17 2012

奥秩父、緑の回廊~甲武信岳-雁坂峠②

遅く到着した登山者、

自分自身、出発遅れにより、17時40分小屋着。

次に来た人は、18時半頃の素泊まりの人。よく聞こえなかったけれど、金峰山か雲取山か、かなり長い距離を歩いていた模様。

さらに驚いたのが、20時半ころ、到着し、テントを張った人がいた。ただし、テントの受け付けはしてあったらしい。で、このテントの人、22時過ぎまでラジオか何か、ガンガンかけていた。。。

遠かったせいか、気にならなかったけどね。


最近、山を始めた人や、テントを始めた人が多く、トラブルが増えているというが、そういうことなのか・・



まあ、いいや。

ちょっと寒さも感じたので、下着も着換えて、少し着込んでシュラフにもぐりこんだら、それなりに快適に過ごせた。あまり熟睡したようではなかったけれど、いつの間にか朝になった。


そういえば、ご来光。

他のテントの人は頂上にご来光を拝みに行ったみたい。

すっかり念頭になかった。。。

で、小屋の正面が、ちょうど日の出の方向なので、そのまま待機することにした。

12081213kobushi-35.jpg




12081213kobushi-36.jpg




12081213kobushi-37.jpg


小屋が朝日に染まる。


ちょうど、徳さんの部屋の窓から正面に朝日が見えるらしい。

「おーっ」と言って顔を出された。



12081213kobushi-38.jpg


顔を出した朝日の光を浴びながら、頂上へ向かう。


12081213kobushi-39.jpg


少し登ると、展望が開ける。

国師岳や金峰山の方には、まだ朝日が当たっていない。

12081213kobushi-40.jpg




12081213kobushi-41.jpg




12081213kobushi-42.jpg



雲海の向こうに、富士山がそびえている。

写真ではわからないが、山腹の上の方に、キラキラ、朝日を反射するものが見えていた。

ご来光登山なのかな。

12081213kobushi-43.jpg


上空の大気を激しく動いているようだ。


12081213kobushi-44.jpg


薄暁。


12081213kobushi-46.jpg


朝日を浴び始めた、国師岳、北奥千丈岳、そして金峰山、離れて小川山か。


12081213kobushi-47.jpg




12081213kobushi-45.jpg




12081213kobushi-48.jpg




12081213kobushi-49.jpg




12081213kobushi-50.jpg


国師岳、大弛峠あたり、そこから右へ、朝日岳、金峰山。


12081213kobushi-51.jpg


金峰山。小さく、五丈岩がわかる。


12081213kobushi-52.jpg


小川山。


12081213kobushi-53.jpg


御座山の方は、雲が湧いている。


12081213kobushi-54.jpg


おおっ、両神山。こんな近くに見えるのか。


12081213kobushi-55.jpg




12081213kobushi-57.jpg




12081213kobushi-56.jpg


引き上げる途中から、大きな木賊山。


12081213kobushi-58.jpg




12081213kobushi-59.jpg


本日の行く手、雁坂嶺方面は、雲が湧いている。

真ん中遠くは、雲取山だろうか。


12081213kobushi-60.jpg




12081213kobushi-61.jpg




12081213kobushi-62.jpg



登山者がほぼ出発して、しずかな甲武信小屋。


12081213kobushi-63.jpg



テントから見上げる、朝日を浴びる小屋。


12081213kobushi-64.jpg


さあ、朝飯食べて、かたずけますか。


12081213kobushi-65.jpg


定番のラーメン。



12081213kobushi-66.jpg


さて、撤収してパッキング終えたころには、もう他のテントはなくなっていた。

昨夜遅かった一張を除いて。



12081213kobushi-67.jpg


いい青空だけど、持たないだろうなあ。


12081213kobushi-68.jpg


さあ、巻き道を通って、主稜線に出ますか。


12081213kobushi-69.jpg







関連記事

6 Comments

devilman  

ノラの小走りさんへ

こんな小屋に泊まって、朝日を見てみたくなりますよね。
奥秩父は森がきれいで、一度はお子さんにも味わってほしいですね。

一番きつくないのは、駐車場のある毛木平というところから登ってくるコースで、お子さん連れでも大丈夫だと思いますよ。長野県側から登ることになりますね。バス停で言うと、梓山です。
中央高速を小淵沢で出て、清里の方に向かってさらに奥に行き、市道というところで川上村の方に入っていくと、終点が毛木平です。
ネットで検索してくださいね。

でも、西沢渓谷からの急な登りも、小学生が下っていましたからね。
慣れていれば、大丈夫じゃないかな。

2012/08/18 (Sat) 10:11 | EDIT | REPLY |   

ノラの小走り  

朝日がキレイ☆

こんにちは(*^o^*)

朝日のオレンジ色に染まる空・木々・小屋、、、
素晴らしい光景ですね!
さすが百名山だけあって、展望も素晴らしいですね。富士山もこんな間近に望めるんですね〜。

ログハウスの甲武信小屋もいい味だしてますね☆

我々親子も機会があれば訪れてみたくなりました〜
でも子連れだとキツそうでしょうか???

2012/08/18 (Sat) 09:19 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

ブルさんは、コメントも朝早いですね。

やっぱり、山泊の魅力は、朝、ですよね。
夜の満天の星から、ご来光、眠りから覚める山々やその大気の動きに目を奪われ、そして
行動の準備にいそしむ・・
やっぱり、山泊はいいです。

テント場で、こういう経験は、初めてですけどね。。。
相当前に、南アルプスの二軒小屋のテント場で、近くのテントで下山前夜の飲み会が遅くまで続き、うるさくて寝られなかったことはあるけど、ラジオはね。。

2012/08/18 (Sat) 07:38 | EDIT | REPLY |   

devilman  

K'sさんへ

まあねえ・・簡単に最新装備が手に入り、雑誌で情報仕入れてでしょうけれど。
それで人気の八ヶ岳とか北アルプスとか、積雪期とかにすぐいっちゃうんだから、
というか、行けちゃうんだからね。
ルールなんか覚える暇というか、教わるチャンスもなさそうですよね。
中高年含めて、年齢関係ないからね。
こういうこと、中学から山岳部で仕込まれた人間には想像がつかないんだよね。

2012/08/18 (Sat) 07:34 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

おはようございます。
山の朝はとりわけ美しいですね。
雲海に浮かぶ富士、金峰山、両神山・・・
山座同定も楽しい。

テン泊にもそんな人がいるんですね・・・
周りのことを考えられる人でありたいと
思います。

2012/08/18 (Sat) 06:42 | EDIT | REPLY |   

K's  

No title

ブームとかになったりすると必ず現れる無法者
そういった人たちが事故を起こすんだよなぁ・・・
真摯に自然に対峙して欲しいと思います

2012/08/18 (Sat) 01:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment