-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26 2011

奥穂高岳、一気呵成の12時間行動。。。その②

岳沢小屋からは、3000mの稜線のモルゲンロートが楽しめます。

東の空は、明神岳の稜線です。


okuho-012.jpg


正面、雪渓の見える沢が、奥明神沢です。積雪期には、ここを登ります。


okuho-013.jpg


やっと朝食の時間。あっという間に平らげます。

またもや。味噌汁がうまい。。


okuho-014.jpg



東の稜線を見ながら、出発です。

名だたる岳沢、重太郎新道の登りに挑戦です。

学生時代に上高地から一気に奥穂まで登ったことがありますが、あまり記憶がありません。



okuho-015.jpg


最初から、草つきの急登ですが、所々、岩を攀じていかなければならず、さすがに高度だけはどんどん上がります。

奥穂の頂上までの標高差は1000メートル強、です。


okuho-016.jpg



okuho-017.jpg


草つきを終えると、はしごや鎖が始まります。


okuho-018.jpg


岳沢小屋がすぐ下に見えます。水平距離は近いけれど、高さはずいぶん上がりました。


okuho-019.jpg



okuho-020.jpg



okuho-021.jpg



okuho-022.jpg



okuho-023.jpg


ようやく、道が傾斜を緩めてきました。出発して1時間半くらいです。


okuho-024.jpg


さらに登ると、明神岳の高さに追いついてきました。


okuho-025.jpg


目指す奥穂高岳が目の前に見えます。


okuho-026.jpg


振り返ると、上高地、そして左に霞沢岳と六百山、奥に乗鞍岳が望めます。

今日も天気は良さそうです。


okuho-027.jpg



朝日を浴びて明るい、西穂高への稜線です。


okuho-028.jpg


今回、奥穂高岳に登頂することが最大の目的だったので、前穂高岳はパスしました。

重太郎新道の急登を終え、紀美子平で前穂への道が分かれますが、パスです。
多くの人が、ザックをデポして、前穂頂上をピストンしていましたが、今回はなし、です。

ここから奥穂へは、吊尾根という、のんびり歩けそうな名前の尾根ですが、どうしてどうして、岳沢側をへつる道は、いったん滑ったら、命はない、状態のルートです。
けっこうアップダウンもあり、時間がかかりそうです。

それに、穂高岳山荘に泊まって奥穂でご来光を見たと思われる登山者が、どんどん前穂に向かってきます。
その擦れ違いにも時間を取ります。

30人くらいの韓国人の団体登山者とすれ違ったけれど、最初の数人は、「おはようございます」だったが、あとはみんな「アニョハセヨ」となり、最後の数人が、また「おはようございます」に戻ったのがおかしかった。



okuho-029.jpg







okuho-031.jpg


しばらくいくと、遂に涸沢側がのぞけるところに来ます。

前穂高北尾根の西壁です。3・4のコルが見えています。


okuho-032.jpg


ここからも、岳沢小屋が真下に見える。


okuho-033.jpg


ふりかえると、前穂高岳が大きく見えます。


okuho-034.jpg


前穂北尾根の4,5,6峰と、向こうは蝶が岳方面でしょうか。


okuho-035.jpg


覗き込むと、涸沢圏谷の底が見えます。

涸沢小屋と涸沢ヒュッテ。


okuho-036.jpg



涸沢の上には、北穂高岳。右下に下りていく、南陵のジクザク道が見えています。



okuho-037.jpg


向こうに見えるのは、爺が岳、鹿島槍ヶ岳、そして白馬岳の後立山連峰です。


okuho-038.jpg


明神岳の西斜面のひだ。


okuho-039.jpg


いよいよ、奥穂の頂上が近付いてきた。


okuho-040.jpg



okuho-041.jpg


ここが、奥穂高岳の頂上。右の石積みと祠は、穂高岳山荘を建て、今日来た岳沢の重太郎新道を開いた、今田重太郎さんがつくったもの。

本当は、奥穂高岳は3190mで、南アルプスにある北岳の3192mに及ばず、日本第三位の標高となってしまったことに対し、石積みを作ることで3193mにしたとのこと。

従って、石積みの上に登れば、日本で第二番目に高いことろにいることになるというわけ。


okuho-042.jpg


で、日本で第二位の高さで記念撮影。

okuho-0451.jpg


okuho-0441.jpg


関連記事

- 10 Comments

devilman  

ノラの小走りさんへ

夏山は、高い山ほど爽快ですよね。
まあまあのお天気で、息子を頂上まで登らせられたので、よかったのですが、
登校日に課題が間に合わないから、とか言って、涸沢でののんびりした一泊をキャンセルさせられたのは、残念でした。
いまだに、涸沢の夜明けを見ていません。。。
今年こそ、と思いますが・・

2012/01/22 (Sun) 05:16 | EDIT | REPLY |   

ノラの小走り  

感動です♪

こんにちは。

奥穂高の雄大な景色、拝見させていただきました~♪
やはり北アルプスの山だけあって迫力満点ですね。
それに山荘まで12時間登られたというのには脱帽です!

日本で2番目に高いのは実は奥穂高岳だったのですか!?
勉強になりました(≧∇≦)

それにしても重太郎新道の登りはかなりのアドベンチャーですね!
下を見たら固まってしまいそうです!

2012/01/21 (Sat) 11:04 | EDIT | REPLY |   

devilman  

Mikiさんへ

コメントありがとうございます。
重太郎新道は、考えないで登るのが秘訣。
学生時代も今回も、元々の計画ではなく、はずみで行っちゃったって感じです。
意外に楽です。一気に高度があげられる。
お勧め。
北穂もいいけど、上高地→岳沢→奥穂→穂高岳山荘→涸沢岳→北穂→涸沢→上高地
をお勧めします。
お盆のころに、その辺にいるかも、です。
どうか、お気をつけて。

2011/08/02 (Tue) 01:08 | EDIT | REPLY |   

Miki@宵の明星  

素敵♪

奥穂高、憧れです!
重太郎新道からの道、いつか登ってみたいです。
でもレベル的にまだまだです~
まずは、お盆に北穂高あたりを登ろうか考え中です♪

2011/08/01 (Mon) 01:30 | EDIT | REPLY |   

devilman  

つる姫さんへ

コメントありがとうございます。
地方によって、山の味わいも違います。
機会があったら、ぜひ北アルプスにも登ってみてください。
人が多いので、登山道は大変良く整備されています。
まさに、日本離れした絶景に出会うこともあります。
ぜひに。

2011/07/30 (Sat) 00:44 | EDIT | REPLY |   

つる姫  

雄大な景色

こんにちはv-290

素晴らしい!!この深い山の景色に見とれました。
それに歩くのに厳しそうな岩だらけの登りや尾根道・・・
やっぱりこちらの山とは違いますね~~~ 山の深さが違う!スケールが違う!
いつかはこの雄大な景色をこの目で見てみたいものです。

2011/07/29 (Fri) 16:25 | EDIT | REPLY |   

devilman  

ブルさんへ

帰りに横尾から河童橋まで歩きましたが、
どうもあの距離は好きになれません。
とすると、やっぱり、岳沢からダイレクトに登った方が、
楽なような気がします。
思ったより、快適にどんどん高度があげられるし、
吊尾根も、きついことはなく、むしろ高度感があって楽しい歩きですよ。
ぜひ、お試しください。

2011/07/29 (Fri) 01:45 | EDIT | REPLY |   

ブル  

No title

こんばんは。
重太郎から奥穂ですか・・・すごいなぁ。
あこがれちゃいますね。

上高地から見る吊尾根はたしかにやさしそうに
見えますが、全然違うんですね。

いつか行ってみたいです。

2011/07/29 (Fri) 00:42 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

登ろうよ。ぜひ。
山小屋のご飯は、ご飯とお汁がお替り自由です、だいたい。
おかずはこんなもんなんじゃないかな。。
普通はテントなんで、去年からちょっと二食付にしたりしているだけでね、よく知らないけど。
くまさんは31日、来るのかな。

2011/07/28 (Thu) 00:09 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

こんな所へ 登りに行きたいな~~
 夕食 朝食 あれで 足りるのかな??
   くま的には 少ないような気も
皆 何かしら メッセージは もらってるんだよね

2011/07/26 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。