-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22 2012

午後からの山・・空身で大高取山散歩

午後から散歩。

山に登る気などなかったが、沢の流れを見ていたら、木漏れ日を味わいたくなり、

奥へと歩を進めることになった。

どうせなら、と、頂上まで行ってみた。

携帯とスマホとストック一本で、空身。


120719-01.jpg




120719-02.jpg




120719-03.jpg




120719-04.jpg




120719-06.jpg




120719-07.jpg




120719-08x.jpg




120719-09.jpg




120719-10.jpg




120719-11.jpg




120719-12.jpg


道は、沢を離れ、斜面を斜上していく。

明るい日射しを、木々がさえぎって、光がダイナミックに踊る。

120719-13.jpg




120719-14.jpg




120719-15.jpg




120719-16.jpg




120719-17.jpg



だいこうじ跡


120719-18.jpg




120719-19.jpg




120719-20.jpg


40分ほど歩くと、さすがに汗びっしょりになるが、木陰の頂上に着いた。

この間来たばかりだけれど、今日は日が射している。


120719-21.jpg




120719-22.jpg




120719-23.jpg




120719-24.jpg


頂上から南に下り、幕岩展望台へと向かう。



120719-25.jpg


幕岩の上にある、展望台。

空気が澄んでいれば、さいたま新都心や池袋辺りが見えるようだが、

こんな湿気の多い季節には、それは無理。


120719-26.jpg



ここで、40分ほど、ベンチでねっ転がってボウっとする。

少しまどろんだりした。

風が心地よく、背中のベンチが暖かく、汗が快適に乾いていく。



120719-27.jpg


下草の伸びた下山路を元来たルートに戻る。



120719-28.jpg


程よい時間で、戻ってきた。

贅沢な、お散歩時間だった。



120719-29.jpg


関連記事

- 2 Comments

devilman  

俄歩人さんへ Re: 身近な森

たしかに、おっしゃる通り、いいところに住んでいると思います。
でも、引っ越して10年間は、全く地元の山に興味がありませんでした。
2年前に剣から帰ってきてから、毎週登山を始めて、初めて比企三山などに触れるようになってからです。

ご多分に漏れず、うちも、都会志向ですけどね。
仕方ないですよね。
ただ、子供たちはどうなんでしょうね。

2012/07/24 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   

俄歩人   

身近な森

 ひとっ走りで爽やかな空気と緑を楽しめるという地の利は
それなりに得るものも多そうですね。
しかし、我が家では「街、ショッピングゾーン、レストラン等々賑やか好きの」妻が
絶対認めないでしょう。
 時折、スポーツジムに通ってハムスターよろしくゴムベルトの上を速歩
しているのが気分転換と体力維持の現状です。
ここ浦和では標高差50m以上あるのは高層マンションのみです。

2012/07/23 (Mon) 15:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。