-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20 2011

テントのテストのつもりが、大快晴の北八ヶ岳・天狗岳

この三連休、特別出かける予定もなく、というか台風でしょ。
と思っていたので、近場の山に、日帰りで、いつも通りいこうかな、としか思っていなかった。
台風でひどければ、それもないだろうし。


ここでふと思いつき。
新しいテント。
台風は、絶好の試し張りのチャンスではないかと。。

で、そこそこの準備をして、駐車場から近いテント場を物色したが、なかなか近場にいいところはない。
普通のキャンプ場では、なんかなあ・・なので、登山のためのテント場で探すと、
結局、奥秩父の大弛峠か、北八ヶ岳の白駒池。。
大弛の林道行くのは、運転しんどいから、結局、またいつかのように白駒池、になった。

日曜日、土曜日と違って、風も吹かないし、えらく暑いし、いい天気。。
なんですか。。

もしかして、とてもいい天気???
あせって、一時過ぎに家を出た。
関越道も、上信越道も、好天に気づいて急に出かけたっぽい車がピュンピュン走っている。
車は多いけど、ぐんぐん走っているので、いつもと変わらない時間で、下仁田で降り、内山トンネル抜けて佐久盆地に出る。

ちょっと、内山トンネル手前の荒船山を見上げてみた。
シンちゃんの作者の方が亡くなって、有名になったけど。

110917-01.jpg


トンネル抜けてしばらく行くと、コスモス街道に出る。
この季節にとおるのは初めて。
駐車場があり、イベントもやっている。
コスモスって、確かにきれいで季節感あるけれど、
外来種で、固有種を駆逐する迷惑な種だってこと、みんな知っているのかな。


110917-02.jpg



小海線沿いの道に出ると、なんとなんと、八ヶ岳が一望じゃないか。。
すごい天気だ。
稜線にいた方は、素晴らしい一日を過ごしたはず。
遠望がすごく利いていたんじゃないかな。。



110917-03.jpg


あすはどうなのか。。ちょっと焦り始める。

こんなふうに佐久側の下界から、八ヶ岳の全貌眺めるの、久しぶりのような気がする。

R299メルヘン街道のぐねぐね道を通って、白駒池駐車場到着。
もともと天気が悪い予想だったせいで、それほど混んではないい。
今日になってきた人たちばかりだろう。

110917-04.jpg




110917-05.jpg



110917-06.jpg


これは、もしかして、白駒池じゃなくて、高見石まで小一時間登った方がいいかな。
と思い出す。

高見石から、夕方の展望を眺められるし。
テント混んでないかな。。テント場、どんな広さだっけ。
小屋のイメージはあるけれど、テントを意識して見た覚えがない。

まあ、とにかく行こう。
パッキングできていないので、小一時間くらいいいだろうと、手提げ袋持ったまま行く。
ここは、等高線がうんと開いていて、緩やかな登り。一時間かからないはず。

110917-07.jpg


110917-08.jpg


時々降りてくる人たちに会う。
多くは、登山者というより、観光客。

北八つらしい森の中を速足に歩く。
上りらしい登りは、ない。

30分で着いた。
懐かしい小屋に入り、テントの申し込み。

テントも小屋前に、ふた張りだけ。それも、二人パーティーで一人ずつのテントらしい。
小屋の中も静かで、すいているみたい。

110917-11.jpg


110917-12.jpg


PuroMonte、初めて設営。
張り綱が、いつも使っているのより細く、滑る。
ペグがごく小さく、使いにくい。
ペグに引っ掛けるためのテントについているループの長さが足りない。ペグの挿し位置の自由度がせまくなる。

特に、このテント場は岩の上を表土というか森林の堆積物が薄く覆っているだけの、北八つ特有の土地なので、ペグがすぐ岩にぶち当たってしまうから、挿し位置をかなり選ぶ必要があるから、少々苦労した。
河原のテント場も、石にぶち当たることも多いので、この辺は大切。

だいたいは、周囲にある重そうな石を活用してペグを固定したり、ペグ使わずに張り綱を石に絡めて固定することも多い。

ペグは、軽さを追求するために小さくしすぎの感がある。ペグをひっかけるところも小さすぎて、すぐ外れたりする。
これは、重さをチェックして、今までのアルミのフック型の方がいいかも。

今回は、初めてのテストなので張り綱を張ってみたが、稜線でない限り、必要はない。すべりやすかったけれど、慣れれば使えそう。

あとは、フライシートが、前のアクシーズなんかより、ぺらっべらに感じるほど、薄い。これで軽くなっているのか・・本体も、そんな感じがした。

とりあえず、アクシーズと変わった構造上の大きな点は、入り口が長辺側にあること。
ベンチレーターがついていること。

これは、なかなか良かった。


で、時間かけて張った後、いよいよ、夕方の展望を見に、小屋裏の高見石に上る。

おーっ、すごいねぇ。。

110917-09.jpg


110917-10.jpg



夕食は、簡便にスパゲッティ調理中。

110917-13.jpg



食べたら眠くなってきて、ちょうど目の前にカシオペア座がきれいに見えていて、下限の月の出るまではすごい星空だろうなあ。。と思いつつ、新品シュラフにくるまって、寝落ちてしまった。。
夢うつつに、星座の説明をしている小屋のご主人の声や、泊り客の声が聞こえていたけれど、起き出すには眠すぎ、そのまま夢の中へ。

物音に目を覚ますと、なんと五時すぎ。ご来光だっ。

あわてて、高見石に登る。
間に合った。
周囲が白み始め、遠くの山が薄いブルーに浮かび上がる。

それに、雲海がすごい。
こんな雲海、見たの久し振りかも。

110917-14.jpg

110917-15.jpg



しばらく経つと、来ました、ご来光です。

110917-16.jpg


天気はどうなるのか、前夜のラジオの天気予報では、この日も暑く、良い天気とか。。
でも、雲が上がる前に天狗の頂上に行きたい。

ラーメンを作ってかき込み、それでも六時過ぎてしまって、15分頃出発。

風の音が、耳に入ってくる。
懐かしいような気がする。

この登りは、ゴロゴロ石でじめじめしている。
要は、歩きにくい。

110917-17.jpg



110917-18.jpg






110917-20.jpg

中山の頂上まで、徐々に傾斜を強めて登っていく。
ちょっとオーバーペースでばてたが、そんなにかからず、中山の頂上を過ぎ、展望台に。

これはすごいよ。
南アルプスは天狗岳にさえぎられて仙丈岳しか見えないが、まったく雲のない中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、少し雲は沸いているが、北アルプスの西穂から奥穂、大キレット、槍ヶ岳、燕岳、立山、剣、鹿島槍、すごい展望だ。
さすが、秋空。

蓼科山と北アルプス遠望。

110917-23.jpg



中央アルプスと御嶽山

110917-24.jpg



遠く、立山、剣岳。右に鹿島槍ヶ岳へ。

110917-22.jpg


これはもう、槍穂高。


110917-21.jpg


真っ青な空に、白い下限の月が。

110917-19.jpg



すこし行くと、東側の展望も開ける。
奥秩父の金峰山、そして手前に特徴的な天狗山、男山。

110917-25.jpg


110917-26.jpg



強い冬の季節風に、枝が偏った木々、色づき始めた木々の葉。

110917-27.jpg


110917-28.jpg



中山峠についた。ここから、天狗まで一気に登る。

110917-29.jpg



振り返ると、にゅうの特徴的な小さな三角が見える。


110917-30.jpg



けっこう風が強い。

見下ろす、稲子岳の岸壁。

110917-31.jpg


木肌がきれい、そして天狗の頂上直下の岩峰が見える。


110917-32.jpg



110917-36x.jpg



さあ、頂上です。
ここだけ、なぜか混んでる。
そのわけは、南からもどんどん登ってきているからだ。
背景に、金峰山から左に続く奥秩父の山々がまぶしい。

110917-37.jpg

風はそんなでもなくなった。

西天狗と中央アルプス。

110917-33.jpg



硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳の南八ヶ岳の山々はごく近い。
山並みが、怒涛のように見える。

110917-35.jpg


南アルプスはすぐそこに、左から北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。
北岳から右にいったところに、ちょこんと塩見岳が見えているのがいい。

110917-38.jpg


110917-34.jpg



中央アルプスは、まったく雲がない。

110917-39.jpg



雲が巻き始めた北アルプス。

110917-40.jpg


山ガールがたくさんいる。
「くも、ちょーきれい」なんて言っているのを聞くと、不思議な感覚と同時に、こういう自然の美しさにふれててくれるの、とても嬉しい。
というか、そのために苦労して登ってきているわけで、そのことに感心する。
ちゃんと耐えなければ、登ってくることはできないのだから。

110917-41.jpg

110917-42.jpg


110917-43.jpg


あまり人気の山は行かないが、ここのところ、北アルプスに二度も行き、カップルでの山ガールや家族連れの山ガール、プチベテランの山ガールは見ても、ギャルっぽい山ガールとか、ほんと若い女性だけのパーティーとか、ここで初めて見た。
・・・というか、普段気にしていないのから気づかないのか。。。

山登りを始めた中学生のころから、幾星霜、山に来て、「若い女性らしい」若い女性を見ることなど、ついぞなかったよ。。

いったい、だれが始めたのかな、このブーム。


30分ほどのんびりしていたら、どんどん混んできたので降りる。


中山峠から、五分ほど足をのばし、黒百合平に行く。
乾燥してのどが渇き、一リットルあったアクエリを半分飲んでしまったから、ジュースでも買い、また集めている手拭いを買いにだ。

110917-46.jpg 


110917-44.jpg


110917-45.jpg



小屋前のベンチに腰かけると、風もなく、青い空、明るい陽射し、そして静かさに、のんびりした気分は最高潮になる。

登山者は二組くらい。

下山準備でのんびりしている。

小屋の中も、静まり返っている。

最高のひとときだね。

こういう時って、一人でいるのがいいのかね、それとも仲間といるのがいいのかね、一番一緒にいたい人といるのがいいのかな。。

山はほとんど一人だから、一人の楽しみ方に、こういうひと時は入っているよね。


ぼちぼちテントに戻ります。

中山までは、はじめは東の崖沿いの道を気持ちよくたどり、そのあと短いけれど、大岩ごろごろの登り。


110917-47.jpg

途中、にゅうへの分岐。

中山頂上付近。

110917-48.jpg


110917-49.jpg


あとは、ゴロゴロの道をどんどん下る。

110917-50.jpg

すべりやすくて気が疲れる。

あっという間に、高見石小屋前のテントに帰着。

110917-52.jpg


110917-51.jpg


11時。のんびりした割には早かったかな。

気分の良い、午前の散歩道。ちょっとハードでしたが。

小屋前のテラスで、お汁粉を注文して味わった。

450円。甘くて、おいしい。

学生のころに冬の黒百合平ヒュッテでたのんだお汁粉は400円だった。

値段、ほとんど変わっていないじゃん。

小屋前は、白駒池駐車場から上がってきた観光客がぞくぞく到着し、去っていく。

縦走して降りてくる人もいる。

のんびり、人の少ないテラスで過ごすと、眠くなってくる。

こんな気分の良いひと時ってあっただろうか。

その学生時代の冬の山の時、黒百合平から高見石まで来て、途中で出会った方と三人で、このテラスで明るい日差しを浴びながら、お昼の語らいをしたことを思い出す。
お互い初対面なのに、楽しい話をして、一緒に渋の湯に下り、茅野駅前で年輩の方に馬刺しをごちそうになった。
その方は、鍼灸師の方で目がお悪かったが、山歩きは問題ないとこと。
もう一人の若い方は少し年上でもうお勤めの方だったが、帰りの電車で、銀色に輝く南アルプスを眺めながら、その方が冬の北鎌尾根で遭難しかけた話を聞かせていただきながら、こちらが八王子で降りるまでご一緒した。

季節は違うが、このテラスの陽射しと気分は、その時のことを思い出させる。

ひとりでも、気の置けない関係がもてる状態の人と一緒でも、こんな気分と雰囲気を楽しめるのかな、そんな気もした。

そのお二人、二~三年は年賀状のやり取りがあったが、その後記憶の中から消えていった。


帰りは、白駒池に直接下り、観光客を縫って、駐車場までの森の道を少しだけ歩いて、この幸運な山の終わりとした。


110917-53.jpg


110917-54.jpg


110917-55.jpg


110917-56.jpg




追って…

来週は、同僚の求めに応じて槍ヶ岳に行くのだけれど、天気、大丈夫だろうか。。不安。。
関連記事

- 14 Comments

devilman  

nao-cchiiさんへ

コメント、ありがとうございました。
登山、是非に登ってみてください。
出会える自然の営みに、感動することが多いですよ。
また、よろしくお願いします。

2011/09/26 (Mon) 14:11 | EDIT | REPLY |   

nao-cchii  

No title

景色のいい写真がいっぱいだったのでついコメントしてしまいました。

テントテストがこんな登山に変わるのはすごいですね。
1日かかりだったのではないですかね?
いろんな景色が見られて、おまけに日中にぼんやり浮かぶ月まで。
登山に出掛けたくなる記事でした。

2011/09/26 (Mon) 07:41 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ

八ヶ岳は、南から北へ、また東と西と、それほどの距離ではないのに、
大変変化のある世界を展開してくれるのが魅力ですよね。
森林逍遥の北、荒々しい高山の南、そしてたおやかな西と、
樹海と急斜面の東。。
通い詰めてもいいくらいですね。

ははっ、ギャル写真ですか。。かみさんも山に来られればいいのですが。。
いずれ、家内には感謝しています。

2011/09/23 (Fri) 01:59 | EDIT | REPLY |   

devilman  

伯苑さんへ

遅すぎるってことはないと思うよ。
いつまでも、可能性を信じていきましょう(笑)
今度、くまさんとタジさんと山オフやるからね。

> こんな素敵な光景に出合うなら山ガールデビューしてみたい^^
> って もう遅すぎるね(;´▽`lll``

2011/09/23 (Fri) 01:55 | EDIT | REPLY |   

devilman  

Mikiさんへ

本沢から秋に天狗に行ったのが初めての山ですか。
それは、きれいだったでしょうね。
八ヶ岳は東面が変化に富んでいて、また魅力の一つです。
雪の時もきれいですよ。

2011/09/23 (Fri) 01:52 | EDIT | REPLY |   

俄歩人  

風雨のテストテン泊が快晴の山歩きに

devilmanさん こんにちは
 お若い頃から山歩きをされている方は やはり山の楽しみ方が明るく
けれんみがないですね。 しかもまだまだ相当なご健脚。
白駒池、高見岩からニュウや中山への苔むした樹林下の道は
私も妻も好きな登山道のひとつです。

 あまり山ガールばかり写していると いつでも好きな時に送り出してくださる
優しい奥様に睨まれますよ。 まだ息子さんの彼女には早そうですし・・・。

 前回の笠山にメッセージをと・・・、しかし私のPCの調子が悪いのか
認証コードの半角入力が識別されず、受け付けてもらえませんでした(すみません)。

2011/09/22 (Thu) 16:56 | EDIT | REPLY |   

伯苑  

No title

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪テントのテストが思いがけずの
素晴らしい景色のオンパレード!!!!凄い!!

雲海にご来光。+゚☆゚+(。✪▽✪。)+。・゚♡。+゚☆゚+
こんな素敵な光景に出合うなら山ガールデビューしてみたい^^
って もう遅すぎるね(;´▽`lll``

都会の坂道散歩で我慢して
素晴らしい景色はここで見て山ガール気分だけでも
満喫しちゃいましょ~(*´▽`*人)・:*:・

2011/09/22 (Thu) 16:14 | EDIT | REPLY |   

Miki@宵の明星  

天狗でしたか!

初秋の北八ついいですね♪
昨年登山を始めてすぐに行きました。その時は本沢から。
黒百合平から登ったことがないので、そちらも行ってみたいです!
でも山ギャル(ガールというより・・・)がいっぱいいるんですね(^^;

2011/09/22 (Thu) 14:44 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

いやいや、くまさんはお仕事ですから、無理しないでくださいね。
こちらは、これが限度ですから。
体に気を付けて、頑張ってくださいね。
また山は行けますよ。

2011/09/22 (Thu) 00:48 | EDIT | REPLY |   

devilman  

aiさんへ 

あははははっ。。。
こういう偶然も、こんな風に続くと、次は。。と楽しみですが、
まあ、今回まででしょう。いくらなんでも。
万が一、どこかで鉢合わせなどしたら、それこそ、どしゃ降りになりそうですよ(爆)

というか、惜しいかな、僕が天狗岳に登ったのは、月曜日でした。。
それでも、示し合わせたように、同じ山に登るとはね。。
八ヶ岳だって、たくさんピークがあるのにね。

以前に、台風のキレット小屋でたまたま一緒に沈殿し、二日後の朝、これもたまたま出発が同時で、一緒に風雨の中八つ峰キレットを超えた人と、次の年に双六の頂上で再会した時も驚きましたけれど。。。
その後はないものね。

それより、台風の被害、大丈夫でしたか。
そちらの地方の被害が大きいように報道されていますし。


2011/09/22 (Thu) 00:47 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

おっしゃるとおり、しらびそ小屋に雪の時に泊まって、森林逍遥なんて、
いいですよね。

静かな時が、きっと心を洗ってくれそうです。
ぜひ実現したいですね。

2011/09/22 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

いいな~~ 山へ 行きたいな~~
 ここは 山ブログになっていってるのに
  くまは だんだんと 下界ブログになってます

2011/09/21 (Wed) 19:30 | EDIT | REPLY |   

ai  

凄い! 

devilmanさん、、、 
私達もこの日曜日、天狗岳にいましたよ (笑) 
どこへ出かけるのか告知もしていなかったのに・・・すごい偶然!
槍平に続き、狙っている黒部ルート、そして天狗岳と、
びっくりしすぎて笑えます ^m^♪

私達は唐沢鉱泉~西尾根~天狗岳~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉のルートで、
正午ぐらいに山頂でしたので、すれ違ってはいないと思いますが・・・。

天狗岳、とっても良い山でした!
現在、レポを準備中です。。。

2011/09/21 (Wed) 09:33 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

こんばんは。

天狗岳、大好きです。昨年は2度登りましたが、
2度とも大展望で今年も登りたいなと思っています。

北八ヶ岳、いいですね。
個人的にはしらびそ小屋に泊まって北八つを
歩きたいと思っています。時間がとれればいいの
ですが、なかなかとれませんね。

山小屋でお汁粉、最高ですね。まったりした時間が
いいですよね。

2011/09/20 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。