憧れは五ヶ国語ぺらぺらだったはずなのに・・

cururuから引っ越してきて、つれづれと写真と共につぶやきます。

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2017

夏山の花

花の名



スライド2




スライド1
スポンサーサイト
05 2017

もう春だからね。

2017-04-02


今年は、雪もたっぷり降り、1月から3月の週末は、毎週雪山に、ほとんどの場合、テント泊し、がしがし登って、大満足でした。

あれだけ毎週、テント担いで登っていて、少々疲れました。

もう春です。雪山は十分。

ゆるゆると、ランチの食材持ち寄って、楽しくやりましょうと、みんな集まりました。

生川の一の鳥居の駐車場に。





2017-0402oomochi (1)


はじめは雪もちらほらですが・・


2017-0402oomochi (8)




妻坂峠に近づくと、すっかり、雪が深い。




2017-0402oomochi (19)








2017-0402oomochi (20)



妻坂峠のお地蔵さん


2017-0402oomochi (23)




2017-0402oomochi (30)




2017-0402oomochi (35)




2017-0402oomochi (37)




2017-0402oomochi (46)



おやおや、ばったり、すれ違い。うれしいサプライズでした。


2017-0402oomochi (49)




2017-0402oomochi (52)




2017-0402oomochi (63)




2017-0402oomochi (64)




2017-0402oomochi (65)




2017-0402oomochi (79)




2017-0402oomochi (70)




2017-0402oomochi (72)




2017-0402oomochi (76)




17759682_985791164889780_2219067243916388235_n.jpg




17760219_985791354889761_6602036823601549789_n.jpg




17757093_985791484889748_3687587089266983673_n.jpg


デザートまで、すごいね。


2017-0402oomochi (81)




2017-0402oomochi (88)




2017-0402oomochi (111)




2017-0402oomochi (112)




17522601_985791234889773_4218654747522106770_n.jpg




2017-0402oomochi (90)




2017-0402oomochi (89)




2017-0402oomochi (114)




2017-0402oomochi (127)




2017-0402oomochi (135)




2017-0402oomochi (137)




2017-0402oomochi (140)


お疲れさまでした。

予想を超えた雪の深さでしたね。

07 2017

雪洞の夜

2017.03-04~05

恒例の谷川岳での雪洞掘りに、今年こそ、参加できた。




2017-030405tanigawa (74)




2017-030405tanigawa (77)




2017-030405tanigawa (127)




2017-030405tanigawa (142)




2017-030405tanigawa (149)




2017-030405tanigawa (160)




2017-030405tanigawa (243)




2017-030405tanigawa (272)




2017-030405tanigawa (173)




2017-030405tanigawa (282)




2017-030405tanigawa (315)




2017-030405tanigawa (319)



2016.01.03-04

例年の正月は、三日目頃から出かける。
今年は、シャクナゲ尾根から白駒池にテントを張ろうと計画した。
ピークはにゅうを踏むことにした。
天狗まで足を延ばすことは考えていない。

シャクナゲ尾根は、なんとなくだが、マイコースになっている。
不人気だということ、人が当然少ない。冬のラッセルになることもある。いや、大体、なる。
それに、白駒池に直接行ける。
にゅうを経て(経なくてもいいが)、中山峠、黒百合平、行こうと思えば天狗をピストンしても、車を置いた唐沢橋(稲子湯上)に戻ることができる。

以前に、出遅れた上に、雪に苦労し、行きつけずに暗くなり、途中でテントを張ったこともあった。


ことしは、雪が少ない…いや、ない・・・


2016-0103-04shakunage (2)


ここは雪を踏んで上がるつもりだったのだが・・・




2016-0103-04shakunage (3)





2016-0103-04shakunage (8)



たしか、ここも、雪が深くて、なかなか上がれなかった記憶があるのだが。。。


2016-0103-04shakunage (12)


木の間より、東天狗岳


2016-0103-04shakunage (14)





2016-0103-04shakunage (15)





2016-0103-04shakunage (27)





2016-0103-04shakunage (32)





2016-0103-04shakunage (37)




2016-0103-04shakunage (38)





2016-0103-04shakunage (39)


奥秩父が見える。金峰山あたりかな。


2016-0103-04shakunage (41)


硫黄岳、爆裂火口の壁


2016-0103-04shakunage (46)


にゅうは、すぐそこに見える。


2016-0103-04shakunage (47)





2016-0103-04shakunage (48)





2016-0103-04shakunage (51)


あっけなく、十字路に出てしまったので、このまま白駒池に下るのも芸がなく、とりあえず、にゅうに行くことにした。


2016-0103-04shakunage (55)





2016-0103-04shakunage (57)





2016-0103-04shakunage (59)





2016-0103-04shakunage (61)





2016-0103-04shakunage (64)





2016-0103-04shakunage (66)


開ける。


2016-0103-04shakunage (68)


富士山


2016-0103-04shakunage (69)


東西天狗岳


2016-0103-04shakunage (70)





2016-0103-04shakunage (71)


東天狗の頂上アップ


2016-0103-04shakunage (72)


丸い、西天狗岳。


2016-0103-04shakunage (73)





2016-0103-04shakunage (75)


金峰山の五丈石が見えている。


2016-0103-04shakunage (76)





2016-0103-04shakunage (77)


あそこがにゅうのてっぺん


2016-0103-04shakunage (78)


お隣の御座山。


2016-0103-04shakunage (83)


松原湖だ。


2016-0103-04shakunage (84)


白駒池の青苔荘


2016-0103-04shakunage (86)


雲が湧く、槍穂高連峰、まんなかが大キレット。


2016-0103-04shakunage (87)


北八ヶ岳の茶臼山、縞枯、北横岳あたりだ。そして白駒池。


2016-0103-04shakunage (89)





2016-0103-04shakunage (90)





2016-0103-04shakunage (92)


佐久盆地と浅間山。


2016-0103-04shakunage (95)





2016-0103-04shakunage (96)





2016-0103-04shakunage (98)



中山方面へ向かう


2016-0103-04shakunage (107)





2016-0103-04shakunage (110)





2016-0103-04shakunage (112)





2016-0103-04shakunage (118)


主稜線に出た。天狗にはいかず、高見石経由で白駒池へと。


2016-0103-04shakunage (119)





2016-0103-04shakunage (120)





2016-0103-04shakunage (125)





2016-0103-04shakunage (128)





2016-0103-04shakunage (133)


中山展望台より。


2016-0103-04shakunage (134)



車山だ。


2016-0103-04shakunage (135)


爺が岳、鹿島槍、五竜岳



2016-0103-04shakunage (136)





2016-0103-04shakunage (137)





2016-0103-04shakunage (138)





2016-0103-04shakunage (139)





2016-0103-04shakunage (140)



2016-0103-04shakunage (141)





2016-0103-04shakunage (142)


御岳山


2016-0103-04shakunage (143)


高見石へ急降下


2016-0103-04shakunage (147)





2016-0103-04shakunage (152)





2016-0103-04shakunage (155)





2016-0103-04shakunage (157)





2016-0103-04shakunage (161)


白駒池の畔、青苔荘に来た。


2016-0103-04shakunage (166)





2016-0103-04shakunage (167)


雪の少ないこと、驚く。



2016-0103-04shakunage (170)





2016-0103-04shakunage (173)





2016-0103-04shakunage (175)


池の氷は張っているが、雪が積もっていない。


2016-0103-04shakunage (180)


青苔荘の親父さんも、お孫さん相手だと好々爺だな。


2016-0103-04shakunage (185)




2016-0103-04shakunage (187)





2016-0103-04shakunage (188)





2016-0103-04shakunage (192)


にゅうを見上げる


2016-0103-04shakunage (195)





2016-0103-04shakunage (196)





2016-0103-04shakunage (197)





2016-0103-04shakunage (202)





2016-0103-04shakunage (203)


プリムスのガソリンコンロをためす。


2016-0103-04shakunage (205)





2016-0103-04shakunage (206)


お隣の女子はツエルト。ずっとひらひらしていた。さむくないのかっ・・


2016-0103-04shakunage (208)


おはよう、朝だ。





2016-0103-04shakunage (210)



立つ鳥跡を濁さず。



2016-0103-04shakunage (214)



2016-0103-04shakunage (219)


なんかの撮影らしく…


2016-0103-04shakunage (223)





2016-0103-04shakunage (225)





2016-0103-04shakunage (227)





2016-0103-04shakunage (232)





2016-0103-04shakunage (233)





2016-0103-04shakunage (234)


池を渡る。


2016-0103-04shakunage (238)


池から上がって、帰る。


2016-0103-04shakunage (241)





2016-0103-04shakunage (244)





2016-0103-04shakunage (245)





2016-0103-04shakunage (247)





2016-0103-04shakunage (252)




2016-0103-04shakunage (257)





2016-0103-04shakunage (259)


十字路まで戻ってきた。



2016-0103-04shakunage (263)





2016-0103-04shakunage (269)



2016-0103-04shakunage (273)


戻ってきた。


2016-0103-04shakunage (278)


白樺尾根の入り口を覗く


2016-0103-04shakunage (282)





2016-0103-04shakunage (284)





2016-0103-04shakunage (287)


振り返る。

赤岳、横岳、


2016-0103-04shakunage (294)


天狗岳


2016-0103-04shakunage (295)





2016-0103-04shakunage (296)


金峰山


2016-0103-04shakunage (298)





2016-0103-04shakunage (301)


雪少なかったけど、雪山テント泊、のんびりしたな。



2015.12.27

年末の大掃除は、自分の中では最重要事項であり、年末に誘われる飲み会やその他のお招きは、すべて辞退している。
年末に掃除しないで飲みに行くなど、できる人がいる方が不思議だった。

しかし、転職してから、天皇誕生日あたりから休んでしまうようになったこと、妻が亡くなって以降は、一人でコツコツやるようになり、それまでのラストの三日間ですべてをかたずけ、磨き上げることをしなくてよくなったせいでようやく、余裕ができた。

前年(2014)末に暮れも押し詰まった30日に奥多摩に出かけられたのも、そのせいだ。

今年も一日、余裕ができ、冬枯れの明るい山を歩きたく、好きな場所に出かけることにした。

同行者は、その時と同じく、セレブな奥様(笑)

出発は、武甲山の表参道入口の駐車場。さすがに年末、車も少ない。


2015-1227OomochiKomochi (01)


武甲山とは逆に、鳥居を出て、林道を渡ったところの踏み跡に入る。




2015-1227OomochiKomochi (03)


結構な急登で、妻坂峠に。



2015-1227OomochiKomochi (06)





2015-1227OomochiKomochi (07)


木の間から、光る東京湾が見える。



2015-1227OomochiKomochi (09)


ここからの登山道は、めちゃ、急登である。


2015-1227OomochiKomochi (12)


でも、急登を終えた、冬の明るいこんな道はとても気持ちがよい。


2015-1227OomochiKomochi (15)


武甲山と小持山が見えている。



2015-1227OomochiKomochi (18)





2015-1227OomochiKomochi (20)


南へ続く主稜線に出たところ、ここは大好きなところだ。広く、展望が開ける。



2015-1227OomochiKomochi (23)


関東平野の向こうは、筑波山。


2015-1227OomochiKomochi (24)


都内が見える。


2015-1227OomochiKomochi (25)


真南の方だ。


2015-1227OomochiKomochi (26)





2015-1227OomochiKomochi (27)





2015-1227OomochiKomochi (28)





2015-1227OomochiKomochi (29)


大持山への急な登りは5分。


2015-1227OomochiKomochi (30)





2015-1227OomochiKomochi (32)


大持山から小持山への縦走路は、結構岩場がある。


2015-1227OomochiKomochi (37)


武甲山が大きい。


2015-1227OomochiKomochi (39)


こちらは大霧山だ。


2015-1227OomochiKomochi (40)





2015-1227OomochiKomochi (41)


小持山到着。実は、武甲山と標高は変わらない。


2015-1227OomochiKomochi (44)


ラーメンに入れる野菜をいただいた。



2015-1227OomochiKomochi (49)





2015-1227OomochiKomochi (50)


小持山から、最初は急な下りがある。


2015-1227OomochiKomochi (54)


シラジクボ。ここも好きな場所の一つだ。

ここから、武甲山までは30分ほどの急な登りだが、今日は、ここから下ってしまう。



2015-1227OomochiKomochi (58)


持山寺のあとへの案内石碑



2015-1227OomochiKomochi (60)


戻ってきました。冬の日は陰るの早く、寒々としている。




2015-1227OomochiKomochi (67)


帰途、夕暮れを見た。

さてさて、大掃除の最後の仕上げ、明日頑張ろう。



2015-1227OomochiKomochi (68)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。