18 2011

日帰り強行の雲取山~予想もしない展開とは。。 その②

いよいよ下山です。

とにかく、戻る。

急なくだりだけでなく、いくつかのピークがあり、登りもしっかりあるし、長丁場だ。

4時間で下るのが目標。

登りは、休憩・昼食入れて、4時間半ほど。

まあ、四時間は余裕で切れるだろうと予測。

ただ、けっこう足に来ている。


とにかく、下る。

雲取山荘で水を飲み、またペットボトルに満タンにした。


登りと違い、大ダワへは男坂を取る。

と、雲取ヒュッテの前を通った。

すっかり、崩壊している。



kumotori-31.jpg


このあたりから、ニホンシカをよく見かけるようになる。

動体視力に優れているけれど、彼らの視力自体はよくないので、こちらが動かなければ、あまり気づかない。

そっと写真を撮る。

でも、ちょっと警戒心が薄い。多少動いても、あまり逃げない。

あちこちに、捕獲に張り紙があったが、増えすぎで慣れてしまっているのか。。



kumotori-32.jpg



kumotori-33.jpg



kumotori-37.jpg



大ダワから、けっこうな登りが始まる。

頂上まで行った脚には、さすがに応える。


kumotori-34.jpg


と、やれやれと、芋の木ドッケに到着。

あと、白岩山からの急下り。


kumotori-35.jpg


白岩小屋前で休憩する若者の集団。

午後だというのに、どんどん登ってくる人々が。。


kumotori-36.jpg


急下りを終え、お清平に到着。

あとは霧藻が峰からきつくないくだりだけ。ちょっと長いけど。

kumotori-39.jpg



kumotori-38.jpg


で。。。この後の展開が、予想もしていなかったことに。


詳細は、写真に残す事でもないので、事情のみ。だいたい、写真撮っていない。

①霧藻が峰の直下の登りで、蹲っている女性を発見。

②「脱水になってしまいました、水をいただけませんか」と言われる。
 幸い、雲取山荘で汲んだ水が、500のペットボトルに大半のこっていたので、彼女の水筒に移し替えた。
 「夏山は初めてで、小さな水筒しか持ってこなかった。こんなに水が必要とは思わなかった。」とのこと。

③ひとりであり、これから三峰に下るというので、とにかく付き添って、売店のある数分先の霧藻が峰まで登り、飲み物を買って飲むように言う。で、何とか登り、ポカリ一本と水を補給した。ポカリは一気飲みしたみたい。

④三峰神社のホテルに泊まっていて、朝五時に出発、頂上には10時過ぎに着いたとのこと。それはそれで、けっこういいペースだ。そういえば、どこかで下ってくる彼女に会ったような記憶はある。そこから脱水になって、ここまで遅れてしまったという感じ。つらかっただろうに。。
 気の毒というか、哀れというか。知らないとは怖い。小屋で水も汲めたし、飲めもしたろうに。雲取山荘に泊まりの方が、計画上はよかったような気もする。

⑤とにかく、歩き出したら、しっかりした足取りなので、ついて下ることにする。霧藻が峰のおじさんに水を水筒に入れて
 もらっていた。


その彼女。歩き方は自然で力が入っていない、いい歩き方をしている。ストックの使い方も、自己流というが、自然で無理がなく見えた。

筋はいいのかもね。後は、知識と経験だから、だれか仲間探した方がいいよ、と。


kumotori-40.jpg



kumotori-41.jpg


もう四時過ぎ。西日に、木々の葉が輝いている。


kumotori-42.jpg



kumotori-43.jpg



ホウの木のはっぱ。


kumotori-44.jpg



kumotori-47.jpg



登山口の鳥居に到着。


kumotori-45.jpg



kumotori-46.jpg



けっきょく、最終バスに乗り遅れた彼女を、西武秩父の駅まで送った。

なんて親切な人なんでしょう。。←誰も言わないので、自分で。

ただ、自分もいずれ、同じルートで帰るので、ついでです。



もっとも、最大によけいだったのは、途中でピカピカのデジカメを拾ってしまったこと。。

中見たら、お昼前に三峰神社に行って、そのあと登ったらしい写真が映っていたし、その前にはあちこちの山登りの写真などが記録されていた。

おいてっちっゃた人は残念がっているだろうに、と秩父警察に届けに行ったので、書類だなんだで手間かかった。。

めんどくせ。。ただ、自分でも、山にデジカメ置き忘れ、届けたけれど出てこなかった経験あるから、やっぱり届けたいよね。


なわけで、自宅には19時半にやっと着いたよ。


でも、まあ、いろいろと楽しい一日だったね。

あの彼女、ひとりで山始めて、一人で登っているというが、いろんな本読んで、知識つけていってくれるといいな。

でも、大胆だよね。事故のないことを祈り、山の素晴らしさをどんどん知ってもらえたらいいと、

陰ながら、応援することにしよう。


関連記事

6 Comments

devilman  

伯苑さんへ

彼女、無理する人じゃないみたいだけれど、知らないって怖いですね。
きっと今後は謙虚に学んでくれると思います。
山登りが、すごく楽しいといっていましたから。
気持ちの良い出会いでした。

2011/07/22 (Fri) 02:27 | EDIT | REPLY |   

伯苑  

No title

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪なんて親切なんでしょう^^v
彼女devilmanさんに出会えてラッキーでしたね
これに懲りないで、勉強して素敵な山ガールに
なって欲しいですね。。。

2011/07/20 (Wed) 00:01 | EDIT | REPLY |   

devilman  

くまさんへ

静岡はどうですか。仕事は??
そうですね。だいたい、最近は1.5リットルのポカリと500mlのお茶とかね。
冬は、1.5の他にテルモスの紅茶とか。
夏のテントの場合は、2リットルの水(炊事用)+1.5リットルのポカリ(飲用)+予備の500リットルまさるくん。
こんな感じですよね。
今回だって、2リットルのペットボトルがザックに刺さっている人、けっこう見ましたからね。
脚がつりやすいので、ポカリに食塩足したりしています。
ただ、普通は、ちょっと濃いよね。

2011/07/19 (Tue) 22:27 | EDIT | REPLY |   

北海道のくま  

No title

いいことしましたね
 ときどき ペットボトル一本で 大丈夫なのって 人もいますが
  くまは まあ 4リットルは こちらでは 持って 登ってますけどね
   ただ 逆に 飲みすぎで ダウンする人もいるので 岩塩も 持ってるし
ポカリも 濃い目なので 本当は 半分に 薄めて飲むのが いいとか?? 聞いたことも

2011/07/19 (Tue) 17:19 | EDIT | REPLY |   

devilman  

俄歩人さんへ

俄歩人さん、コメントありがとうございます。
いやぁ~、初夏ではなく、しっかり盛夏でしたが、たくさんいましたよ、この尾根を上り下りする人々が。。
それこそ、お子さんからご高齢の方々まで。
やっぱり人気の山なんですね。
ある意味、日に照らされるところが少なく、渡る風は爽やかでしたから、夏山としてはいいのかもしれません。
頂上は素晴らしいですしね。

紅葉の時期に、ゆっくり登ったら、これまた楽しめそうだと、思いました。
ハプニングでしたが、出会いも面白いですよね。

2011/07/19 (Tue) 00:30 | EDIT | REPLY |   

俄歩人  

心優しき山男に拍手!

 こんにちは
 初夏の雲取山日帰り行ですか。
いかにdevilmanさんの庭とはいえ、夏に歩く山とは
とても考えられませんが、厳しい鍛練ですね。

 北アルプス行、楽しみに待っています。

2011/07/18 (Mon) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment