-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2012

夏山はすぐそこ・・白毛門 筋トレ登山 その①

梅雨の晴れ間が、ちょうど週末にあたったこの土日、各地の山は相当にぎわったのではないかな。

ガンガン登りの白毛門も、賑やかだった。

谷川の岩壁の眺めも最高で、穏やかな一日。

暑さはまだまだだが、大気は夏、夏山の雰囲気を味わうことができた。




例によって、二時間寝坊。。

でも、めげずに出発。

関越道の水上ICを出るところで、谷川岳が大きく見える。

やっぱり、白毛門じゃなくて谷川に直接行こうかと、ちょっと迷う。


12-0624shiragamon-01.jpg



土合駅近くから、白毛門を見上げる。

やっぱり、今日は、あの急登と、谷川岳の展望に期待して、予定通り、白毛門だ。

あそこまで、1000mの高度差を3時間余りで登るのだ。

ちなみに、昨年の12月に一度途中まで登っている。


12-0624shiragamon-02.jpg


さすがに、駐車場には30台ほどの車が停まっている。

昨日からの泊まりを含めて、結構登っているのだろう。

支度をしている間に、中学生くらいの姉妹をつれた家族連れが先行していった。


12-0624shiragamon-03.jpg




12-0624shiragamon-04.jpg




12-0624shiragamon-05.jpg




12-0624shiragamon-06.jpg


いよいよ、ここから、鼻をこするような急なのぼり一辺倒が始まる。


12-0624shiragamon-07.jpg



緑が深く、朝日に映えて、本当にきれい。


12-0624shiragamon-08.jpg


いきなり、一気に登るので、木々に合間から見える展望も、一気に見応えのあるものになる。

左の突起がトマの耳で、右へ、オキの耳、そして右の丸い頭が一ノ倉岳だろう。


12-0624shiragamon-09.jpg


雪渓が残るのは、マチガ沢だ。


12-0624shiragamon-10.jpg




12-0624shiragamon-11.jpg

とにかく、こんなところを、ひたすら、高度を『稼ぐ』感じで登っていく。


12-0624shiragamon-12.jpg


ロープウェイと、その天神平駅が見える。


12-0624shiragamon-13.jpg


白毛門のピークが見えた。

展望は大いに期待できそうだ。


12-0624shiragamon-14.jpg




12-0624shiragamon-15.jpg




12-0624shiragamon-16.jpg




12-0624shiragamon-17.jpg


この季節、水蒸気が多いから、遠望はあまり効かない。それでも、子持山の特徴的な形が見える。


12-0624shiragamon-18.jpg



杉が減り、広葉樹が増え、樹相も変わってくると、空が広がってくる。


12-0624shiragamon-19.jpg




12-0624shiragamon-20.jpg




12-0624shiragamon-21.jpg




12-0624shiragamon-22.jpg


この岩場は、鎖の助けがあった方が楽。

松の木沢の頭も近い。

展望が開ける。


12-0624shiragamon-23.jpg


眼下に、土合の駅と、ロープウェイの全貌が見える。

いいお天気だ。


12-0624shiragamon-24.jpg


谷川岳の東面の岩場の全貌。左から、マチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢。


12-0624shiragamon-25.jpg


今回、もしかして、登ろうと一度は考えた、上州武尊岳。


12-0624shiragamon-26.jpg


一ノ倉沢

12-0624shiragamon-27.jpg




12-0624shiragamon-28.jpg


松の木沢の頭。12月はここで引き返した。強風とみぞれだった。今日は、本当に穏やかだ。


12-0624shiragamon-30.jpg


ゆく手、白毛門のピークが高い。

でも、頂上の人がそんなに遠くは見えない。小一時間かな。

登りは、一気のめちゃ急登だろうから。


12-0624shiragamon-31.jpg


ぐんぐん登りから、松の木沢の頭を振り返る。

みんな、登ってくる。


12-0624shiragamon-33.jpg



ジジ岩、ババ岩。

12-0624shiragamon-35.jpg


冬には結構危ない雪壁となる、この最後の斜面。


12-0624shiragamon-36.jpg




12-0624shiragamon-37.jpg




12-0624shiragamon-38.jpg




12-0624shiragamon-40.jpg


高度はぐんぐん稼ぐ。

すぐ後ろの人たちを見下ろす感じ。


12-0624shiragamon-39.jpg




12-0624shiragamon-41.jpg


笠が岳、朝日岳。この縦走も、やってみたいね。

12-0624shiragamon-42.jpg


遠望の左端、苗場山だろうか。右へ、火打岳方面。


手前の右は武能岳。


12-0624shiragamon-43.jpg




12-0624shiragamon-44.jpg


白毛門、頂上に到着。


12-0624shiragamon-45.jpg


展望板と谷川岳の全貌。


12-0624shiragamon-46.jpg


プチ、課題を解決しましたが、本当は馬蹄形縦走と、積雪期の登頂です。

できたら、今年やりたいですね。


12-0624shiragamon-topx.jpg




12-0624shiragamon-top2.jpg




つづく。。。。


関連記事

- 6 Comments

devilman  

くまさんへ

今回は、当たりましたね。
こんなに梅雨の晴れ間が週末にあたるなんてね。
うまくチャンスを生かせて、ラッキーでしたよ。
夏山のモチベーションが上がってきました。

2012/06/26 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

ほんとうに、白毛門は展望の山ですね。
もちろん、急登の登りも松の木沢の頭より上では楽しいルートですが、
何と言っても、周囲の展望が素晴らしい。
ぜひチャレンジしてください。

2012/06/26 (Tue) 00:37 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ Re: 一の倉沢岩壁が素晴らしい

馬蹄形縦走、やりたいですねぇ。
今回すれ違った方で、一泊で縦走していると聞きましたが、
ツイッターのフォロワーの方は、一日で歩き切ったようです。
天気よかったにしても、すごい人がいるもんですよね。
まあ、のんびり歩きたいですけれど。
俄歩人さんも、ぜひ思いを遂げられるとよいですね。

2012/06/26 (Tue) 00:36 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

晴天の中 山登り
 この時期では 奇跡的かもね?
  昨日は 仕事だったけど 静岡では 朝は まあ なんとか 富士山は 見えたけど
   そのあと 9時過ぎからは 曇りだしたな~^
いい天気で よかったですね

2012/06/25 (Mon) 21:57 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

こんばんは。
天候に恵まれましたね。
土曜日は山の選択を誤りました。

白毛門から谷川岳を眺めるのも
いいですね。かっこいいです。
今年は谷川岳リベンジもしたいです。

2012/06/25 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   

俄歩人  

一の倉沢岩壁が素晴らしい

 積雪期だったら・・・と、やはり心が騒ぐ見事な眺望ですね。
登り甲斐のある峰、「続き」が待たれます。
茂倉岳から武能岳の笹原の稜線の一葉を拝見していると
天神平から馬蹄型縦走を試みたときのことを想い出します。
その時は真夏の暑さに負け、蓬峠で湯檜曽川沿いにエスケープして
しまいましたが・・・。
いつか残りの部分を歩き この白髪門から土合へ・・・との想いを
強くしました。

2012/06/25 (Mon) 11:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。