-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2012

雪山三昧③・・久しぶりのハードな山だった南八ヶ岳・権現岳-編笠山

下山の朝です。

三時半ころから起きだしたが、一旦雑炊に餅を入れて食べたものの、そんなに早く出ても意味ないので、またシュラフに潜ったりし、六時ころやっと起きてラーメンを作って食べ、ぼちぼち支度を始める。

同宿の青年二人ものんびりしている。

外に出ると、今日も良い天気。

編笠山からの展望が楽しみです。



201203Yatsu-68.jpg


青年小屋の前から、北アルプスの穂高から槍ヶ岳、表銀座の山々が白く輝いて見える。

201203Yatsu-69.jpg


こちらは、さらに後立山の山々。ほぼ中央に、高く鹿島槍が見える。

201203Yatsu-70.jpg



さて、二人より先に出たものの、編笠山への登路がわからず、岩の間で、ワカンにもかかわらず、埋もれたりしているうちに、彼らが、さすが夏道を知っているだけに、先に行ってくれた。

おかげで登路がわかり、後を追うことになる。

どこが樹林の切れかが、知らないとわからず、そこを見つけようと左に回り込みすぎたため、腰まで埋まるラッセル地獄につかまってしまったわけだ。

何のことはない、夏道はまっすぐ小屋の前から直登することでよかったようだ。

あとはひたすら樹林の切れをまっすぐ登っていくだけ。

馬力の二人はどんどん登っていくが、こちらは息をつきながら。。

201203Yatsu-71.jpg


ほどなく、編笠山のまあるいてっぺんに。

大展望が広がる。


富士山だ。

201203Yatsu-72.jpg


三角点標石と、中央アルプスの山々。

201203Yatsu-73.jpg




201203Yatsu-74.jpg




201203Yatsu-75.jpg


ギボシと権現岳を背景に。

20120320amigasax.jpg


中央アルプスと御岳山、そして乗鞍岳が白く輝き、手前に諏訪の盆地が広がる。

201203Yatsu-76.jpg



富士見高原に下山する二人と別れ、観音平に向かって、まっすぐ転げ落ちるような斜面を下りはじめる。

斜面に入ると、強かった風がぴったりと収まる。

とたんに、日射しが暖かい。


201203Yatsu-77.jpg


雪が少しずつ腐り始める中をどんどん下る。

二日前、ここを登ればトレースはばっちりあったんだね。

直登に近いから相当きつかっただろうけれど、あの数時間のラッセルよりは早く小屋に着いたんだろうな…


201203Yatsu-78.jpg

この季節、下山の時に、春をものすごく感じる。

思い出づくりの山下り。


201203Yatsu-79.jpg


途中でのんびりココア飲んだりして、押手川まで、小一時間ほどで降りてきた。

日帰りの二人組が登ってきている。


201203Yatsu-80.jpg




201203Yatsu-81.jpg


ここからは傾斜は緩まり、暖かな日射しに雪はどんどん融けていっているようだ。

春山、春山。


201203Yatsu-82.jpg




201203Yatsu-83.jpg



雲海展望台について、空を見上げると、上空の風は強い。薄く雲が広がり始めていた。

ここにも、ご高齢の二人組が二組、登ってきている。


201203Yatsu-84.jpg




201203Yatsu-85.jpg


雲海で雪が切れたので、アイゼンは外し、すっかりポカポカ陽気の中、明るい木立の間を下っていく。

このあたり、重荷にあえいでいたっけね。二日前の曇天の下。

201203Yatsu-86.jpg


振り返ると、木の間から権現岳が白く見える。

こういう瞬間が、いいね。

これだから、三月の雪山は止められない。

201203Yatsu-87.jpg


観音平近くまで降りてきた。

陽だまりハイクの雰囲気だ。

201203Yatsu-89.jpg


すっかり雪の消えた駐車場のベンチでアウターのズボンを脱ぎ捨て、スパッツを外し、隅に残った雪で靴の泥を落として林道を下りはじめる。



落葉松の林の間を、今度は車道を辿って下った。

登りは遊歩道を通ったけれど。

201203Yatsu-90.jpg


舗装された車道歩きはそんなに快適ではない。

いい加減いやになって、観音平の入り口ゲートに着き、森の駅の駐車場へのちょっとの登りにあえいで、やっとこの山が終わり。

誰もいないのをいいことに、建物の陰で全部着替えた。

急ぐ旅ではない。

201203Yatsu-91.jpg


のんびり、八ヶ岳のすそ野の鉢巻道路から佐久への国道に出て、いつも通いなれた道を帰った。

途中、いつもの荒船の湯に寄って。

帰宅はまだ明るい内だった。


満足の山だったな。。。

次に来るときは、稲子湯から白駒池、中山峠、天狗岳、硫黄、横、赤岳、そして権現岳を越えて、三つ頭から下る、という大縦走がやりたいな。もちろん雪の時期に。


関連記事

- 4 Comments

devilman  

伯苑さんへ

白銀の世界とはよく言ったもので、本当に白と濃い青の世界は、鮮烈です。
フィルムカメラの頃は、スナップ用はネガで、風景用はコダクロームでと、二台のカメラを持っていっていました。

でも、春山は、好きです。季節の動くとき、いろいろと思い出が作られて、
それに共感して、思いがまた強くなったりするのだと思います。

それにしても今回は、一日四食食べてました。。。
寒いから、ついつい温かいものを作りたくなってしまうしね。

2012/03/25 (Sun) 02:40 | EDIT | REPLY |   

devilman  

あゆみ工房さんへ

結構ご経験されているのに、御謙遜されていますね??。

何につけても、天候が安定してさえいれば、多少の無理はできるってことですよね。
あれが、吹雪いたり、気温が下がってきたりしていたら、
ヘッドライトつけてのラッセルも、緊張の岩場もトラバースもあり得ないですよね。
ビバークか引き返しです。
そこが厳冬期と春山の違いかな。。

コメント、ありがとうございます。

2012/03/25 (Sun) 02:36 | EDIT | REPLY |   

あゆみ工房  

はぁ~ 緊張した!

すっかり、バーチャル登山させて頂きました。
山行けてないので、
忘れかけた感覚を少しだけ思い出す事が出来ました。
でも、devilmanさんの様な凄技は、とうてい無理で、
無雪期の編笠・権現しか経験なし。
春山、いいですねe-420

2012/03/25 (Sun) 01:28 | EDIT | REPLY |   

伯苑  

No title

素晴らしい雪山の風景を(人*´∀`)ありがとう+゚:。*゚+.
行った人達にしか見ることのできない貴重な風景を
見せて貰えて感激です^^
行きは大変でしたけど最後は2回も朝ご飯食べて
いいお天気の元
下るつど春の足音を聞きながらいい登山でしたね
  お疲れさまでした(^-^*)ウフッ♪

2012/03/24 (Sat) 17:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。