-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2011

奥穂高岳、一気呵成の12時間行動。。。その①

昨年の剣岳以来、何かといえば、山登りを実践してきました。

当初は、毎週登頂、を課し、某FACEBOOKにはその記録写真をupし始めました。
でも、体調や仕事など、なかなか毎週とはいかず、途切れがちのときもありましたが、このところ、またまた毎週が続いています。

心拍数を上げる運動を続けていると、基礎代謝が上がり、体重が減っていきます。
これも、大変重要です。
ただ、どうも最近、摂取する方も増大中で、これも大変由々しき問題です。


なんてことは関係ないのですが、いよいよ夏山、第一弾、行ってきました。
本来二泊三日の予定でしたが、急遽、一日早く帰ってきたせいで、二日目はなんと12時間行動となってしまいました。
足の裏は死んでいます。

で、今回の命題は、上高地から一気に岳沢を登り、奥穂高岳からの眺望を写真に撮る、です。
とりあえず、夏山恒例のテント泊は止め、行動を重視して、軽装とするため、山小屋泊まり二食付き、という豪華版です。
ですが、元来山岳部出、慎重に装備を整えてしまい、けっこう食料も装備ももっています。
まあ、テントじゃないから、特大ザックではなく、何とか敏速な行動ができそうです。



朝五時過ぎに自宅を車で出発、上信越道を東部湯の丸で降り、三才山トンネル経由で松本へ、そのまま沢渡の駐車場に九時前に到着、九時発のバスに乗れたので、上高地には9時半に到着できました。


めざす奥穂高岳は、雲に隠れていますが、天気は上々で、期待できます。
今日の泊りは、正面の岳沢を詰め、右に回り込んだところにある、岳沢小屋です。

okuho-001.jpg


観光客で賑わう河童橋の喧騒から少し離れ、木道を10分ほど行くと登山口です。


okuho-002.jpg


陽射しは強く、けっこう湿気を感じます。


okuho-003.jpg


30分ほど登ると、冷風が噴き出す「風穴」があります。
穴の中には雪が残っていました。ということは、吹き出す風は、0度近くということでしょうか。。


okuho-004.jpg


1時間近く登ると、ガレ沢に出ます。
振り返ると、上高地がよく見えました。

正面の斜面は、西穂高岳の稜線から落ちてくる斜面。



okuho-005.jpg



okuho-006.jpg



okuho-007.jpg


あと、小屋まで高度100メートルくらい。

okuho-008.jpg


岳沢小屋着。。以前岳沢ヒュッテという小屋があり、2005年まで営業していましたが、雪崩で流され、昨年再建された小屋です。やっと再建したという感じで、収容は30人。プレハブのような部屋に寝ます。
でも、けっこうすいていて、快適でした。


okuho-009.jpg


夕食!!  お味噌汁がおいしかった。バランスもよく、ご飯もホカホカ。これが、自炊にないよさですね。
開け放たれた窓からの涼しい外気を楽しみ、眺めを楽しみながらのひと時でした。


okuho-010.jpg


完食。。


okuho-011.jpg


プレハブのせいか、おとなりの物音は筒抜け、壁はないがごときで、女性部屋の楽しい語らいが聞こえていました。
でも、うつらうつらするうちに、寝落ちしたらしく、目覚めると1時半。トイレに行ってまた寝て、3時40分におきだしました。
朝食は5時ですから、のんびり過ごすことに。

大変の一日の始まりだったのです。






関連記事

- 2 Comments

devilman  

Mikiさんへ

コメントありがとうございます。
このコース、身軽な装備なら、トレランと言わないまでも、早歩き、早登りが楽しめそうです。
身軽だと攀じるの楽だし、心拍数もどんどん上がって、やりがいあると思うけどな。
学生の時は、ほとんど小走りに登ったような感覚を覚えています。
あの時は、翌日も、北穂高までの岩稜をポンポン登った記憶があって、とても快適だったという感覚が残っているし。
今回、息子は楽しんだみたいだけれど、こちらはもうそんな登り方は無理ですが。。
ぜひ、いろんな山を楽しんでくださいね。

2011/07/26 (Tue) 08:29 | EDIT | REPLY |   

Miki  

こんばんは♪

早速お邪魔してみました^^
昨年登山を始めたばかりの私は、登ってみたい山ばかりですが・・・
上高地から登る北アはもちろん憧れなんですが、中でも奥穂高は威風堂々の山ですね。
ゴゼンタチバナもカワイイ!

2011/07/26 (Tue) 00:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。