-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 2011

週末ハイク・・晩秋の奥武蔵を感じに。大持山・小持山

週末ハイク、どこかに行こう。

こう晩秋、というより、冬の始まりだ。

四日前には雪山歩いているし。

でも、いつもの家から見える山も飽きているし、どこに行こうか、と秩父まで出る。

出が遅くなったから、一の鳥居から武甲山をスキップして、小持ち山と大持ち山を縦走し、例によって妻坂峠から一の鳥居に戻るのが、手ごろだ。

2011-11-27-01.jpg

さすがに遅くなってついたので、駐車場はいっぱい。入口に外に止める。


2011-11-27-02.jpg

クマさんにお願い・・


2011-11-27-03.jpg

現在地から、武甲山には登らず、持山寺あとを経て、シラジクボに登り、小持山に向かうというコースだ。




2011-11-27-04.jpg

時々日がさす。気温はそれほど低くない。


2011-11-27-05.jpg

ここが、武甲山とシラジクボの分岐。


2011-11-27-06.jpg

植林の中をジグザグに登っていく。


2011-11-27-07.jpg

そんなにかからずにシラジクボにはついた。稜線に登りついたわけだ。


2011-11-27-08.jpg

この辺りからだと、武甲山はそんなに急には見えない。

でも、均整のとれた山様だ。


2011-11-27-09.jpg

小持山への途中から東を見ると、武川岳の稜線が、すっかり茶色くなっているのがすぐそばに見える。


2011-11-27-10.jpg

小持山に登りつくと、展望が開ける。

白く見えている山の真ん中が谷川連峰だ。


四日前にはあそこにいたってわけ。


2011-11-27-11.jpg




2011-11-27-12x.jpg




2011-11-27-13.jpg

ここから見る武甲山は、ずいぶん大きく見える。


2011-11-27-14.jpg

ここで昼食。うどんを煮る。

なんと、煮立ってうどんを入れて間もなく、ガス切れ。

かろうじて温かいうどんが食べられたからいいけど。

小さなカートリッジ使うの初めてなので、感覚がわからなかった失敗。

おしるこは断念だ。




2011-11-27-15.jpg


小持山から大持山への稜線はアップダウンがあり、痩せていて、少し時間を取られる。


2011-11-27-16.jpg




2011-11-27-17.jpg

大持山に到着。


2011-11-27-18.jpg

木の間ごしに、小持山と武甲山が見えるのは、冬枯れの山の楽しさ。



2011-11-27-19.jpg


手前、妻坂峠へ下る尾根と、その向こう、武川岳の稜線、そしてそのさらに向こうは伊豆岳。


2011-11-27-20.jpg


妻坂峠へ下る尾根の分岐。南の方角は開けていて、空気が澄んでいれば、東京方面が見えているはずだ。


2011-11-27-21.jpg


妻坂峠への中間点の目印、ケルンを積んだ岩。


2011-11-27-22.jpg




2011-11-27-23.jpg


峠の指導標が見える。ここまでの最後の下りが、相当な斜度だ。

七月に登った際には、汗を絞られた。



2011-11-27-24.jpg

峠からの下り、紅葉の名残を楽しむ。


2011-11-27-25.jpg




2011-11-27-26.jpg




2011-11-27-27.jpg


さあ、降りてきた。

帰ろう。

2011-11-27-28.jpg


関連記事

- 8 Comments

yumecco  

No title

夜祭りは、5,6年前に一度行きました。
確かにすごい人でした…お祭りだから仕方ないんでしょうけど、せっかく行ったんだから、よく見える場所でゆっくり堪能したかったかな…でも、すごい盛り上がりでしたよ\(^o^)/
指定席などが取れたら、高めの位置から見れて良いかもしれません。
あと、とにかく寒かったです(。-_-。)

2011/12/05 (Mon) 13:51 | EDIT | REPLY |   

devilman  

yumccoさんへ

秩父夜祭、行きたいけど、なんか、伝えられる混雑を聞くと、二の足になってしまい、いまだ行ったことがないんですよ・・
yumeccoさんは、行ったのですか。

2011/12/05 (Mon) 00:36 | EDIT | REPLY |   

devilman  

yumeccoさんへ

「くまさんへ」って楽しいですよね。
実際出会ったら、ただ事じゃないけどね。

晩秋の山、落ち葉を踏むと、静かな気分になってきます。
大霧山でも味わえますよ。

2011/12/05 (Mon) 00:34 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

冬の奥武蔵、ぜひおいでください。
おっしゃる通り、大持山から南に下り、妻坂峠の分岐の開けたところは、いつ来ても、遠望に心が開かれる思いです。
絶妙な風景じゃないかと思ったりします。

あの急坂、一度盛夏に登りましたが、汗は絞られましたが、意外に短い気がしました。
初めて下ったときはとんでもないと思いましたが、慣れてくると、それほどの距離じゃないので、
まあ何とかなるかな、って感じになりますよ。

2011/12/05 (Mon) 00:32 | EDIT | REPLY |   

yumecco  

No title

熊さんあての看板があるなんて。しゃれてます。
葉っぱの落ちた木々の中にある紅葉。山を登らないと見られない光景ですね。
12月3日は秩父夜祭りの日?!見に行かれましたか??

2011/12/05 (Mon) 00:29 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ

コメントありがとうございます。
武甲山は、本当に堂々とした山容ですね。
大持山・小持山は、晩秋・初冬と、盛夏のころにしか登っていないので、次回は、ご指摘の春・初夏ですね。
手ごろで、行きやすいので、来春にトライすることにします。

2011/12/05 (Mon) 00:28 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

devilmanさん、こんばんは。
大持山から少しくだって、妻坂峠方面に
左に折れるところからの景色がとても
素晴らしかったのを思い出しました。
武甲山からまわってけっこう疲れた感じ
だったと思います。特に左に折れて、
妻坂峠に下るのはほんとうに急で膝が
ぷるぷるして、転んだらそのまま下まで
行っちゃいそうな感じでした。

この冬は奥武蔵にも通いたいです。

2011/12/04 (Sun) 23:47 | EDIT | REPLY |   

俄歩人  

こんにちは

 武甲山も南側から眺めると 採石跡の山肌が見えず、秩父の盟主
としての立派な山容ですね。
私も残雪の棒の折山から遠望して認識を新たにしたことがあります。

 子持山~大持山のアカヤシオの頃はどんな具合でしょうか。

2011/12/04 (Sun) 11:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。