ですね
  墓石みたい 道標も すごいですし
オコジョ 可愛いですよね こちらに 興味しんしんで 出て来てくれるし
 でも 一変して 捕食者で 凶暴な面も ありますけどね

2012/09/04 (Tue) 21:04 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

雲の平に行った人はみんなこんなに美しいところは
ないと言います。
写真を拝見してこれは誇張でもなんでもない、
ほんとうにすばらしいところなんだなと感じました。
体力のあるうちに行った方がいいよと言われました。
数年のうちにチャレンジしてみたいですね。

2012/09/04 (Tue) 17:53 | EDIT | REPLY |   

mari  

No title

devilmanさん おはようございます♪

写真たくさんなので自分が歩いたような気になって読ませてもらってます♪
絶景の写真ばかりなので選ぶのもたいへんだったでしょうね。
いろんな方のブログで写真は見てますが槍と三俣山荘が覗く写真、あれいいですね~。
なんか見ててワクワクします。

そしてオコジョ!
めちゃくちゃかわいいです~♪
いいなぁ、あんな可愛い子に出会ったら疲れも吹っ飛びですね(^^)/

2012/09/04 (Tue) 06:07 | EDIT | REPLY |   

K's  

No title

素晴らしい天気だねぇ
ほんと天の神様に感謝だね
チングルマの群生も見事 こっちの黒岳を思い出します
オコジョって冬になると真っ白になるよね
かわいいお客さん・・・彼らにとっては登山者がお客か?w
いい山旅 楽しませてもらってます^^

2012/09/04 (Tue) 01:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。