-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21 2012

白泰山・・・十文字峠ルート偵察

今年は、奥秩父に拘りたい。

といって、結構あきっぽいというか、なにか他の山の情報得たりすると、

簡単に気が変わる可能性もありますが、

とりあえず、割と行きやすい、奥武蔵などと違い、泊まりのルートも企画できるスケールがある、などなど。

継続的な興味はあるので。

今興味があるのは、甲武信岳、十文字峠まわり。

で、埼玉からその山域にアプローチする、ダイレクトルートとして、栃本からの長大な尾根がある。

そのほか、股の沢林道などという、さらに興味をひく沢経由のルートもある。

これには、俄歩人さんからの情報もいただいた。

本日は、無理なく往復できる、栃本からの尾根の中間地点にある白泰山を目指した。


雁坂トンネル方面へ行かず、三峰神社方面に曲がる。

2012-0520hakuta-01.jpg


三峰神社とも別れ、栃本の関所跡から林道を登り、栃本広場の駐車場に止める。

いいお天気になってきた。

2012-0520hakuta-02.jpg



しばらく林道をいくが、甲武信岳方面が見えた。

2012-0520hakuta-03.jpg


ここから、山に入る。

2012-0520hakuta-04.jpg




2012-0520hakuta-05.jpg


緑がまぶしい、尾根の上をしばらく辿る。


2012-0520hakuta-06.jpg




2012-0520hakuta-07.jpg




2012-0520hakuta-09.jpg




2012-0520hakuta-10.jpg




2012-0520hakuta-11.jpg




2012-0520hakuta-12.jpg




2012-0520hakuta-13.jpg


ミツバツツツジがひっそり。

2012-0520hakuta-14.jpg




2012-0520hakuta-15.jpg


尾根から南に降り、栃本から直接登ってくるルートに合流する。

バスで来た人は、このルートを来る。


2012-0520hakuta-16.jpg


演歌が響いていると思ったら、曲を流しながら、重荷にあえいで歩く人がいた。

今日、ここを登ったのは、この人と自分の二人のようだ。

どこまで行くのか、ずいぶんな大荷物だ。


2012-0520hakuta-17.jpg


一里観音。

2012-0520hakuta-18.jpg




2012-0520hakuta-20.jpg




2012-0520hakuta-21.jpg


ここで、パスさせてもらい、先に行く。

道は広く、落ち葉のクッションも効いて、それでいてトラバースの、あまり傾斜のないルートで、

とても歩きやすい。

2012-0520hakuta-23.jpg




2012-0520hakuta-22.jpg


きつい登りは全くなく、視界はないながら、木の間ごしに、白泰山らしきピークが近づいてくる。


2012-0520hakuta-24.jpg


分岐に到着。

苔むした岩の集積があり、湿地帯らしい。


2012-0520hakuta-25.jpg


登路は、苔のびっしりついた石のルートだ。

ザックをデポして、カメラだけ持っていく。


2012-0520hakuta-27.jpg




2012-0520hakuta-26.jpg


上から声がすると思ったら、マウンテンバイクの二人が降りてきた。

こんなルートでは四苦八苦だろう。十文字小屋に泊まって、下りてきたらしい。

ここまでのルートは分かりにくい、と言っていた。

でも、ここからの栃本への下りは快適だろう。


2012-0520hakuta-28.jpg


頂上へのルートは、湿地帯を通っている。

いいんだろうか。

2012-0520hakuta-29.jpg


稜線に出るが、指導標が打ち壊されている。

これは、どう見たって、人の仕業だろう。何の意図があるんだろう。


2012-0520hakuta-30.jpg


頂上へは、稜線を数分で着く。

2012-0520hakuta-31.jpg


これも、だ。

なんで壊すのか。


2012-0520hakuta-32.jpg




2012-0520hakuta-33.jpg




2012-0520hakuta-top.jpg


こんな感じの頂上。三角点はあるが、展望は全くない。


2012-0520hakuta-34.jpg


分岐まで戻って、昼食にする。



2012-0520hakuta-35.jpg


ラーメンをゆでている。


2012-0520hakuta-36.jpg


これは、キュウリとシーチキンのマヨネーズ和え。

2012-0520hakuta-37.jpg


30分ほどゆっくりして、さて、戻りますか。

2012-0520hakuta-38.jpg




2012-0520hakuta-39.jpg


白泰山、振り返る。

2012-0520hakuta-40.jpg


一里観音の地点の指導標。栃本の文字を削り取ろうとした形跡がある。

2012-0520hakuta-41.jpg


まっすぐ下れば、両見神社を経て、栃本関所跡に行く。

栃本広場へは左に行く。

2012-0520hakuta-42.jpg




2012-0520hakuta-43.jpg




2012-0520hakuta-44.jpg




2012-0520hakuta-45.jpg


林道が見えてきました。




2012-0520hakuta-46.jpg




2012-0520hakuta-47.jpg





関連記事

- 10 Comments

devilman  

HIDEJIさんへ

コメントありがとうございます。
笠取山の記事、読ませていただきました。
あのあたり、水源の碑も見てみたいと思っていたところです。
写真を拝見して、だいぶ様子がリアルにわかってきたので、
より行きたい度が増しています。
雁坂小屋のテント場も気持ちよさそうだったので、そこでの泊まりも組み込んで計画しようかと。。

これからもよろしくお願いします。

2012/05/23 (Wed) 03:30 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

この道は古の峠道で、馬も通ったはずですから、
なだらかな、歩きやすい道で、距離はそれほど気になりませんでした。
十文字峠までは、同じくらいの距離を登る必要があるはずですが、
この調子だったら、言うほどでもないかな、と期待しています。

近々行きたいです。

2012/05/23 (Wed) 03:28 | EDIT | REPLY |   

HIDEJI  

No title

こんばんわ。
また、お邪魔させていただきました。
白泰山、私も2か月前に同じコースを歩きましたが、
その時は残雪のため山頂直下の分岐で断念し、引き返した時のことを思い出しました。。

今の時期、新緑がきれいで趣が違いますね。このページを見てるとまた行きたくなりました。
いつか山頂の地を踏みたいと思います。

私も今年は奥秩父の主脈縦走路の山々を日帰りで、訪れようかと考えております。
前回は唐松尾山、笠取山へ行ってきました。
また、参考にさせていただきます。

2012/05/23 (Wed) 01:17 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

こんばんは。
静かに歩けそうなルートですね。
距離がありそうですが・・・

山梨百名山の標柱が折られた話はたまに
聞きますが、そんなことをする意味がわかり
ませんね。大切にしたいですけどね・・・

2012/05/22 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

devilman  

タジさんへ

のんびりした山でした。
天気も曇りで、時々日が射して。
人はいなくて静か。
特に展望が期待できるわけでもなく、
ルートが変化に富んでいるわけでもなく。
こういう山もいいよね。

2012/05/22 (Tue) 00:59 | EDIT | REPLY |   

devilman  

aiさんへ

ほんとね、ここまで苦労して登ってきて、やることがそれかよ、
よほどなんかの理由でもないと、考えられませんよね。

マウンテンバイク、ものすごく高そうな自転車でしたが、
それを担ぐのか、乗るのか、牽いて歩くのかわかりませんが、
それぞれ、楽しみ方はあるのだなあ、と感心するばかりです。
同じ場所に来ているのに、持っている装備も違いすぎますしね。

ところで今年の夏の計画はいかがですか。
こちには思案中です。行きたいところが多すぎて。




> 標識の写真を見ると、とても胸が痛みます。。。
> 心が病んでいる人の仕業としか思えません。
> 山を愛する人に悪い人はいないって、
> ずっと思っていたのに、なんだか悲しいです。(;ー;)
>
> 私もこの前、伊吹山でマウンテンバイクを担いで登る青年を見ました!
> どうやって下るの?って場所もあるのに、凄いです(~_~;)
> 自転車ブームは都市部だけじゃないんですね(笑)

2012/05/22 (Tue) 00:54 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ Re: 楽しみに待っております

このルートは、十文字小屋や甲武信岳の小屋の方々の荷揚げルートとして知ったのが最初だと思います。
このような観音様や一里、二里というネーミングからも、古来の生活道路だったのだろうと思います。
長大なだけに、緩やかな道で、ずいぶん歩きやすく、負担のない山旅でした。

なかなか、日程が組めませんが、十文字峠や甲武信岳、そして股の沢林道に踏み入れてみたいと思っています。

奥秩父も、賑やかなのは雲取山や金峰山、瑞牆山と限られており、その他の広大な尾根や沢は、しずかな山旅にはもってこいなんだと思います。

今年は何度も行きたいと思います。

2012/05/22 (Tue) 00:49 | EDIT | REPLY |   

ai  

No title

標識の写真を見ると、とても胸が痛みます。。。
心が病んでいる人の仕業としか思えません。
山を愛する人に悪い人はいないって、
ずっと思っていたのに、なんだか悲しいです。(;ー;)

私もこの前、伊吹山でマウンテンバイクを担いで登る青年を見ました!
どうやって下るの?って場所もあるのに、凄いです(~_~;)
自転車ブームは都市部だけじゃないんですね(笑)

2012/05/21 (Mon) 20:33 | EDIT | REPLY |   

俄歩人  

楽しみに待っております

 こんにちは
 この長大な尾根道、白泰山、赤沢山、大山と幾つもの峰を越えなければならないけれど
一里観音から二里、三里、四里観音まで安置されているということは
信州へ抜ける昔の正規ルートなのでしょうね。

 さっそくの試行、さすがの行動力ですね。
シラビソ、トウヒやツガなど いかにも奥秩父の雰囲気に溢れた樹林の白泰山山頂。
白岩岳の南東面に拡がる昼なお暗い森林が想い出されました。
周回走破のレポが待たれます。
 

2012/05/21 (Mon) 10:28 | EDIT | REPLY |   

タジ  

No title

充実した休日を送ったようですね
私も箱根の山を歩いてきました

今山は新緑とミツバツツジのコントラスが綺麗ですね
標識が壊されているの始めてみたが
酷い事する人がいるんですね(プン!)
下から4枚目の写真(@_@)!可也の急坂だ~~~^_^;

2012/05/21 (Mon) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。